« 北海道旅行 その⑧~帰路 | トップページ | 平泉、世界文化遺産に »

2011年6月25日 (土)

半夏生の庭園~両足院

こんばんは。
毎日のことながら暑いですね。

今日の京都はよく晴れて青空がひろがってましたsun
162501



さて、タイトルの「半夏生」
七十二候のひとつで福井では焼き鯖を・・・、ってことは昨年書きましたcatface

今年の半夏生は7月2日のようです。

でも今回の半夏生は暦ではなく、植物の方です。

京都の両足院で半夏生の庭園の特別公開が
行われているということで行ってきました。
162502_2


京阪の清水五条駅からぶらぶら歩いて10分ほどでした。
四条と五条の間くらいなんで、祇園四条駅からでも同じくらい
じゃないでしょうか。ま、途中で写真撮ったりしながらだったんで、
普通に歩けばもっと早く着くと思います。


門です。
162503


ではさっそく。ということで門をくぐります。
石の白や空の青、木々の緑がとてもきれいですnote
162504


奥で拝観料を払ってさらに進むと、半夏生の木のある庭園がにやってきました。
半夏生の木。
上の葉が白くなっているのが、花が咲いているように見えます。
162505_2

162506

162507

162509


このように縁側(?)に座ってお庭を眺められます。
162508

こうやって座っていると、ときどき風が吹き抜けて涼しくなります。

説明されていた方が「半夏生は今日が一番の見ごろですよ」って
言ってはりました。ラッキーshineって思ったんですけど、明日も
同じように言ってはったりしてcoldsweats01


しばしお庭を眺めた後、お隣の毘沙門天堂へも行ってきました。
162512_2

162511


ここの狛犬は犬ではなくトラです。
162510


暑い中歩き回ると、結構つかれますね。
明日も暑そう・・・sweat02

体調管理に気をつけないといけませんね。


境内で見つかけたアジサイです
162513

|

« 北海道旅行 その⑧~帰路 | トップページ | 平泉、世界文化遺産に »

コメント

半夏生、すっかり聞かなくなった暦の言葉ですね。
暦ではなく半夏生の木があるのですか (゚o゚)ホェーッ?!
白く見える葉っぱ、これは元からなのでしょうか?それとも少しずつ変化するのでしょうか?
縁側に座ってお庭を眺め…、若いころ詩仙堂の縁側でよくボーっとしていました (^_^;;
毘沙門天の狛犬ならぬ狛虎ですか (゚o゚)スゲェ!寅年生まれの私としては、一度見てみたいものです。

投稿: 慕辺未行 | 2011年6月25日 (土) 23時39分

半夏生は、我が家にもあるのですが、
同じ植物が植えてある場所によってこんなに違うとは
愕然とします。
我が家はただ雑然と花壇にあるだけで・・・
増えすぎて抜いたりしています。

京都の寺院にあると別の植物のように栄えますね。

投稿: matsubara | 2011年6月26日 (日) 08時48分

慕辺未行さま
半夏生の葉は、この時期に白くなるようです。
離れてみると白い花が咲いているようできれいです。
葉全体ではなく一部は緑色のまま残るので、半分だけ白く化粧する
ということで「半化粧」と書くこともあるようですね。
狛犬ならぬ狛虎。ウサギやカッパなど珍しい狛犬のいる神社を巡るのも
楽しいかもしれませんね。

投稿: Junjiro | 2011年6月26日 (日) 18時07分

matsubaraさま
半夏生がご自宅にあるのですか。
色の変化など楽しめそうですけど、増えすぎると困りますね。
確かに”京都の寺院にある”というだけで、なんか違って
見えてしまうから不思議ですsmile

投稿: Junjiro | 2011年6月26日 (日) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/40547941

この記事へのトラックバック一覧です: 半夏生の庭園~両足院:

« 北海道旅行 その⑧~帰路 | トップページ | 平泉、世界文化遺産に »