« 紅葉狩り 後編 | トップページ | 福井県内散策 »

2010年11月25日 (木)

高知旅行 その5~高知から安芸へ

こんばんは。
昨日、今日と自転車で通勤しています。
昨日はコートと手袋という装備で、首や耳が寒かったので、今日はさらに
マフラーと耳あてを加えて、完全装備で行ってきました。

でも明日は雨のようなので久しぶりに車での通勤の予定です。
しかも明後日以降の予報も傘マークが連なっていますsprinkle
まあ、この季節の北陸は仕方ないですけどね。


さて、1週間ぶりに高知旅行の続きです。




.

2日目。
まいどのことながら旅の朝は早く、朝5時に起床です。
支度をしながら見ていたテレビの天気予報によると高知は雨のち曇り。

??、雨?
前日があまりによく晴れていたんで、雨が降るなんて全く思っていなくて、
完全に不意打ちをくらった感じ。外を見ると、まだ暗くてよく見えないけれど
確かに地面は濡れているみたいsad

6時にホテルをチェックアウトして出発。
間違いなく雨ですね。でも運よく傘をささなくてもいいくらいの降り方でした。

まず目指すのは高知市の東にある安芸。
当初予定では高知駅からJRで御免駅まで行き、そこで土佐くろしお鉄道に乗り換え
だったんですが、前日に路面電車(土佐電鉄)の流し撮りをしていたときに、
「ごめん」という行き先表示の電車を見かけたんで、路線図を見てみると路面電車でも
御免まで行けることに気付き、路面電車で行くことにしました。
JRは前日にこの区間を乗っていますし、せっかくですから乗ったことのない路線に乗って
みるほうがおもしろいですしね。


後方眺望を楽しんでいましたが、何年か前のポカリスエットのCMで、
綾瀬はるかさんが電車と並走するCMでこのような場所が登場して
いたような…
0y2501

30分ほど乗って御免西町で下車します。
乗ってきた電車。
行き先の「ごめん」って文字がなんとなくかわいいhappy01
0y2502

これってあえて「ごめん」って表示にしているんでしょうかね。
厳密にいえば終点は「御免町」ですし。

で、雨がパラパラと降る中、御免駅へと歩いていきます。

道中にて
あの後ろ姿はもしや!?
0y2503

ドキンちゃん
0y2504

と、のんびり歩いても10分足らずで御免駅に到着
0y2505

土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線の各駅にはキャラクターがいます。
御免駅のキャラクターは「ごめんえきお君」です。
0y2506

ごめん・なはり線の沿線には阪神のキャンプ先で有名な安芸があるためか、
タイガースカラーの派手な車両がとまってました。
0y2507

で、この派手な列車に乗って出発です。

0y2508

ちょっとオーバースペックのような気もする高架の線路を進み、
45分ほどで安芸駅に到着です
0y2509

ちなみに安芸駅のキャラクターは「あきうたこちゃん」。
安芸市出身の作曲家、弘田龍太郎さんにちなんで作られたそうです。

安芸駅で下車して向かうのは「岩崎弥太郎生家」。
大河ドラマの龍馬伝でも、とても重要なポジションで登場しています。
そもそも龍馬伝は岩崎弥太郎の回顧録の形ですしね。

ただ、龍馬とあれほどかかわりがあったのですかね。
それぞれの登場人物のキャラクターもかなり濃い、というのか作られた感じですね。
ドラマとしては面白いですけど。


さて、安芸駅から岩崎弥太郎生家までは約3km。
駅には無料のレンタサイクルもあります。
0y2510

けど、オイラは歩いていくことにしました。
高知市内ではパラパラと降っていた雨もやみ、安芸駅に着くころには
空も明るくなってきてたんで、「普段の行いがいいからかなぁ」なんて思いながら
歩いていると、途中から再び雨が降りだし、しかも傘なしではいられないほどの
降り方に…。おまけに風もきつく、小さな折り畳み傘では胸から上しか雨を防げない
状態。やっぱり普段の行いが・・・sweat02

0y2511

0y2512

35分ほどかかってようやく到着。
雨もやまず思ってた以上に遠かったので、帰りはタクシーにしようと決意。
レンタサイクルにしなくてよかったなんて思いながら、生家を見学です。


なんかグダグダな内容でしたが、続きます。



高知旅行
 その1~四国上陸
 その2~こんぴらさん
 その3~高知市内散策
 その4~桂浜
 その5~高知から安芸へ
 その6~安芸から室戸岬へ
 その7~帰りだけです

|

« 紅葉狩り 後編 | トップページ | 福井県内散策 »

コメント

阪神の隠れファン(岐阜では中日ファンが多くて、本音を言うと怒られたこともあり)ですので安芸には関心があります。
こんな電車が走っているとは知りませんでした。

次回は岩崎弥太郎の生家の写真も載るのでしょうか。
夫が大学に赴任する前は、三菱重工にいたので、機関誌にはよく弥太郎の生家が出ていました。まだ未訪です。

NHKドラマは、フィクションみたいです。龍馬と弥太郎は徳島では会っていないようで、長崎からのつきあいとか・・・

ドラマですから事実でなくていいのですが・・・

投稿: matsubara | 2010年11月26日 (金) 08時40分

matsubaraさま
やはり岐阜は中日ファンが多いのですね。
土佐くろしお鉄道のタイガース仕様の列車。別のチームのファンの人は乗るときに
どんなきもちになるのでしょうね?

次回は岩崎弥太郎生家の予定です。
でも、あくまで生家ということで、観光地として見て回るには大きい場所でも
ありませんので写真もそれほど撮っていませんでした。

投稿: Junjiro | 2010年11月26日 (金) 23時16分

こんばんは (^o^)/!
四国は行ったことがなくても、この『ごめん』駅は聞いたことがあります。路面電車の表示、「ごめんごめん!」と言いながら走っているようで、憎めないですネ!
最近やたら”ゆるキャラ”ブームのようですが、あちらにこちらにいらっしゃるのですネェ w(^o^)w!

投稿: 慕辺未行 | 2010年11月27日 (土) 23時24分

慕辺未行さま
漢字で「後免」と書いても普通なのですが、「ごめん」とひらがなで
書くことでイメージが変わってしまうので不思議です。
土佐くろしお鉄道の駅のキャラクター。デザインだけでなく各駅の駅名と
からめたネーミングもおもしろく、列車に乗る楽しみが増えます。

投稿: Junjiro | 2010年11月28日 (日) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/37842175

この記事へのトラックバック一覧です: 高知旅行 その5~高知から安芸へ:

« 紅葉狩り 後編 | トップページ | 福井県内散策 »