« 北海道旅行 その5/ハナミズキのロケ地”紗枝の家” | トップページ | 風邪にご用心 »

2010年10月31日 (日)

北海道旅行 その6/阿寒湖~帰路

こんにちは。
10月最終日、いかがお過ごしでしょうか。

オイラはこの土日に高知旅行をしようと思っていたのですが、
金曜に送別会があって遅くなりそう(睡眠時間が1時間ほどになりそう)だったのと、
台風が接近していたこと、その他いろいろと理由があって結局やめときました。


さてさて、北海道旅行の続きです。
ハナミズキのロケ地訪問の後、まだ帰りの飛行機までには時間があるので、
阿寒・摩周方面を目指します。

尺別から東へ戻り、釧路空港の前を通り過ぎて北上。


晴天ですsun
0x3101





.

阿寒湖畔まで来たものの駐車場がなく、そのまま走ってやってきたのは
「阿寒湖アイヌコタン」
0x3102

0x3103

民芸品店などが並び、アイヌ文化を体験できる施設もあります。


結局阿寒湖はゆっくりと見ることができず、曇ってきて寒くなっても来たので
次に摩周湖方面を目指します。

途中、双湖台か双岳台のあたりだと思います。
0x3104

0x3106

0x3105

青空が見えていますが、雲の流れが速く、晴れたり曇ったりと
天気が目まぐるしく変わります。


0x3107

屈斜路湖か摩周湖に行こうと思っていたものの、
そろそろ時間がなくなりつつあったので、昼ごはんを
食べて空港へ引き返すことにしました。

昼ごはんは摩周駅前で豚丼をいただきました。
駅前に旗も出して宣伝していたので、この辺りの
ご当地グルメかと思ったのですが、どうなんでしょう。
0x3108

で、本当に時間がなくなってきたので、あとはひたすら釧路空港へと急ぎました。
途中、国道沿いにタンチョウ観察センターとか、惹かれるところがあった
ものの、時間がないのでスルー。

で、結果的にはちょっと余裕をもって空港に着き、土産を買ったりして、
出発ロビーへと移動します。

飛行機へは徒歩で搭乗
0x3109
乗ったのはANA4874便の新千歳行き(DHC8-Q400/JA850A)


ほぼ定刻に釧路空港のR/W35から離陸。

眼下に広がる海岸線。まだ波が高いようですね。
0x3110


定刻より少し早く新千歳空港のR/W01Rに着陸。
ここで小松行きに乗り換え。
こういうときはやはり道内線も丘珠空港ではなく新千歳発着の方が便利ですね。

少し早めですが、夕食。
レストランへ入るほどの時間がないので、お弁当ですませます。
0x3112

新千歳空港からはAIR DO80便(ANAとのコードシェア便)です。
0x3111

AIR DO機にのるのは初めてです。
AIR DOではまだ機内のドリンクサービスがあるので、コーヒーをいただきました。
0x3114

徐々に暮れゆく空。
0x3113

0x3115

そして定刻より少し早く小松空港R/W06に無事着陸。

以上、北海道旅行でした。


北海道旅行
  その1
  その2 /ハナミズキのロケ地”湯沸岬灯台”
  その3 /根室、日本最東端の駅へ
  その4 /尺別へ
  その5 /ハナミズキのロケ地”紗枝の家”
  その6 /阿寒湖~帰路

|

« 北海道旅行 その5/ハナミズキのロケ地”紗枝の家” | トップページ | 風邪にご用心 »

コメント

プロフィル拝見しましたのに関西と大まかに把握し、
大阪と間違えてしまい失礼しました。
福井は高岡万葉記念館もある文化都市ですね。
そこはかなり前に行きました。
水上勉の生誕地でもあり・・・

この石狩鮨弁当は10/23-25に礼文・利尻に行った時
新千歳空港をめざす飛行機の機内食で頂きました。

考えてみれば当然ですね。
帰宅後ブログに同じ写真をupしています。

投稿: matsubara | 2010年11月17日 (水) 07時57分

matsubaraさま
こんばんは。ちょくちょく京都の実家に帰っていて、関西の記事も多いので、
自分でも福井より関西っぽいところがあるのかなと思うことがありますsweat02

北海道に行かれた時のブログを拝見しました。石狩鮨弁当、同じ写真ですね(笑)
昨年のちょうど同じ10月下旬に北海道を訪れまして、本州とは規模の違う紅葉に
感動したのを覚えています。ただその時の目的はししゃも寿司を食べるという、
食べ物目的の旅行でした。
礼文や利尻、一度は行ってみたいと思っている場所でして、ブログも楽しく
拝見させていただきました。

投稿: Junjiro | 2010年11月18日 (木) 00時48分

またまたここでボケが発覚してしまいました。
この石狩鮨は、機内食でなくて、
バス移動食でした。
送信してから気づき、お恥ずかしいです。

ししゃも寿司は存じませんでした。
まだまだです。

投稿: matsubara | 2010年11月18日 (木) 07時57分

matsubaraさま
バスでのお食事というのもいいですね。
ししゃも寿司は秋の期間しか食べられないということで、
一度食べたくて昨年北海道の鵡川へ行ってきました。
もちろんおいしかったです。

投稿: Junjiro | 2010年11月18日 (木) 20時36分

またまたボケてしまい県を間違えました。
高岡万葉記念館は富山県でした。
ご無礼しました。
(この「ご無礼」は岐阜弁です、人から時代劇かと笑われます)

投稿: matsubara | 2010年11月19日 (金) 08時22分

matsubaraさま
「ご無礼」って岐阜弁だったんですね。
違和感がないというか、方言に聞こえなかったんですけど、
言われてみるとに普段使うことってないですね。確かに時代劇っぽいかも。
高岡は富山県ですね。
福井に住んでいながら、あまり福井県内を回れていなくて、すぐには
気付きませんでした…。遠出ばっかりしてないでもっと地元を巡らないと
いけないですねsweat02

投稿: Junjiro | 2010年11月19日 (金) 23時34分

真夜中過ぎに…そぉーっと…コ・ン・バ・ン・ハ!
matsubara様がコメントされていたようで、「オッ!」と思いお邪魔しました。
「ご無礼」は名古屋でも使いますよ。matsubara様の昨日のブログを拝見して、
岐阜弁と名古屋弁、かなり共通点があると思いました。

投稿: 慕辺未行 | 2010年11月20日 (土) 01時46分

福井の人と愛知の人と岐阜弁の話をすることも悪くないので継続のコメントです。
子供の頃、親に、人より先に入浴したら、「ご無礼しました」というように厳しく言われました。
全国共通と思っていたらそうでないのですね。

やはり名古屋と同じ言葉が多いのですね。

投稿: matsubara | 2010年11月20日 (土) 18時28分

慕辺未行さま、matsubaraさま
名古屋と岐阜、地理的にも近いので言葉も共通点が多いのかもしれませんね。
福井も大きなくくりでは岐阜や愛知と同じ中部地方で、岐阜とは距離も比較的
近いものの、言葉などはあまり共通点がないように思います。
むしろ、言い方などが関西の方に近いかなと思うこともあります。
やはり言葉っておもしろいですね。

投稿: Junjiro | 2010年11月21日 (日) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/37470181

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道旅行 その6/阿寒湖~帰路:

« 北海道旅行 その5/ハナミズキのロケ地”紗枝の家” | トップページ | 風邪にご用心 »