« 沈まぬ太陽 | トップページ | ジャンボ搭乗の旅 ~その1 »

2011年2月21日 (月)

特急「雷鳥」の乗り納め

こんばんは。

朝は氷点下の冷え込みですが、昼は暖かいです。
そして暖かくなってくると、花粉が飛びますdown

昨日あたりから目がかゆくなってきましたwobbly


さて、タイトルにも書きましたように、先週末に特急雷鳥の乗り納めをしてきました。
年末の帰省のときの乗車が乗り納めのつもりだったんですけど、もう一度乗って
きました。


.

かつては北陸特急の顔のような存在だった「雷鳥」、今では
定期運行されているのは雷鳥8号と33号のわずか1往復にまで
減ってしまいました。

そして今回乗るのは金沢7:10発の雷鳥8号です。
ということで、まずは金沢へと向かいます。7:10までに金沢に着くべく
夜明け前の出発です。

金沢までは419系普通列車
122101

寝台電車からの改造車で独特の外観、内装の車両です。
そういやこの車両も近々引退だったような…。
122102

京都に住んでいたときに18きっぷなどでの旅でこの車両に
乗ると、北陸へきたという気分になったものです。

どこらへんだったか忘れましたが、空がだんだんと明るくなってきました。
122103

6両編成だったので車内もそれほど混むことなく金沢へ到着
122104

122105

さて、いよいよ雷鳥に乗車ですhappy01
122106

サンダーバードが雷鳥の8分前に発車しますが、大阪に着くころには
その差が25分になっています。

改札内では雷鳥の乗客限定でピンバッジが配られていました。
122107

もちろんオイラもいただきましたhappy01
122108

雷鳥に乗るだけなら福井から敦賀とかの区間でもいいものを
わざわざ早起きして金沢まで来たのはこれが目的だったりもします。
もちろん、せっかくなら始発駅から乗りたいといのもありますけどね。


そしてホームへ上がります。
と、ちょっと写真がブレていますが、「雷鳥8号おすすめ撮影スポット」
なるものがありましたsign01
000


で、雷鳥の到着を待っていたところ、富山からくるサンダーバード6号が
濃霧で遅れているらしく、雷鳥の入線も遅れる旨の放送が流れてきます。

待っていると20分ほど遅れてサンダーバードがやってきました。
122110

そしてそのサンダーバードの横からようやく雷鳥が入線です
122111

122112_3

「スーパー雷鳥」用に改造された先頭車。
パノラマ型グリーン車です。
122113

全ての「スーパー雷鳥」のサンダーバード化で「しらさぎ」の運用についた後、
「雷鳥」に戻ってきました。そして今回、全ての「雷鳥」の全サンダーバード化
で廃止になってしまいます。

ちなみにJR化後に他のJR各社が新型特急を登場させる中、JR西日本だけは
初の新型車両は221系と呼ばれる普通用の車両。特急は既存車両の
改造で対応し、新型特急はサンダーバード用681系が初めて
だったそうです。ちなみに上の写真で雷鳥の横に写っている
サンダーバードの車両は681系のトップナンバーの編成でした。

私鉄王国なんて呼ばれる関西で、私鉄との熾烈な競争にさらされている
JR西日本の事情が垣間見られる気がします。


話が逸れてしまいましたが、入線後、ちょいと写真を撮ってから
車内へと乗り込みます。ホームもそうでしたが、車内もお別れ
乗車目的の人が結構いるようで、写真を撮っている人も多かったです。
約15分遅れで金沢駅を出発です。

ちょっと雲もありますが、晴れています
122114

そして約1時間の乗車で福井到着、ここで下車です。

雷鳥は大阪を目指して走り去って行きました。
122115

122116

雷鳥を見送ってから帰りました。

|

« 沈まぬ太陽 | トップページ | ジャンボ搭乗の旅 ~その1 »

コメント

次々といろんな電車がなくなってしまって、淋しい限りですね。
青春18きっぷって、今も時々売り出すことありますよね。
私も車ばっかり乗っていないで、電車の旅をしてみたくなりました。昔のてつこより

投稿: Lisa | 2011年2月22日 (火) 00時24分

(-_-)ウーン…JRの車両、こんなに変わってしまっているんだぁ…ヾ(.;.;゚Д゚)ノ
寝台列車を改造した車両は、窓の大きさに面影が残っています。後ろ姿もネ (^_^)!
で…、んっ???(@_@)…これが『雷鳥』?
ち・違うぅ~ (>_<)!オイラが知っている『雷鳥』は!
そう (^_^) 最後の写真の『雷鳥』。これこそが昭和の名特急『雷鳥』の姿です。

古いアルバムから、一度かつての国鉄の列車の写真取り込んで、ブログに載せましょうか?

投稿: 慕辺未行 | 2011年2月22日 (火) 00時33分

Lisaさま、こんばんは。コメントありがとうございます!
新しい車両の方が快適なのですけど、昔ながらの車両には愛着もあって、
無くなっていくのはさみしいです。
18きっぷはなんどとなく廃止の噂が出てくることがありますが、まだ
春、夏、冬と毎年3回販売されています。今はちょうど春の18きっぷの時期です。
たまには電車の旅もいいですよ。

投稿: Junjiro | 2011年2月22日 (火) 22時23分

雷鳥乗り納めされたんですね!

雷鳥と食パンが無くなり、
北陸もさみしくなりますねぇ。
「今日は食パンかな?」とテツ旅の時に、
ウキウキとホームへ向かうのですが、
その楽しみも無くなります;

雷鳥のパノラマグリーン車、見たことないです!
無くなる前に、見ておかないといけませんね。

投稿: みるみる | 2011年2月22日 (火) 22時35分

慕辺未行さま
JRになってからいろいろな車両が登場しましたが、その一方で
国鉄車両はだんだんと数を減らしてしまって、それはそれで少し
さみしいものです。
写真の雷鳥の大阪側先頭車は、既存車両を改造したパノラマグリーン車で、
前面眺望を楽しむことができるので、乗って楽しい車両ですよ。
昔の車両の写真、ぜひ見てみたいです!
ぜひ、よろしくお願いします。

投稿: Junjiro | 2011年2月22日 (火) 22時37分

みるみるさま
はい、そのためだけに金沢まで行って乗ってきました!
雷鳥だけでなく食パン列車にものることができてよかったですhappy01
しかも6両もつないでいたんで車内は混むことなく、金沢までボックス席を
独り占めできました。
代走でもなければ、雷鳥8号はパノラマグリーン車を連結しているはず
ですので、チャンスがあれば見に行ってみて下さいね。

投稿: Junjiro | 2011年2月22日 (火) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/38964621

この記事へのトラックバック一覧です: 特急「雷鳥」の乗り納め:

« 沈まぬ太陽 | トップページ | ジャンボ搭乗の旅 ~その1 »