« JR乗りつぶしの旅 その6~函館② | トップページ | 鶴丸マーク復活 »

2011年1月17日 (月)

1月17日

今日は1月17日。
16年前に阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)が発生した日です。

京都でも今まで経験したことのない揺れで、すごい恐怖を感じました。


神戸に親戚がいまして、幸いにして軽い怪我をしただけでしたが、家は全壊。
震災の半月後に行くと、周りの家もほとんど全壊し、風景も一変していました。

今日も震災に関するニュースを見ると胸が詰まります。


震災で犠牲になられた方のご冥福をお祈りします。

|

« JR乗りつぶしの旅 その6~函館② | トップページ | 鶴丸マーク復活 »

コメント

新聞に載っていた、ガレキの前で泣き崩れている女性の写真、
今でも強く覚えています。
あれからもう16年もの年月が流れたのですね。早いものです。
私は出勤するマイカーの中で、ラジオからそのニュースを知りました。
そして勤務先では皆、TVの前に釘づけだったことを覚えています。
ドイツの友人エルマー&アンジュラもこのニュースを知り、
日本の地理に詳しくない彼らは私に、『大丈夫だったら、すぐに返事を…』と書いた手紙を送ってきました。
亡くなられた方々のご冥福、今もお祈りしています。

投稿: 慕辺未行 | 2011年1月18日 (火) 00時03分

慕辺未行さま
もう16年です。すでに今の中学生は震災の後に生まれているんだと
思うと、過ぎた月日の長さを感じます。
発生からしばらくの間のテレビでは、地図に震源地の×印はあるのに、その直近の
神戸の震度が出ておらず、映像も大阪や京都のものばかり。徐々に明らかになってきた
被害状況の映像を見て愕然としたのを覚えています。
地震の発生そのものを防ぐことはできませんが、被害を小さくするための備えを
怠ってはいけないと、毎年思います。

投稿: Junjiro | 2011年1月18日 (火) 19時31分

長く関西に住みましたし、その頃子供たちだけ勤めの関係で関西にいましたし、多くの知人にも被害がありました。
友人は全壊でしたが、怪我がなくて幸いでした。長男は独身寮で、娘は下宿で被災しました。恐怖はあったようでしたが、実害はありませんでした。
当時電話が途絶えたので大変だったようですが、直後は通じました。娘はすぐかけてきて安心でしたが、息子は大坂まで電話をかけに行きました。

震災の4年前に関西を出て、地下鉄サリンの年の3年前に東京を出ました。運が悪ければ両方に遭遇したと思います。
だってサリンの蒔かれた新橋に夫は勤めていたのです。

投稿: matsubara | 2011年1月21日 (金) 15時08分

matsubaraさま
非常に多くの方が死傷された地震でしたし、怪我がなかったというだけでも幸いだと思います。
確かにあのときはなかなか電話が通じず、親戚の安否も
夕方だったか翌日まで確認できませんでした。
事故や災害、テロなどの事件にしても、たまたまその時そこにいたために
巻き込まれてしまうということもありますし、何がそういうことを決めるのだろうかと
思うことがあります。

投稿: Junjiro | 2011年1月22日 (土) 14時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/38508187

この記事へのトラックバック一覧です: 1月17日:

« JR乗りつぶしの旅 その6~函館② | トップページ | 鶴丸マーク復活 »