« 衝動買い!? | トップページ | 宇治茶のスイーツを堪能 »

2011年7月20日 (水)

宇治・平等院を散策

こんばんは。
台風6号の進路ははなんだか迷走しているような感じですね。
台風のシーズンといえば9月というイメージですけど、最近は
7月の台風接近も当たり前のようになりつつある気がするんですけど、
少しずつ気候が変わってきているんでしょうかねぇ。


さて、祇園祭の山鉾巡行を見た後、祇園四条駅から京阪に乗って
中書島で宇治線に乗り換えてやってきたのは京阪宇治駅train
172001

京阪宇治駅があるのは宇治橋の袂。
宇治橋を渡っていきます。
172002


172003



宇治橋の西詰、紫式部の像があります。
172004



源氏物語の最後の10帖は「宇治十帖」とも呼ばれ、
ここ宇治は源氏物語ゆかりの地なんですよね。

オイラは行ったことはないんですけど、
近くには「源氏物語ミュージアム」もあります。


寄り道しつつって感じに見えますが、京阪宇治駅から
最短コースでやってきたのが平等院
172005

宇治を代表する観光地ですね。
さっそく中に入りますnote

平等院に入るのは久しぶり、たぶん中学の時以来やと思います。


入るとすぐに鳳凰堂が見えてきます
172014

172006



真正面からcamera
両側に伸びる翼廊は、鳳凰の翼に見立てて、
デザインのためだけに造られたとか。
その目的通り、翼廊があることで一層美しい姿に見えますshine
172007

172008


この平等院鳳凰堂といえば10円玉のデザインになってます。
誰もが一度は見たことがありますよね。

ってことで、本物と記念撮影camera
172009

もうちょいきれいな10円玉があったらよかったんやけど、
小銭入れの中にはこれしかありませんでしたsweat02


そして鳳凰堂の上には1対の鳳凰がのっています
172015

ちなみにこの鳳凰は一万円札の裏面のデザインになってます。
こちらは10円玉ほどは有名じゃないかもしれませんね。
気になった方は国立印刷局のホームページの「お札の紹介」ってとこをご覧下さい。


鳳凰・・・、ではありませんね。アオサギですかな。
172010


青空が広がるいい天気。そのぶん暑かったですけどsweat01
172011


釣鐘
172012

ちなみにこちらは、60円切手のデザインに使われていましたね。
といっても60円切手って聞いても、「??」って人もいるんでしょうねぇ。

こういうときに世代の違いを感じてしまうことがありますcrying


それにしても10円玉に一万円札に60円切手と、
平等院ってすごいですねsign01


平等院の拝観券は博物館「鳳翔館」の入館も込みなんで、
こちらも見てきました。
ただ、内部は写真撮影禁止なんで写真はないです。
172013

一通り見て回って、平等院をあとにしました。

|

« 衝動買い!? | トップページ | 宇治茶のスイーツを堪能 »

コメント

平等院、20代半ばの頃に一度だけ訪れた記憶があります。私も鳳凰堂を見て財布の中から10円玉を取り出し、見比べたような気がします。
そう言えば60円切手のデザインで鐘のデザインがありましたが、平等院の釣り鐘だったとは初めて知りました。また一つ”プチ自慢”出来そうなネタになります (^_^;;ヘヘッ!

投稿: 慕辺未行 | 2011年7月20日 (水) 23時53分

慕辺未行さま
この日も10円玉を取り出して見ている人を見かけましたよ。
今は懐かしい60円切手。60円切手が現役のころならもっと
価値があるネタだったかもしれませんね。

投稿: Junjiro | 2011年7月21日 (木) 00時13分

宇治は30年程前に行きました。
西国札所である寺でのご朱印集めと
黄檗山万福寺も行きました。
何と言っても平等院は国宝が多いし
格別な寺ですね。
あの鐘は日本三大鐘の一つらしいですね。
宇治十帖の遺跡を訪ねなかったことを
悔やんでいます。

投稿: matsubara | 2011年7月22日 (金) 08時25分

matsubaraさま
30年前だと平等院や宇治橋周辺の風景も今とは
随分と違いそうですね。
「日本三大鐘」っていうのがあるんですね。
それほど大きくはなかったですけど、いろいろと
模様が施されてあって、美しい鐘でした。

投稿: Junjiro | 2011年7月22日 (金) 22時13分

今は、実家が引越して京都市になったんですが、
宇治市に住んでたころは、
人に説明する時、
「十円玉に描いてある平等院があるところですよ」
って言ってました。
切手や一万円にまでなってたとは!
平等院って、すごいですね。

アオサギも、平等院にいると、
えらく高貴に見えますね。

投稿: みるみる | 2011年7月26日 (火) 16時25分

みるみるさま
やっぱり宇治というと平等院が有名ですよね。
僕の周りでも「宇治」って言うと「平等院があるところですよね」って言われます。
10円玉や昔の60円切手は知ってたんですけど、1万円札は知らなかったんで、
家に帰ってから1万円札を確認してしまいました。
ほんと、平等院ってすごいですね。

確かにアオサギも高貴な感じですね。
なんかポーズを決めているようにも見えてきす(笑)

投稿: Junjiro | 2011年7月26日 (火) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/40893673

この記事へのトラックバック一覧です: 宇治・平等院を散策:

« 衝動買い!? | トップページ | 宇治茶のスイーツを堪能 »