« 竿灯・24時間旅 その④ | トップページ | 週末日帰り温泉~あねがわ温泉 »

2011年9月23日 (金)

竿灯・24時間旅 その⑤

3連休第2弾の初日、いかがお過ごしでしょうか。

旅してからじつに1ヵ月半ほど経って、ようやく最終回に
辿り着きました秋田・竿灯まつりの旅です。

3回行われる竿灯の演技の2回目までを見てから、
会場を後にして向かったのは「天然温泉 華のゆ」
192121

今回の旅の記事の最初に書いたように、今回の旅の復路は
寝台特急「日本海」を利用します。
でも「日本海」にはシャワー設備なんかはついてません。

竿灯まつりは思っていたよりも盛り上がって、人の熱気もあって汗を
かいたし、列車でとはいえ寝る前にはさっぱりしておきたいですしね。

ま、汗かいたかどうかに関係なく、やっぱ1日の最後には
風呂でさっぱりしておきたいですからね。
1月のサンライズ出雲に乗った時も、近くの日帰り温泉にお世話になりました。

「華のゆ」さんはホテルに併設された温泉ですけど、しっかりとした
設備でして、浴槽もいくつかありましたし、露天風呂もあったんで、
”汗を流してさっぱり”っていうより、しっかりと温泉を愉しんできました。


休憩所で体を冷ましてから外に出ると、どこかでまだ竿灯の演技をやっているのか、
笛や太鼓の音が聞こえてました。


駅へと向かう途中、アーケードの中でも演技をされていました
192122



てくてくと歩いて秋田駅に到着
192123

192324


北海道へ向かう豪華寝台特急や、新造された寝台電車の
サンライズエクスプレスとは違い、昔ながらのブルートレイン
で定期的に運行されているのって「日本海」と「あけぼの」しか
ないんじゃないでしょうか。
秋田駅はその両方の寝台特急が停車します。
192325


定刻通りに「日本海」が到着
192326

日本海 大阪行き
192327

列車に乗り込んで、歯を磨いたり就寝準備をして、
床に就きます。揺れとか音もあるんで眠れるかな
と思ってましたが、10分もしないうちに眠ってましたsleepy



翌朝、4時すぎに起床
他の人たちはまだ寝ておられます。
ちょっと見て回ると、オイラが乗った車両も、隣の車両も
すべての寝台がうまっているようでカーテンが閉まってました。

夏休みの時期ってこともあるんでしょうけど、利用者減少で
廃止がささやかれているだけに、たくさんの利用者がいると
いうのはうれしいことですhappy01


4時半ころ。
うっすらと空が明るくなってきました。
192328



寝台列車に乗る時は、いずもかなり早く起きます。
徐々に明けていく朝の空を見るのが好きですし、
洗面所が混む前に身支度を済ましておきたいという
思いもあります。


通路にある折り畳みの椅子に座って、
静かにながれていく車窓を楽しみます。
192329



親不知の高速道路ですね。
192330



海は凪いでます。
波のある海も好きですけど、こういう静かな朝の海も好きです。
192331


そんな風にして外を眺めていると、他の寝台からまずは
小さな子供が起きだしてきて、その親、そして他の人たちが
起きだしてきます。
子供にとっては、こういう寝台列車での旅って、すごく
わくわくするだろうなぁ。(と思うのはオイラだけかな?)


いよいよ陽も上って、青空が広がります。
192332

192333



7:17。
定刻通りに福井駅に到着
192334

192335


24時間前にはこの「日本海」を、こんな風に見てたんですよねぇ。
そして今日も”長岡行き”のはくたかがやってきました。
192336



出発から24時間。そのうち4分の3ほどにあたる17時間半が
列車の中で、目的地には6時間だけの滞在。
移動距離は約1300kmという弾丸ツアー。


これにて終了です。

|

« 竿灯・24時間旅 その④ | トップページ | 週末日帰り温泉~あねがわ温泉 »

コメント

弾丸ツアー、お疲れさまでした。でも、弾丸とは思えないほど、充実した内容の旅ですね。
豪華寝台特急はともかく、夜行列車ではシャワーは浴びられませんから、つい日帰り温泉へ?!
私が鉄道で旅していたころ、今ほどこのような施設がなくて、お風呂やシャワーは諦めていました。
”日本海”も”あけぼの”もまだ走っているのですね。何だか嬉しくなります。”あけぼの”は一度だけ乗ったことがあります。
それに、車内の通路にある折りたたみの椅子、懐かしいです (^o^)!私もよく座って、窓から流れる景色を楽しみました。

投稿: 慕辺未行 | 2011年9月23日 (金) 23時51分

慕辺未行さま
竿灯祭りを見に行っただけとはいっても、移動の道中も楽しんでましたので
充実した旅でした。
夜行列車での旅の風呂、特に夏はさっぱりとしたいので、事前に調べたり
現地の駅員さんや観光案内所で聞いたりしてます。
"日本海"と"あけぼの"、どちらも現役で走ってます。というより、この2つ
以外はほとんど廃止されてしまって寂しくなりましたけど。
通路の折り畳みいす。ああいうギミック的なものって、
なんとなく魅かれるものがありますhappy01

投稿: Junjiro | 2011年9月24日 (土) 09時38分

寝台車でなくてただの夜行列車「日本海」で
北海道から帰ってきました。
貧乏学生だったので寝台車ではありません。
3人しゃべり続けていましたので、朝焼けも見ずに・・・
十和田湖を出て、一路米原へ・・・
米原から東海道線に乗りかえ岐阜到着でした。
新潟は油田のあかりでまぶしかったです。
48年前のことです。

投稿: matsubara | 2011年9月24日 (土) 15時49分

matsubaraさま
寝台列車じゃない「日本海」があったんですか。知りませんでした。
学生時代に、寝台ではない夜行急行でスキーに行ったことがあり、
友達と話したりしていると朝になっていたことがあります。
さすがに帰りは疲れて寝ていましたが…。

投稿: Junjiro | 2011年9月25日 (日) 12時14分

うーん、、、凄すぎます。
列車の弾丸ツアー?堪りませんねえww
夜行バスは使ったことありますが、夜行列車はないんですよねえ。
俺だったら見事に爆睡して乗り過ごしそうですww

投稿: 大樹 | 2011年9月28日 (水) 00時34分

大樹さま
最近の夜行バスは快適になっているのかもしれないですが、
以前、何度か利用した時はかなりつらかった記憶があります。
その点、寝台列車なら横になれるので快適に眠れます。
だからこそ、寝過ごさないように気をつけないと
行けませんけど。

投稿: Junjiro | 2011年9月28日 (水) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/41891214

この記事へのトラックバック一覧です: 竿灯・24時間旅 その⑤:

« 竿灯・24時間旅 その④ | トップページ | 週末日帰り温泉~あねがわ温泉 »