« 九州・鉄道の旅 その⑦ | トップページ | ぎょうざ倶楽部スタンプカード »

2011年8月29日 (月)

九州・鉄道の旅 その⑧

先週は雨が多かったですが、今週に入って
福井は晴れて暑いです。


さて、九州・鉄道の旅の続き、今回で最終回です。

夜明駅から日田彦山線に乗り換えて小倉を目指します。

列車の出発のちょっと前に、駅前にマイクロバスがとまって
中学生だか高校生だかが10人ほどやってきて、
オイラも含めた久留米方面からの乗り換え客と一緒に
列車を待ちます。

そして1両編成でやってきた列車に乗り込みます。

夜明駅から1時間、田川後藤寺駅で乗り換え。
182301_3

182302_2



田川後藤寺駅を出て少しすると異様な形をした
山が目に入ってきました。
182303


調べてみると香春岳という山で、石灰石の採掘で
上部が平らになってしまっているようです。


田川後藤寺駅から2時間弱で小倉着のはずが、
小倉まであと2駅、日豊本線との接続駅の城野駅から
なかなか出発せず。結局、小倉駅には6分遅れで到着。
182304


どうやら鹿児島本線で人身事故があったようで、
その影響のようです。


新幹線の改札口の出発案内
182305_2

ちょうど1日前、この「のぞみ1号」で博多へ行き、
博多から「さくら411号」で新八代へ行ったんですよね。


こちらは在来線の出発案内、このときの時刻は
10:50なんですけど、10:09発の列車がまだ発車
していないようで、だいぶんダイヤが乱れているようですね。
182306



今回の旅の計画時点では、この後、門司港駅へ行って
駅の近くにある「九州鉄道記念館」へ行こうかと思って
たんですけど、今回はひたすら鉄道で移動し、
SLにも乗ってと鉄分たっぷりの旅だったんで、
これ以上鉄分を摂ると鼻血が出てしまいそうなんで、
パスさせてもらいました。
(単に早く帰りたかっただけってことでもありますが・・・coldsweats01


ということで小倉から「のぞみ」に乗って新大阪を目指します。
182307



やってきたのはJR西日本所属のN700系、N16編成。
(白飛びしちゃってますね)
182308



のぞみに乗って、早速お昼ご飯にします。
小倉駅で購入した「一等幕乃内」
182309

ちなみに中はこんな感じ。持ち運んでいるときにちょっと
箱が縦になってしまったんで、具がずれていたりしてますsweat02
1111



広島駅到着のちょっと前に食後のアイスとコーヒーを購入
182310


本を読んだり、音楽を聴いたりしているうちに新大阪駅到着
182311


新大阪で特急サンダーバードに乗り換えて福井を目指します。
182312


湖西線を走行中。
車窓には琵琶湖と青空が広がっていました。
182313


以上、九州・鉄道の旅でした。

|

« 九州・鉄道の旅 その⑦ | トップページ | ぎょうざ倶楽部スタンプカード »

コメント

九州を東西に横切る路線は、熊本から大分までの…あれっ?何線だったっけ(ド忘れ)?に乗ったぐらいです。
最近は温泉ブームもあり、日田彦山線の利用者も多いのでは?(って、湯布院、通るのかな?)
もう30年も九州へは行っていないので、記憶が錆びついています (^_^;;!
レトロな雰囲気の「一等幕乃内」弁当、中が見たかった (>_<)!
きっと”復刻版”のお弁当でしょうから、皆さん興味あると思いますヨ!写真撮ってなかったのでしょうか?
もし、お弁当の中撮っていたら…、ぜひ紹介してくださぁい (^o^)/!

投稿: 慕辺未行 | 2011年8月30日 (火) 00時09分

慕辺未行さま
熊本と大分を結んでいるのは豊肥本線ですね。
こちらも阿蘇山など、景色のいい路線です。
ちなみに今回乗ったSL人吉のSLは以前、
「SLあそBOY」という名前で豊肥本線を走ってましたよ。

一等幕乃内、中身の写真も撮ってますよ。
ということで本文に写真を追加しました。
ただ、あらためて見ても、あまり
面白みのない中身ですね…coldsweats01

投稿: Junjiro | 2011年8月30日 (火) 01時00分

一等幕の内は多分当時の再現で、今は
どうっていうことはなくてもその頃は
デラックス弁当だったのでしょうね。

出発案内の写真を撮ることも旅のよい
思い出になりますね。
これから視野に入れます。

投稿: matsubara | 2011年8月30日 (火) 10時29分

matsubaraさま
たしかに昔はデラックス弁当だったのかもしれませんね。
最近はいろいろな駅弁を食べるのも旅の楽しみに入れています。

出発案内、普段はあまり撮らないんですが、このときは
たまたま興味をひかれるものだったんで撮ってみました。
後から見ると思い出にもなりますね。

投稿: Junjiro | 2011年8月30日 (火) 21時09分

こんばんは ヽ(´▽`)/
リクエストにお答えしてくださり、ありがとうございます アリ(゚o゚)(。_。)ガト!
もっと豪華なものかと思いきや、意外に質素で驚きました。
しかし、matsubara様のコメントにもありますように、当時は”デラックス弁当”だったのでしょうネ!
えびフライと唐揚げ(と思うのですが…)がきっと、”一等”だったのでしょう!

投稿: 慕辺未行 | 2011年8月30日 (火) 23時43分

こんばんは。炭鉱の街を通り抜けての小倉。僕は日豊本線で北九州行ったことありますが、こう言ったローカル線での小倉入りと言うのも良いもんですね。
新幹線から在来線で戻って。。。特急列車の乗り継ぎとはいえ、大変でしたでしょう。お疲れさまでした。

投稿: 大樹 | 2011年8月31日 (水) 00時30分

慕辺未行さま
僕も”意外と平凡だなぁ”って思っていましたけど、
昔は豪華な内容だったのかもしれないですね。
なるほど、エビフライとから揚げはデラックスかも。

投稿: Junjiro | 2011年8月31日 (水) 22時10分

大樹さま
どちらかというとローカル線で都市部から出ていく方が
好きですけど、どちらにしてもローカル線でののんびり旅は
いいですね。
新幹線や特急列車なので快適ではあるんですが、
やっぱり疲れましたね。

投稿: Junjiro | 2011年8月31日 (水) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/41303949

この記事へのトラックバック一覧です: 九州・鉄道の旅 その⑧:

« 九州・鉄道の旅 その⑦ | トップページ | ぎょうざ倶楽部スタンプカード »