« 北海道旅行 その2/ハナミズキのロケ地”湯沸岬灯台” | トップページ | 土日で帰省 »

2010年10月14日 (木)

北海道旅行 その3/根室、日本最東端の駅へ

今日10月14日は「鉄道の日」



だからと言って、別に何かをするというわけではありません。
ということで、北海道旅行の続きです。

湯沸岬灯台をあとにして、さらに東を目指します。

途中、姉別駅近くにて
0x1401

.

国道44号線をひたすら東へと走り、道の駅「スワン44ねむろ」で一休み。

道の駅のすぐ横は風蓮湖です。
0x1403

0x1404

どんよりと曇っていて、途中、ときどき雨がパラパラと降るものの、
まだ本格的には降ってきていません。

白鳥の飛来地になっているようで、上の写真の看板も「白鳥の風蓮湖」。
道の駅の名前も「スワン44ねむろ」です。ちなみに44は…、たぶん国道44号線沿い
だからだと思います。


白鳥などの鑑賞ができるように道の駅の建物からは大きなガラス窓を
通して風蓮湖を見渡せます。

ソフトクリームをいただきますhappy02
0x1402


小休止の後、さらに東へと進み、根室本線の終点、根室駅に到着です。
0x1406

そして、駅から少し歩いて線路の端までやってきました。
0x1405

今まで根室駅には2回来ているのですが、2回とも列車で来て、
駅からバスで納沙布岬へと行ってまして、列車とバスがいいタイミングの
ダイヤになっているために、線路の端まで来る時間がありませんでした。

続いて、根室駅の1つ隣の東根室駅に行きます。
0x1407

ここ、東根室駅は日本最東端の駅です。
0x1409

0x1408

先ほども書いたように、今まで根室へは列車で2回来ているわけで、
この駅は2往復、4回通っているのですが、下車している時間も
ないので、ホームに立ったのは今回が初めてです。

これでようやく日本と日本の鉄道とJRの最北端(稚内)、最東端(東根室)、
最南端(赤嶺、西大山)、最西端(那覇空港、たびら平戸口、佐世保)の
駅の訪問が達成できましたscissors


納沙布岬へも行こうかと思いましたが、時間的に着くころには暗くなってそう
だし、釧路へ着く時間も遅くなりそうだったので、ここで釧路へ向けて引き返します。

すぐに日が暮れ、どんどんと暗くなり、とうとう本格的に雨も降り出しました。
ということで、寄り道もせずひたすら走って19時過ぎに釧路へ到着しました。


すぐにホテルにチェックインし、晩御飯を食べに出かけます。
(ちなみにホテルは直前にケータイサイトから予約しました。)


続く。


北海道旅行
  その1
  その2 /ハナミズキのロケ地”湯沸岬灯台”/
  その3 /根室、日本最東端の駅へ
  その4 /尺別へ
  その5 /ハナミズキのロケ地”紗枝の家”
  その6 /阿寒湖~帰路

|

« 北海道旅行 その2/ハナミズキのロケ地”湯沸岬灯台” | トップページ | 土日で帰省 »

コメント

こんばんは (^o^)/!
道東の風景は、とても懐かしいです。かつて半年ほど釧路にいましたし(父の病さえなければ半年どころではなかったのですが)、根室方面とくに落石へは何度も行きました。国道44号線でヒッチハイクして釧路まで戻ったことも、今は懐かしい若かりし頃の思い出です。納沙布岬から根室駅までヒッチしたこともありました (^_^) 。
私はたしか稚内駅と平戸口駅は降り立ったことがあります。東根室駅は通過したのみ。西大山駅もたぶん通過しただけかと…?いずれも大昔の思い出です (^_^;; 。

投稿: 慕辺未行 | 2010年10月16日 (土) 23時59分

慕辺未行さま
落石、できれば今回の旅行で行きたかったのですが、時間的に無理で断念しました。
根室本線の列車から見える、落石岬へと延びる半島がとても印象的だったのを覚えています。
ヒッチハイクですか。なかなか乗せてくれる人がいないと焦りそうですが、思い出には残るでしょうね。

投稿: Junjiro | 2010年10月18日 (月) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/37237603

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道旅行 その3/根室、日本最東端の駅へ:

« 北海道旅行 その2/ハナミズキのロケ地”湯沸岬灯台” | トップページ | 土日で帰省 »