« パソコンの節電 | トップページ | 一青窈さんのコンサートに行ってきました »

2011年5月25日 (水)

敦賀ワンデートリップ

こんばんは。
お久しぶりになってしまいました。

そして書いてる内容も、旅関係ネタが久しぶりになってしまってますね。

ってことで、今回は少し前のプチ旅ですが、敦賀への日帰り旅です。

敦賀へは北陸道ではなく国道8号線を利用です。
途中、道の駅「河野」に寄り道。

この区間は何度も通っていますが、ここに寄るのは初めてです。
なかなか景色のいいところです。
ただ、黄砂で霞んでいますね。
152501

.

敦賀湾を挟んで見えるのは敦賀半島。
その先端、立石岬。
今日の目的地のひとつです。
152502



さらに国道を進んで敦賀の市街地に出てきて、
まず向かったのが一つ目の目的地、「気比の松原」
三保の松原、虹の松原とともに日本三大松原として有名です。
152503

152504_2

152505

三大松原と言われるだけあって立派な松林が広がります。
152506

砂浜で海を見ながら昼ごはんを食べますが、
上空からトビが食べ物を狙っているので注意ですdanger
ピ~ヒョロヒョロって鳴きながら上空を旋回しています。

”トビに注意”って看板もあるくらいで、急降下して襲ってきます。
オイラは松の影で食べていたんで大丈夫でしたが、砂浜で
食べている人は何度も襲われていました。

しばらく景色を楽しんだりした後、敦賀半島を北上して
やってきたのが第二の目的地、「敦賀原子力館」
152507

152510

展示スペースはそれほど大きくありませんが、
パネルやら模型やらで原発をわかりやすく紹介されています。
ちょっと専門的なものもあったりで、オイラ的には結構満足でしたね。


”アトミックシアター”と呼ばれる場所には、敦賀原発2号機の
模型(何分の一だったかは忘れました)があって、
模型と映像とを組み合わせて仕組みをわかりやすく説明してくれます。

といっても、その説明の口調というか話し方は子供向けな感じですが、
内容は子供にはちょっと難しそうsweat02
敦賀2号機は加圧水型なんで冷却水も1次系と2次系があるんで
ちょいとややこしんじゃないかなぁ。


この敦賀原子力館は敦賀原発のすぐ近くなんで、
間近に発電所が見えます。

右側にある四角い建屋が沸騰水型の1号機、
左側にある丸い屋根の建屋が加圧水型の2号機です
152508

展示されている説明などを見ていると、安全のための
仕組みが何重にも施されているけれども、それでも
残念ながら、「絶対に安全」ということはないんですよね。

40分ほどの滞在後、さらに敦賀半島を北上して
第三の目的地、「立石岬灯台」を目指します。


県道を進んでいくとぷっつりと道が終わりました。
152511

ここから灯台へは徒歩shoe
海沿いの道を進みます。
152512

しばらく進むと看板があります。
「登り口」って書いてありますけど…coldsweats02
152513

看板に偽りなく、こんな道を登っていきます
152514

どんどん登って行きまして、写真の撮影時刻を見ると、
2枚上の「登り口」の写真を撮ってから7分後にようやく
灯台の姿が見えてきました。
152515

立石岬灯台到着ですgood
152516

152517

152518

しばらく景色を楽しんだりしたあと、来た道を引き返します。
帰りは下りなんで比較的楽ですが、所々滑りそうなところも
あったりで木をつけて下ります。

往路は上るのに必死で気にしなかったんですが、
道の横を小さな川が流れていて、そのせせらぎ
心地いいですねhappy01
海が見えるあたりまで来ると、海から吹き上げてくる
風が涼しくて気持ちいいnote

ただ、下りながら思ったのが、この立石岬は夕陽がきれい
らしいのですけど、日が暮れたらなるべく早く帰った方が
いいだろうなということ。暗くなって足元がよく見えなくなって
から歩くにはかなり危険そうです。


このあと、最後の目的地の「みかた温泉」へ行ってきました。
(ここは敦賀じゃないですけど。ま、細かいことは気にしないで)

みかた温泉のことはこの前、日帰り温泉で書きましたので、
今回は割愛。

ってことで、敦賀散策でした。

|

« パソコンの節電 | トップページ | 一青窈さんのコンサートに行ってきました »

コメント

日帰りとは思えないほど有益な旅でしたね。
matsubaraなので一度気比の松原と虹の松原に行ってみたいです。

敦賀は原発に関わっていた夫が何度も出張したところです。
でも福島があんなことになり沈黙しています。

投稿: matsubara | 2011年5月26日 (木) 16時39分

matsubaraさま
いろいろとまわって、日帰り旅行を満喫してきました。
なるほど、matsubaraさんなだけに、松原巡り。いいですねぇ。
気比の松原以外は行ったことがないので、他の三大松原にも行ってみたいです。

なんとなく原発に関することがタブーのような雰囲気になっているように
感じます。確かに福島第一の状況が収束していない今、原発について
ああだこうだというべきではないのかもしれませんけれど…

投稿: Junjiro | 2011年5月27日 (金) 00時32分

ちょっとした『プチ旅行』もいいですよネ (^_^)!私も地元・知多半島をぐるりと回ってみたり、県内の行楽地を巡ってみたりします。
道の駅・河野は立ち寄った記憶あり。そこでお弁当を買って食べたような…?!でも他のところは、訪れたことがありません。
気比の松原、敦賀だったのですね。虹の松原、三保の松原は行ったことがあるのですが、ここはありません。距離的には最も近いのですがね。
福井県内はたしかずいぶん原発がありますよね。地元住民の方たちは、気が気でないでしょう!もし、想定外の自然災害が起こった時の備えは出来ているのでしょうか?福島の二の舞だけは避けたいですネ。
灯台への道、海辺とは思えないような道を登るのですネ!海上を往来する船からよく見える位置に建てないと灯台の役割が果たせないでしょうから、どうしても高台に造らざるを得なかったのでしょうね。

投稿: 慕辺未行 | 2011年5月27日 (金) 23時18分

慕辺未行さま
気軽なプチ旅行、いいですよね。
松原は、逆に僕は気比の松原以外は行ったことが
ないんですよ。他も機会があれば行ってみたいです。
福井県には国内最多の原子炉があるそうです。
最近、400年ほど前に若狭湾でも大きな
津波があったという文献のことがニュース
で報道されていて、気にはなりますね。
灯台は、思っていた以上の上りで、結構
いい運動になりました。その分、灯台の
姿が見えた時は、やっと着いた!っていう
気持ちになりましたよ。

投稿: Junjiro | 2011年5月28日 (土) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/40133347

この記事へのトラックバック一覧です: 敦賀ワンデートリップ:

« パソコンの節電 | トップページ | 一青窈さんのコンサートに行ってきました »