« さよなら雷鳥 | トップページ | 京都・東山祈りの灯り »

2011年3月20日 (日)

金子みすゞ展

こんばんは。
今日はタイトルにあるように大丸京都店で開かれている
「金子みすゞ展」へ行ってきました。
132001


山口県長門市の仙崎出身の童謡詩人。
オイラも仙崎線の乗りつぶしで仙崎に行ったときに金子みすゞと
いう人のことを知ったのですが、作品についてはほとんど
知りませんでした。
といっても気にはなっていたので、今回「金子みすゞ展」が開催
されるということで行ってきました。

いくつかの詩を見せていただきました。
”童謡”という響きから子供に向けた者のようなイメージがあるのですが、
大人が読んでもいろいろと発見があったり、考えさせられたりする作品が
ばかりでした。

例えば「大漁」という作品。
鰮が大漁だった浜ではお祭り騒ぎだけれど、海の中では
何万という鰮の弔いをするだろうという内容の詩。

普段何気なく見ているものなども、”気付かなかったけれど、
確かにそうだなぁ”とか”こんな見方があるんだ”とか、
そんな詩が多かったです。

最近、東北地方太平洋沖地震の影響でTVでは
ACのCMがたくさん流されていて、その中に
金子みすゞさんの「こだまでしょうか」という作品が
登場しているものがありますね。
見られたでしょうか?



金子みすゞ展は大丸ミュージアムKYOTOで3月28日まで開催
される予定です。
 →http://www.daimaru.co.jp/museum/kyoto/kanekomisuzu.html

|

« さよなら雷鳥 | トップページ | 京都・東山祈りの灯り »

コメント

金子みすゞさん、お名前は知っています。作品を読んだことはありませんが…。
震災以降、TVCMのほとんどが日本広告機構のものですネ。
ですから、この金子みすゞさんの作品を使ったCMも、何度か見ました。
『一人じゃないんだよ』というメッセージが込められているように感じました。

投稿: 慕辺未行 | 2011年3月20日 (日) 22時43分

金子みすずは本当に悲しい一生でしたね。
若死にしてしまったことが惜しまれます。
この展覧会も見たかったのですが、私が京都に行ったのは
3/11でした。
この展覧会がもう少し早く開かれていたらよかったのですが・・・
3/11は震災も知らず京都御所を出て、山岳写真展の会場に
いたのです。

投稿: matsubara | 2011年3月21日 (月) 08時09分

慕辺未行さま
僕も今まで作品は読んだことがなかったのですが、
今回の金子みすゞ展で紹介されていた作品をいくつか見て、
他の作品も読んでみたいと思いました。

投稿: Junjiro | 2011年3月21日 (月) 20時21分

matsubaraさま
金子みすゞさんの一生を知ったのも、恥ずかしながらこの
金子みすゞ展ででした。
3/11に京都へ来られていたのに金子みすゞ展は3/16からだった
のは残念ですね。

投稿: Junjiro | 2011年3月21日 (月) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/39302358

この記事へのトラックバック一覧です: 金子みすゞ展:

« さよなら雷鳥 | トップページ | 京都・東山祈りの灯り »