« 雪の能登旅行 | トップページ | はしごでライトアップの旅(その2) »

2010年2月14日 (日)

はしごでライトアップの旅 (その1)

こんばんは。

オリンピックが開会して、本格的に競技が始まりましたね。そんなこととは関係なく、今回も旅の記事ですcoldsweats01

でも、オリンピックに興味がないわけではなく、今日もモーグル女子の競技を予選、決勝ともライブで見てましたtv

で、今回は昨日行ったライトアップの旅です。この時期、結構色々なところでライトアップしていますね。ということでタイトル通り高岡の端龍寺と金沢の兼六園2箇所のライトアップをはしごしてきました。

土曜の昼過ぎに、まずは高岡へ向けて出発。今回はJRを利用しての移動ですtrain

福井から金沢までは普通列車を利用し、金沢は特急「はくたか」を利用して高岡駅には16時半ころに到着しました。

福井を出てしばらくは晴れ間もみられる天気です

01

けれでも金沢近くになって雨やあられが降り、

金沢を過ぎて倶梨伽羅トンネルを越えて砺波

地方へと入ると雪景色が広がっていました。

02

高岡駅前も雪です。

03_2

端龍寺のライトアップは17時半からで、まだ1時間ほどあるので、駅前でちょっと早めの晩御飯。このような黒い色をしたラーメン、"富山ブラック"などと呼ばれることもある富山のご当地ラーメンの一種のようです。

P10

ちょっと塩辛いけど、おいしいですね。そしてなにより暖かい食べ物で体が温まるのがいいです。

でも、この前日の金曜の晩御飯もラーメンだったような気が・・・

駅前をぶらぶら歩いたりしているといい時間になったんで端龍寺へと向かいます。駅の南口からは歩いても行ける距離ですが、無料のシャトルバスが運転されていたので利用させてもらいました。まぁ、歩いても行ける距離なので、すぐに到着します。

バスを降りてから少し歩いて向かいますが、入口近くには人の列ができていて、その列を見て少し引きつつ、少し並ばされてから入場。入った時はまだ空も明るい状態でしたが、徐々に暗くなって行き、帰るころには完全に夜になっていました。

04

06

05_2

07

08

10

09

積もった雪もいい雰囲気を醸し出しているし、光の色も一定ではなく変化していくので、色によって印象も変わるので見ていて飽きない、なかなか凝った演出ですねshine

ただ、音楽や説明の音声がガンガンと鳴り響いているのはちょっとどうかなと思います…。

色々と写真を撮って30分強滞在した後、駅へと戻ろうと思いますが、シャトルバスが来そうになく、電車の時間もあるので今度は歩きです。といっても歩いても10分ほどで高岡駅に到着。次の目的地の金沢へ向けて移動ですが、続きはまた後ほど。

ちなみに、端龍寺のライトアップは2月13日(土)と14日(日)の2日間だけです。

|

« 雪の能登旅行 | トップページ | はしごでライトアップの旅(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/33380913

この記事へのトラックバック一覧です: はしごでライトアップの旅 (その1):

« 雪の能登旅行 | トップページ | はしごでライトアップの旅(その2) »