« 北海道旅行 その⑤~然別湖から狩勝峠 | トップページ | 週末日帰り温泉~美人の湯しろとり »

2011年6月14日 (火)

北海道旅行 その⑥~幾寅駅

こんばんは。
インターネットにはすこぶる快調に接続できてます。
いったいなんだったんでしょうね??
で、忘れたころにまたつながらなくなったりするんでしょうね…。

そうそう、今日、仕事の帰りに蛍を見ましたhappy01
生で見たのは何年ぶりかなぁ。もしかすると10年以上見てないかも。


さてさて、北海道旅行の続き。
狩勝峠を越えてさらに西へと進みます。
161401

狩勝峠から国道38号を下っていって南富良野町に入ると、
国道は樹海峠へと向けて右折するんですが、その交差点の
直前交差点を左折するとすぐに根室本線の幾寅駅。

木造の駅舎が出迎えてくれます。
161402


前に紹介したように、この駅は映画「鉄道員」で”幌舞駅”として登場しています。

駅舎入り口にはでかでかと「幌舞駅」の看板が掲げられています。
161403


でも本当は「幾寅駅」
161404


映画のように駅員さんはいません。無人駅です。
駅舎の中に入ってみます。

こうして見ると、いたって普通の待合室という感じです。
161405


けれど、上の写真の奥、角にある通路を進むと、「鉄道員」の
ちょっとした展示場になってます。
161406


撮影時の写真ですね
161407


映画出演者のサイン…と思いきや、映画ではなく、
テレビのスペシャルドラマの「鉄道員/青春編」の出演者の
方々のサインです。
1614072


外に出ると、映画で登場していたトイレもありました。
161408

でも、入口は閉鎖されていて中には入れず。
外観はトイレそのものなんですけど、本当のトイレなのか
映画のために造られたセットなのかわかりません。


ホーム側から見た駅舎
「ほろまい駅」です。
161409


ホームの駅名標はきちんと「幾寅」になってました。
さすがにこれまで「幌舞」にしちゃまずいということなんでしょうね。
161410


今度は駅前に行ってみます。
「だるま食堂」もありました。
161411


前回この駅に寄った時は、映画をちゃんと見たことがなかったので、
このだるま食堂やトイレなんかも、全然気にも留めなかったんですが、
今回は1ヶ月ほど前に映画をちゃんと見たとこだったんで、映画の
場面と重ね合わせながら見ることができて楽しめましたhappy01


そして、こんなものまでありました。
161412


映画に登場していた(であろう)車両。

しかも中に入ることができました。
161413


一両まるまるというわけではなく、1/3か1/4で切られています。
奥の壁には、今度こそ映画の出演者のサインがありました。


余談ですが、この車内に入ってすぐのところでクモの巣にひっかかって
しまいましたshock
入られる方はご注意を。ちょっとブルーになりますdown



それなりに観光地化しているようで、オイラがいてる間にも
何人かが訪れられていました。



今回、オイラは車での訪問だったんですけど、
できれば列車でも訪れたいです。

なんか、鉄道に関連したところは鉄道を利用して
訪れたいと思うんですね。ローカル線とかだと、
本数も少なくて難しいんですけど。できるだけ
そうしたいなぁと思いつつ、幾寅駅をあとにして
次の目的地、十勝岳温泉へと向かいます。



以上、幌舞駅こと幾寅駅でした。
続きます。

|

« 北海道旅行 その⑤~然別湖から狩勝峠 | トップページ | 週末日帰り温泉~美人の湯しろとり »

コメント

この幾寅駅は『北の国から』でもロケに使われたような記憶があります。それだけ、映画やドラマの舞台にしやすいところなのでしょうね。
映画は、録画してあるはずです。何しろ”健さん”主演ですからネ!でも内容は今一つよく思い出せない…!
このような造りの木造の駅舎、かつて北海道でずいぶん見たような思い出があります。懐かしさがこみ上げてきます。

投稿: 慕辺未行 | 2011年6月14日 (火) 23時45分

慕辺未行さま
そうなんですか!?
確かに駅舎やホーム、駅周辺の雰囲気が映画やドラマのロケ地によさそうですね。
こういう古い木造駅舎はだいぶん減りましたけど、このような駅舎はなんとなく
落ち着きます。

投稿: Junjiro | 2011年6月15日 (水) 00時34分

何だか映画の時代にタイムスリップしたみたいな
贅沢な空間ですね。
赤いクラシカルなポストは現役なのでしょうか。

投稿: matsubara | 2011年6月15日 (水) 15時10分

matsubaraさま
駅舎もきれいに使われていますし、映画に登場していた周りの建物なんかも
残されているので、おっしゃり通りタイムスリップしたような感覚になります。
ポストは、現地では懐かしいタイプのものがあるなぁ程度にしか思っていなかった
です。言われてみるとこれも映画のセット?って思いましたが、撮っていた写真を
拡大して見たら「JP 日本郵便」のシールが貼ってありましたので現役だと思います。

投稿: Junjiro | 2011年6月15日 (水) 20時29分

福井では、ホタルが見れるんですか!?
すごいですねぇ。
私、ホタル見た事ないです!

それにしても、立派な駅舎ですね。
やっぱり、木造の駅舎は、いいですねぇ。

投稿: みるみる | 2011年6月17日 (金) 00時48分

みるみるさま
蛍はどこでも見れると言うわけではありませんが、ちょっと郊外にでると
見れるところがあります。ふわ~って飛んでる淡い光は、なんか癒されますよ。
木造駅舎っていいですよね。ドアの開け閉めとか、ちょっと不便なところも
ありますけど、温かみが感じられます。

投稿: Junjiro | 2011年6月17日 (金) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/40399928

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道旅行 その⑥~幾寅駅:

« 北海道旅行 その⑤~然別湖から狩勝峠 | トップページ | 週末日帰り温泉~美人の湯しろとり »