« でんき予報 | トップページ | 祇園祭 山鉾巡行 »

2011年7月16日 (土)

祇園祭 宵山

今日の京都は祇園祭の宵山です。

オイラはちょいと福井で用事があったんで、昼過ぎに福井を発つつもりを
してたんですが、思いのほか時間がかかって、結局夕方に出発になりました。

最近寝不足気味だったんで、サンダーバードで気持ちよく寝ている間に京都駅に到着sleepy

そのまま地下鉄で四条へ移動し、鉾や山を見て回ってきましたnote

171601

鉾や山の説明などは、詳しく載っている本やサイトがあるでしょうから
ここでは写真中心で。 無責任です…coldsweats02

171602



鉾や山もきれいですが、宵山ではこんな風に屏風などの
宝物を披露されていたりしますので、こういうのを
見て回るのも楽しみの一つですhappy01
171600



昨年にも書いたようにオイラ、月鉾が好きです。
大きくて迫力があります。
171603

171604

171605

171606



こちらは函谷鉾ですね 
171607

171608


日も暮れてきて、提灯のあかりもきれいに見えるようになってきて、
ますます祭りの熱気が高まってきますup
171609

1716091



171610



案内板の照明はLEDでしたflair

171611

171613

171614


171615

171616

171617


最後に長刀鉾に行ってきました。
が、ものすごい人人人wobbly


途中で、警察官がロープを張って、烏丸通りから東へ行けなくしてました。
171618

たしかに長刀鉾のまわりは身動きがとれないような状態。
そんな中、お囃子の演奏が始まったもんだから立ち止まる人が
さらに増えてますます人がながれなくなってしまいました。

なのでオイラは何枚か写真を撮って、そそくさと引き返してきました。


今年は3連休と重なって、天気も良くてってことで
かなりの人出だったんじゃないでしょうか。


人ごみはちょっとつかれますけど、そんな賑やかさや
生の祇園囃子、鉾や山などなど、やっぱり宵山は
わくわくしますhappy01


明日はいよいよ山鉾巡行ですねsign03

|

« でんき予報 | トップページ | 祇園祭 山鉾巡行 »

コメント

10年前と、25年前と二回行きました。
毎年見られてよろしいですね。
前回は泊まったので屏風もゆっくり見ました。
友人の弟が菊水鉾の担当で、ちまきも
貰いました。

月鉾、確かにいいですね。
有名な鉾の写真は人が多くて撮れなくて
占出山だけ何とか全体を撮りました。
あまり有名ではないですね。小さいし・・・
昨夜NHKでも放映されていて懐かしみながら見て
いました。

投稿: matsubara | 2011年7月17日 (日) 11時19分

matsubaraさま
毎年というわけにはいきませんけど、もう何度も行ってます。
どうしても鉾の方が大きくて見応えがあるので人が多く集まってますね。
でも山も、装飾品はすばらしいですし、ユニークなものも多いので
じっくり見るとおもしろいです。

投稿: Junjiro | 2011年7月17日 (日) 15時10分

祇園祭、生で見たことは一度もありません (>_<)クヤシイ!
夕闇せまる頃から暗闇へ…、山鉾に吊るされた提灯の灯りが優しいですね。
昨晩、つまりこの日でしょうが、NHKが宵山の様子を19:30から生中継され、私はそちらで少しでも楽しみました (^o^)!
これらの山鉾、毎年作られては解体されるというのも初めて知りました。
そして鉾の数があんなに多いことも初めて知りました。
伝統を大切に守り語り継ぐ京都の人々の熱意が感じられました。

投稿: 慕辺未行 | 2011年7月17日 (日) 23時33分

慕辺未行さま
やはり宵山は、陽が落ちてからの雰囲気がいいです。

宵山はNHKで中継していたんですよね。ちょうど中継をしている横を通りました。
見たことのあるアナウンサーが、ボードを持ってカメラに向かって話されてました。
放送が始まって間もなくの時間帯だったと思います。おかげで人の流れがものすごく
悪くなってましたけど。

鉾は毎年7月10日から組み立てられて巡行から帰ってくるとすぐに
解体されてしまうんです。

投稿: Junjiro | 2011年7月18日 (月) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/40840534

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭 宵山:

« でんき予報 | トップページ | 祇園祭 山鉾巡行 »