« お盆の帰省 | トップページ | 九州・鉄道の旅 その⑤~人吉駅 »

2011年8月15日 (月)

宇治を散策

こんばんは。
毎日暑くてダレダレって感じのJunjiroです。

さてさて一昨日は宇治を散策してきました。
まぁ、”散策”ってほどあちこちまわったわけではありませんけれど。

先月は宇治川の左岸を訪れたので、今回は右岸、東側です。
(前回の記事→平等院宇治茶スイーツ


まずは「宇治市源氏物語ミュージアム」へ
181401

宇治は、源氏物語の最後の十帖、「宇治十帖」の舞台といわれる
場所でして、源氏物語とも深い関係があります。

展示物や映像で、源氏物語の雅の世界を見て感じることができます。
181402

181404

企画展で、源氏物語の名場面を表した人形が展示されてました。
簡単な説明書きもあったんで、順に読み進めていくと源氏物語の
大筋がわかります。

源氏物語というと、高校の古典の授業でちょっと習っただけで、
ストーリーほとんどわかってません。
一度、ちゃんと読んでみたくなってきました。
原文は無理なんで、現代語訳されたもので。


一通り見て回った後、ショップの近くで
ふと目に入ったポスターeye
181405

「80年前の宇治」
80年前というと昭和一桁の時代ですね。
なんかすごく興味があります。

場所は文化センターに併設された宇治市歴史資料館。

「・・・sweat02


書いてませんでしたが、この日の交通手段は
運動不足解消のために自転車bicycle


って言ってもわからないと思いますが、
宇治市歴史資料館はちょっとした坂の上に
あるんですよね。

この暑い中、自転車で坂道を上るのはちょっと…。


ま、それはさておき、とりあえず甘いものでも。
ということでやってきたのは福寿園さんの「宇治工房」
181408

181406

ここはお茶作り方や淹れ方、作法などを体験、学ぶことも
できる施設です。そしてお土産物屋さんやお茶の甘味や
料理をいただけるお店もあります。


で、一直線にむかったのはもちろんdelicious

季節限定の「お茶のわらびもち」
181407

初めは「宇治ほうじ茶氷」という、かき氷にいろいろな具がのった
ものを食べようと思ってました。抹茶氷はよくありますけど、
ほうじ茶ってなかなかないんで、興味があったんですけど、
メニュー見た瞬間に心変りして、わらび餅をいただきました。

抹茶が濃厚でおいしかったですhappy01


さて、休憩もすんだんで意を決して(ちょいと大げさcoldsweats01)、
坂道を上り歴史資料館へとやってきました。
181409_2

館内は撮影禁止だったんで写真はありませんが、
80年前のころの宇治、というか京都府南部や滋賀の
南部までの地図のようなものがあって、
当時の交通網や観光地などがわかるようになってて、
興味深いものがありました。


帰りしなにふと見ると、記念のスタンプがあって、
そのデザインが「おとぎ電車」だったんで、
押させてもらいました。
(スタンプは事務所の人に言って借ります)
181501

宇治もいろいろと歴史があるはずですが、
その中でも「おとぎ電車」がスタンプの
デザインに選ばれたというのがうれしいです。

以上、宇治散策でした。

|

« お盆の帰省 | トップページ | 九州・鉄道の旅 その⑤~人吉駅 »

コメント

宇治市源氏物語ミュージアムはとても行きたいところです。
30年前はまだなかったような・・・
いつ行けますことやら・・・

投稿: matsubara | 2011年8月16日 (火) 10時16分

matsubaraさま
源氏物語ミュージアムはできてまだ10年ちょっとですので、
30年前はまだなかったですね。
なかなか簡単には行けないかと思いますが、機会があれば
ぜひ行ってみて下さい。

投稿: Junjiro | 2011年8月16日 (火) 15時20分

源氏物語や枕草子…、遥か昔、高校時代の古文の授業で習ったような気がするのですが、当然のことながら覚えていないです (^_^;;!
よく考えたら、源氏物語のストーリーのごく一部さえも知らないです。これは・・・恥ずかしいですネェ (。_。)ハジ!
このような博物館ができ、大筋が分かるだけでも素晴らしいですね。私のような人間向きかも…(笑)
宇治と言えば、やはり”お茶”!近頃は麦茶か玄米茶ばかりで、美味しい緑茶は飲んでいないです (>_<)!
どちらかと言えば、やや苦みや渋みがある緑茶が好きなのです。あり過ぎるのはちょっと…ですけどね。
おとぎ電車なるものが、走っていたのですね。エコカーの技術を応用して、こういう観光用の電車(?)を復活させるといいのに!と思います。

投稿: 慕辺未行 | 2011年8月16日 (火) 23時42分

慕辺未行さま
僕も高校の授業で少しは習ったものの、ほとんど覚えてませんsweat02
確かに"宇治"という名前をストレートに宣伝できるものが宇治茶ですね。
宇治のお茶屋さんで買ってきた煎茶をときどき急須で淹れて飲んでますが、
やはり普段は麦茶とかPET入りの緑茶が多いですね。
おとぎ電車の線路跡はダム湖の底に沈んでしまいましたが、
エコカーの技術を応用すれば比較的容易に観光列車を
運転できるかもしれませんね。

投稿: Junjiro | 2011年8月17日 (水) 23時43分

源氏物語ミュージアム、俺も青春18きっぷが余って、どうしようかと思った時にふと思い立って宇治に行った時に行きましたよ。
また宇治も行きたいなあwwあの時は確か大阪から京都経由で宇治に行って帰りは奈良まで出て関西線で帰ったかなあ。。。懐かしい。。。

投稿: 大樹 | 2011年8月19日 (金) 22時05分

大樹さま
源氏物語ミュージアムに行かれたことがあるんですね。
あまった18きっぷを使っての旅、大阪からだとちょうどいい距離かもしれませんね。
機会があればまた宇治散策してみてください。

投稿: Junjiro | 2011年8月20日 (土) 21時25分

たしかに、あの辺は、結構な坂ですよね!
お疲れ様です!

めっちゃ地元なので、
マラソン大会では、この近くの、
太陽が丘あたりとか走った気がします。

それにしても、そんなスタンプがあったとは!
確かに、おとぎ電車をデザインに選ぶとは、
なんだか、嬉しいですね。
これからも、プッシュしていってほしいですね。

投稿: みるみる | 2011年9月 1日 (木) 23時16分

みるみるさま
文化センターの自転車置き場までちゃんと自転車に
乗って上がりましたよ。ただ、着いてしばらくは息が
切れてましたけどsweat01

太陽が丘、そういや僕も学校行事のマラソン大会で
走りました! しかも途中に長い上り階段があるという
無茶なコースでしたwobbly

そうなんですよね、昨年おとぎ電車展に行った時には
このスタンプには気づきませんでした。
見つけた瞬間に、「おぉっ!」って思ってすぐに
事務室に行って押させてもらいましたhappy01

投稿: Junjiro | 2011年9月 2日 (金) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/41202729

この記事へのトラックバック一覧です: 宇治を散策:

« お盆の帰省 | トップページ | 九州・鉄道の旅 その⑤~人吉駅 »