« 給油 | トップページ | 九州・鉄道の旅 その①~九州へ »

2011年7月30日 (土)

\1000高速日帰り旅 その⑥~最終回

7月ももう終わりですね。
新潟や福島は大雨で、かなり被害も出ているようで心配です。
福井も太陽が出たかと思うと、今にも雨が降りそうに暗くなったりと、
不安定な天気です。

さてさて6月に終了した、休日の高速上限\1000。
終了の前の週に行ってきた新潟、群馬への日帰り旅、ようやく完結です。


碓氷峠鉄道文化むらで、いろんな車両とかに触れた後は、
やはりここまで来たら碓氷峠の代表ともいえる「めがね橋」を見ないといけませんよね。

旧線跡はハイキングコースのようになっています。
173001

廃線跡をたどって「めがね橋」まで行けるようですけど、
「4.7km、90分」となっていたんで、車で行くことにします。

(画像をクリックすると拡大表示します)
173001a_2


ちなみに、信越本線乗りつぶしでここに来た時は、釜めしを
いただいた後、軽井沢駅行きのバスの待ち時間に500mほど
だけ歩いたことがあります。鉄道文化むらも外からちょっと
だけ眺めてました。


くねくね曲がった国道18号の旧道を進むと、
15分ほどでめがね橋に到着。

めがね橋から軽井沢方面へ300m程のところに、
「めがね橋駐車場」なんてものができてました。
173020

案内の右端にいるのは…
173002

ぐんまちゃん!


群馬県のマスコットです。
群馬県内の市町村ごとに「ご当地ぐんまちゃん」もいるようで、
なかなかの人気者のようです。


めがね橋駐車場からめがね橋までは歩道も整備されてました。
173003

何年か前に来た時はこんな整備されてなかったんですけど、
駐車場や歩道など、観光地としての整備がされています。


そしてお目当て、「めがね橋」こと、碓氷第3橋梁
173004
緑の中にたたずむアーチ橋の姿が美しいです。

そして、近くから見上げると、その大きさに圧倒される感じです。
173005

階段が整備されていて、上にのぼっていくことができます。
173006

あっ、ご注意を!
173007_2

階段をのぼりきったところにはトンネルがありました。
めがね橋はトンネルに挟まれた場所にありまして、
橋の反対側にもトンネルがあります。
173008

帯石や笠石、壁柱に翼壁も備えた、重厚なポータルですね。
つるんとしたコンクリートのポータルよりも威厳があるような感じがします。



めがね橋の上はというと、こんな感じ
173009

やっぱり、橋自体は下から見た方がいいですねcoldsweats01


橋の上からの眺めはこんな感じ
173012

昔はこんな景色が車窓に見えていたんでしょうね。


橋の上に目を戻すと、なんだか人がたくさんいて、
なんかしてますね。
173010

173011

聞いてみると、JRグループが展開する「ディスティネーションキャンペーン」の
CM撮影をされているそうです。
しかもディスティネーションキャンペーンのCMに出演される
吉永小百合さんも来られるとのこと!

でも、まだまだ撮影の準備中って感じで、来られる気配は全くなし。


待ってようかなぁとも思ったんですけど、これから福井まで
帰らないといけないと思うと、あんまり遅くなるわけにも
いかないんで、残念ながら諦めました。


ということで、再び上信越道の松井田妙義インターまで戻って、
福井をめざします。その距離約450kmsweat02


途中、ちょいちょい休憩しながら、上信越道、北陸道へと進み、
有磯海SAで夕食に。
173013

だいぶん陽も暮れてきました
173014

レストランの前にこんな看板が
173015

人気メニュー1位は「氷見牛ステーキ丼」。
1500円というお値段にちょっと躊躇しましたけど、
せっかくですしね。
173016

さすが人気メニュー。おいしかったです。



正直、長野辺りで1泊しようかと思いましたが、予定通り日帰りで
22時過ぎに無事帰りつきました。

走行距離は1061.5km。
間違いなく1日の運転距離として自己最長。
そしてこの記録を塗り替えることはないと思います。
(でも、\1000高速が復活したら・・・)



ということで、だらだらと書いてきました\1000高速日帰り旅、完結です。

|

« 給油 | トップページ | 九州・鉄道の旅 その①~九州へ »

コメント

こんばんは (^o^)/!
こちらもつい先ほど、ドシャーッ!と降りました。今は止んでいます。
碓氷峠、こんなに見どころがあるのですね。ちょっとビックリです。
めがね橋、立派な鉄橋だったのですネ!鉄道ができた頃の技術の粋を集めたかのような造りですね。
線路も外されているようですが、出来ることならばこの橋を渡るSLの姿が見てみたいような気がします。
どれほど”絵”になるでしょう!
一日の走行距離が1000km超え (゚o゚)ヒェーッ!
かつて個人で運送業を営んでいたことがありましたが、それでも一日1000kmは走っていないですヨ!

投稿: 慕辺未行 | 2011年7月30日 (土) 23時32分

長距離運転、お疲れ様です!

めがね橋は、やっぱり良いですよねぇ。
緑の中に、重厚なレンガの色が、映えますね。

氷見牛おいしそうですね!
氷見は、魚のイメージですが、
牛も名産なんですね。
私も、旅にでると、食事はついつい奮発してしまいます。

投稿: みるみる | 2011年7月31日 (日) 00時18分

慕辺未行さま
そうなんですよ、碓氷峠は食べ物や見どころなど、いろんな魅力があります。
確かにこの橋の上を走るSLは画になるでしょうね。ただ、すごい急勾配区間で、
トンネルもありますのでSLだと乗員や乗客は大変そう。乗車はせずに外から
眺めるだけにしたいです…。
さすがに1000km超のドライブは疲れましたけど、初めての道を走ったりで
結構楽しかったですよ。

投稿: Junjiro | 2011年7月31日 (日) 11時05分

みるみるさま
めがね橋、アーチの形も美しいですし、さらにレンガの色がいい
味を出していますよね。よくぞ取り壊さないでおいてくれたなぁと思います。

そうですよね、氷見といえばお魚が有名。
今年の2月に氷見の港近くで寒ブリを食べたらすごくおいしかったです。
もちろん、今回食べたステーキ丼もおいしかったです。
やっぱり食事も旅の楽しみのひとつですから、つい奮発してしまいますよね。

投稿: Junjiro | 2011年7月31日 (日) 11時14分

碓氷峠ははやり秘境だったのですね。
何よりの証拠が「熊出没注意」
ですからね。
この看板だけで足がすくみます。
ここでめがね橋とか珍しい写真を拝見するだけで
満足しています。

投稿: matsubara | 2011年7月31日 (日) 12時26分

matsubaraさま
めがね橋は横川の駅前から車で15分ほどですけど、かなり山の中です。
観光客がたくさんいましたので、熊さんもわざわざそんなところに
でてくることはないんじゃないかなとも思いますけど、油断はいけませんよね。
拙い写真や文書ですけど、満足いただければうれしいです。

投稿: Junjiro | 2011年7月31日 (日) 15時21分

すごい!の一言ですね。1日で1000キロオーバーしていたら車から降りた時車に揺られているような感覚とかありません?
めがね橋、素敵なアーチ状の橋ですね。昔ここの橋の上を列車が走っていたと言うのも不思議な感じですね。

只見の方そういえば、今回凄い豪雨で大変なことになっているようで。。。
自然の猛威を感じずには居られませんね。

投稿: 大樹 | 2011年8月 1日 (月) 01時11分

大樹さま
長距離ドライブをすると、降りた後もなんだか揺られている感覚、よくありますよね。
ただ今回は意外とそうならなかったんですよ。もっと短い距離でもなるときは
なるんですけど…。
今ではひっそりとたたずんでいる橋やトンネルからは
列車が走っていたころはなかなか想像しにくいですね。

投稿: Junjiro | 2011年8月 1日 (月) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/41013625

この記事へのトラックバック一覧です: \1000高速日帰り旅 その⑥~最終回:

« 給油 | トップページ | 九州・鉄道の旅 その①~九州へ »