« 梅雨明け | トップページ | \1000高速日帰り旅 その④ »

2011年7月12日 (火)

\1000高速日帰り旅 その③

\1000高速の旅、続きです。

長~いトンネルを抜けて、奥只見ダムまでやってきました。
171201_2

奥只見シルバーラインの終点はダム下流にある駐車場

ここには土産物屋さんや食べ物屋さんがあり、観光地の
雰囲気がただよっています。
観光バスもやってきて、結構賑わってます。
171203




そうそう、最後の19号トンネルを出たところは直角カーブに
なってますのでご注意を。
さらに、季節にもよるんでしょうけど、ひんやりとしたトンネル内を
延々と走ってくるんで、車も冷えてしまうわけでして、トンネルを出た
瞬間にフロントガラスも何もかもが白く曇ってしまいます。
トンネルを出たところの直角カーブの後も、駐車場へ向けて
カーブと下り坂の道が続きますので、最後まで慎重に走りましょうdanger


奥に見えるのが奥只見ダム
171202

ちなみに手前にある、白というか茶色の波打った物体。
これ雪です。遠くから見たとき、「何あれ?」って思って
たんですが、近づいてみると雪でした。
こんな時期まで雪が残っているなんて、やっぱり豪雪地帯なんですね。


ちなみにちなみに今いる場所は新潟県ですが、この川が県境に
なっていて対岸は福島県。

福島といえば東北地方。

東京まで行って、さらに東北新幹線で行く場所というイメージで、
遠い場所って思ってたんですが、そんなところまで来たんですね。



さてさて続いて、ダムの上へと行ってみます。

↓こんな感じの道を上っていきます。
171204


道に沿って右にある構造物。
駐車場からダムの上まで行ける乗り物です。
なんて呼んだらいいのかわかりませんが、
ケーブルカーのような乗り物です。

ちなみにオイラは歩いて上がりました。


結構上りました
171205


そしてダムまでやってきました。
171206

171207


貯水量は日本第2位。
1960年に完成してから2007年に岐阜の徳山ダムができる
までの約半世紀、日本1位の貯水量を誇っていたダムとあって、
築堤も間近で見ると巨大です。



ダム上流側に広がるダム湖
171208

手前に広がる茶色い部分は流れてきた木やゴミなど


そして下流側
171209


雨上がり、というか時々雨が降る状態で、
近くの山々はガスってました。
171210


ということで1番目の目的地、奥只見ダムでした。
ダムというよりシルバーラインの方が目的だったんじゃないって言われそうですねsweat02

再びシルバーラインを通り抜けて次の目的地へと向かいました

|

« 梅雨明け | トップページ | \1000高速日帰り旅 その④ »

コメント

ということは、徳山ダムの貯水池が日本一ということですか。
岐阜県民なのに知りませんでした。
残雪があるということは標高も高いのですね。

投稿: matsubara | 2011年7月13日 (水) 08時37分

matsubaraさま
今は徳山ダムが総貯水量日本一だそうです。
実は2年前の7月に徳山ダムにも行ってまして、
とにかくでかい!って印象でした。
奥只見は確かに少し涼しいという印象でしたけど、
それほど標高は高くないようです。

投稿: Junjiro | 2011年7月13日 (水) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/40786558

この記事へのトラックバック一覧です: \1000高速日帰り旅 その③:

« 梅雨明け | トップページ | \1000高速日帰り旅 その④ »