« 北海道旅行(その1) | トップページ | 季節が逆戻り »

2010年3月28日 (日)

北海道旅行(その2)

こんばんは。かなり冷えています。天気予報では、あしたは雪なんていってますよ…snow


さて、今月初めに行った北海道旅行の旅日記2回目です。

バスでの移動中に携帯電話で調べて流氷がないことが確実になったわけで、これからどうしたものかと。

今回の旅の目的は流氷なわけだけど、流氷がなさそうなことが予想されたため、帰りは旭川空港からの飛行機を確保して、一応2通りのプランを考えてはいまして、

A案
 流氷見学→網走で宿泊→
 翌日に旭川へ移動→旭川空港から帰る。


B案
 そのまま旭川へ移動→旭川で宿泊→
 翌日に旭山動物園へ行く→旭川空港から帰る。

ってものでした。


とにかく流氷がないことが確実になったんでB案かな。

でも、網走まで来て海も見ずに旭川へ移動するのもどうかと思い、砕氷船乗り場まで行ってから駅に戻っても網走14:17発の「流氷特急オホーツクの風」には間に合うし。

ってことで、とりあえず砕氷船乗り場までバスで行ってみることにしました。

で、船乗り場までやってきました。
砕氷船「おーろら号」

01


諦めが悪いようですが、やっぱり流氷はないですねbearing
02_2


けど、ここまで来てしまったらやっぱり船には乗りたくなってきます。

"船は4年前にも乗ったしなぁ(←この時も流氷なし)"
"でも網走まで来て何もせずに旭川へ移動するってどうなんやろ"
"流氷特急オホーツクの風っていうジョイフルトレインにも乗ってみたいし(←船に乗ると間に合わない)"

・・・
・・・
・・・


と迷った末に、「出航!」sweat01
03


結論としてはA案B案の折衷案のような

 船に乗る→旭川へ移動→旭川で宿泊
 →翌日、旭山動物園へ行く→旭川空港から帰る

ってもの。折衷案というより両方を含めてやろうと、ちょっと欲張った感じですねsweat02
ただ、流氷特急オホーツクの風に乗れないのと旭川への到着が遅くなること。
ま、列車に乗るために北海道まで来たわけじゃないしねhappy02

船に乗ってからケータイをピピピと操作して、旭川駅近くのホテルを予約mobilephone  便利になりましたね。



乗船券を買う時に言われていたんですけど、港を出ると波が高くて、かなり揺れましたが天気も良くて気持ちのいい船旅です。
05

06

07

08

09

10


海鳥(かもめ? うみねこ?)も近くまで飛んできます。
04


4年前に乗った時はみんなエサをあげていたんで、たくさんの鳥が船の周りを飛び交ってました。エサを持って手を伸ばすと、さっと鳥が飛んできてエサだけを上手に取っていく様は見事happy02  その時はオイラもたまたまお菓子を持っていたんでやってみましたが、一瞬のうちにエサを持っていかれるのは楽しかったですhappy01

エサをあげるのは楽しいんですけど、船の周りや上をたくさんの鳥が飛びまわるんで、フンがあっちこっちに落ちてきて船の上はすごくデンジャラスなゾーンになってました。オイラは直撃弾は受けませんでしたけど、目の前の手すりに至近弾が落ちてくるということも。

でも、今回は”鳥にエサをあげてはいけません”って放送があって、エサをあげる観光客もいないので船の周りにやってくる鳥は少なかったですね。だからフンの心配もせずに景色を十分に堪能できました。

ただ、海の上は風も強く、とにかくすんごく寒い。

最後の方は船の中に入っていました。
11


約1時間の楽しい船旅でしたship

船乗り場に帰ってきて、バスまで少し時間があったんでみやげ物屋を見て回ったり、オーロラ焼きを食べたりしました。

焼きたてで温かい...ってか熱い! でも甘くておいしい。
13



さて、旭川へ移動するためバスで網走駅まで戻ります。
14


旭川へ向けて出発。
の前に、列車まで少し時間があるので、ちょっと寄り道を。

|

« 北海道旅行(その1) | トップページ | 季節が逆戻り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/33976503

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道旅行(その2):

« 北海道旅行(その1) | トップページ | 季節が逆戻り »