« 本日の日帰り旅行 | トップページ | ヒロシマ 65年 »

2010年8月 4日 (水)

信州旅行 その2/安曇野

こんばんは。
今日は福井でも猛暑日。毎日暑いですsun

気がつけばもう8月です。
・・・、ほんと”気がつけば”です。
学生時代は夏休みなんかあって、「夏だ!」って感じになるんですけど、社会人になってその感覚が少しなくなりつつあります。まだ京都にいた時は電車通勤だったんで、夏休みシーズンになると学生さんが減る分、朝のラッシュの電車の混雑が少しましになったり、いかにもこれから遊びに行きますって感じのグループや家族連れを駅や車内で見かけることがあって、夏休みを実感することもありましたけど、福井にきて車通勤になって、そんなこともなくなりつつあります。

さて、お久しぶりになりましたが先月の信州旅行の続きです。

黒部ダムから扇沢まで戻り、車で安曇野へ向かいます。
ちょうど昼時だったんで、おそばをいただこうとガイドブックに載っていた「安曇野翁」さんへと向かいます。
A

が、お昼にいい時間帯ってことですでにお店の外に列ができてました。
並ぶのが嫌いってことではないんですが、一人で待つのもどうかなってことで、あきらめます。


結局昼はコンビニでパンを買って済ませました。
いや、道中にお蕎麦屋さんはあったんですけど、なんとなくそば以外のものにしようと。
別に意地を張っていたわけではありませんよcoldsweats01


それから向かったのは「大王わさび農場」。
入場料は無料でわさび田を見て回れます。

B_2

C_3

D

以前、近くまで来たこともありますが、あまり興味もなかったんで来たことがなかったんですが、最近旅番組とかで何度か登場していたんで、一度行ってみようかと思いまして。
E

E1

E2


わさびコロッケ
F

味は、確かにワサビですね。

続いて、本わさびソフト
G

こちらは冷たくてってこともあるんですけど、あまりワサビって感じがしませんでした。
といってもオイラ、味音痴なんで…coldsweats02

ちなみにこのアイス、JAFの会員証提示で50円引きになります。


福井から長野へ向かう途中には雨が降ったりもしていたのに、この辺りは夏空です。
H_2


わさび農場を歩きまわって、ちょっと休憩としてやってきたのは「Restチロル」さん。
I

こちらも旅番組で紹介されてました。
いただいたのは水出しコーヒー。
J

530円はちょいと高めですが、美味しいですよ。

ちなみにギャラリーも併設されていて、工芸作品も展示、販売されています。


さて、一休みしたところで安曇野巡りの続きです。

|

« 本日の日帰り旅行 | トップページ | ヒロシマ 65年 »

コメント

こんばんは!私も信州旅行に行って
大王わさび農場のわさびソフト食べました。
本と、わさびって感じはなく…
でも美味しかったのを覚えています。
レンタサイクルで走った信州安曇野の
風景を思い出し、楽しい気分になり
ました。
ステキなブログ有難うございます!

投稿: ひまわり | 2010年8月 4日 (水) 21時25分

ひまわりさま
この日は暑かったので、冷たいわさびソフトは特に美味しく感じました。
今回は車で巡ったのですが、こういう観光地だけでなく、その道中にもいい感じの場所があちこちにあって、のんびりと自転車でまわりたいという衝動に駆られました。ほんといいところですよね、安曇野。
次回はぜひともレンタサイクルで巡りたいと思います。
コメントありがとうございます。

投稿: Junjiro | 2010年8月 5日 (木) 22時53分

こんばんは ヽ(´▽`)/
大王ワサビ農場、(^o^)/ハイ!私も食べたことがあります、わさびソフト!想像以上の味だったと記憶しています。
農場をぐるりと歩くのも、いい運動になりますよねー。道祖神も、安曇野らしさが出ていますネ!

投稿: 慕辺未行 | 2010年8月 5日 (木) 23時41分

慕辺未行さま
わさびソフトって聞いたときに、どんな味なんだろうって思いました。けど食べてみると、あまりわさびって感じはしませんでしたね。
農場も歩いてまわるのにちょうどいい感じの広さで、いい運動になりました。ただ、この日は気温も上がり、かなり暑かったですけど…。

投稿: Junjiro | 2010年8月 6日 (金) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/36030145

この記事へのトラックバック一覧です: 信州旅行 その2/安曇野:

« 本日の日帰り旅行 | トップページ | ヒロシマ 65年 »