« ぎょうざ倶楽部スタンプカード | トップページ | 映画「神様のカルテ」を見てきました »

2011年9月 3日 (土)

竿灯・24時間旅 その①

こんばんは。
台風12号の影響で福井も夕方あたりから時折風が強く吹いてますtyphoon

さて、1ヶ月ほど経ってしまっていますが、先月上旬に行った
秋田竿灯祭り。とりあえず写真だけって旅に行ってたことだけ
報告したままになってましたが、ぼちぼちと旅日記を書いていく
ことにしましょう。

今回の旅も列車利用。
この夏は列車での旅が多いです。


朝の福井駅
190301

朝7時半に福井駅を出る特急「はくたか5号」で出発ですsign01
190302


実は、計画当初は急行「きたぐに」で福井を発つ予定でした。
「きたぐに」というと大阪と新潟を結ぶ夜行急行。
福井駅は真夜中の2:19発ですけど、寝ている間に移動ができ、
新潟に朝に着けるんで、新潟から秋田へと向かう途中に酒田での
観光もできる・・・はずでした。


ところが旅の1週間ほど前に、前日の金曜に飲み会があるとの案内がcoldsweats02
普段とてもお世話になっている人たちが参加されるんで、オイラも
参加しないわけにいかないですし、ただメンバーからして、1次会で
「お疲れさま~paper」って帰れるとは思えず、2次会まで行くことは確実。

ほんとお世話になっている方々ですし、いつも楽しい飲み会なんで
飲み会への参加は全然嫌じゃないんだけど、あまり遅くなると
2次会会場から直接駅へ行って「きたぐに」へ乗車ってことに。
そんなのは絶対イヤ~!

ってことで予定を変更して朝の「はくたか5号」で出発することにしたというしだい。
おかげで酒田観光もできず、竿灯を見に行くだけの弾丸ツアーとなった
今回の旅、「はくたか5号」を待っていると反対側のホームに
大阪へ向かう寝台特急「日本海」が到着
190303

大阪行きの「日本海」の福井着はこれから乗る
「はくたか5号」出発の10分ほど前の7:17

わざとらしく時刻を書いてますけど、タイトルにもあるように
”24時間旅”ですから。帰路はこの「日本海」利用です。
なので明日のちょうどこの時刻に帰ってくる予定です。


定刻通り「日本海」は大阪へ向けて走り去っていきました。
190304



入れ替わりのように「はくたか5号」が入線。
190305



北越急行所有の681系、スノーラビットエクスプレス(SRE)の愛称がついてます。
190307



「はくたか 長岡行き」
190306

金沢や富山で、よくJRを利用されている方には
ちょっと違和感があるんじゃないかなと。
というのも通常、「はくたか」は北越急行線経由で
越後湯沢へと向かう特急。

実は7月末の新潟での豪雨で不通区間があったため
行き先が変更になってました。

途中で運転を打ち切るのではなく、行き先を上越新幹線の
接続駅の長岡に変更しているあたり、「はくたか」と
上越新幹線を乗り継いで関東方面へ向かう人が多いんでしょうね。


ま、それはさておき「はくたか5号」に乗りこみ、定刻に福井駅を出発。

車内はガラガラ。オイラの乗った車両にはたしか3人ほどだけでした。
でも金沢でどっと乗客が増えて半分ほど席が埋まり、さらに高岡、富山と
進むにつれて乗客も増えて8割ほど埋まり、車内も少しは活気が出てきます。


前方には山がせり出してきました。空も曇ってますねcloud
190308

すると間もなく交通の難所として有名な親不知へと進んでいきます。

親不知駅付近。高速道路は海上に回避してます。
190309



前日は結局2次会まで参加して帰宅は1時半ころ。
寝不足でうとうとしているうちに直江津に到着。
オイラはここで乗り換えます。かなりの乗客が下車しました。
190310



快速「くびきの」へ乗り換え
190311

快速列車ですけど、元特急車の車両なんで快適・・・のはずが、
節電の影響か車内は冷房があまり効いていなくて暑いsweat02

しかも一番しんどくなるような中途半端な暑さ。
新潟までの約2時間、かなりつらかったwobbly

でも車窓の景色はよかったですよ。
直江津を出た辺りから青空も広がってて、山や海の景色を楽しめましたhappy01
190312

190313



暑い車内に耐えること約2時間、新潟駅に到着です。
190314

もちろん外はもっと暑いんですけど、列車から降りた瞬間、
ホッとしたというのが正直なところ。それくらいつらかったんですよsign04


新潟では乗換え時間が25分あったんで、
ちょっと駅の外にも出てみました。

駅前の景色。青空が広がってます。
190315



時刻は12時過ぎ。
駅前でなにか食べようかとも思いましたが、
食べているほど時間もないんで、駅弁を
かって改札を通り、秋田目指して次の列車に乗り込みます。



ってことで続きます。

|

« ぎょうざ倶楽部スタンプカード | トップページ | 映画「神様のカルテ」を見てきました »

コメント

飲み会の翌日早朝出発?!若いですネェ (゚o゚)オォーッ!
私では『白河夜船』に揺られていますヨ(笑)!
走る区間は短縮されているものの『きたぐに』、まだ健在なのですね。『日本海』もまだ現役なんだ (^o^)!
札幌までの豪華寝台列車の登場で、『日本海』はその役目を終えたものと思っていました (^_^;;!
機関車も客車も、懐かしいものですネ!今も頑張ってるんだぁ confident
『はくたか』はかつて、上野~北陸を結んでいた特急でした。今は短縮路線の北越急行線を走り、新幹線へと接続しているのですね。それにしても、素敵な顔の電車ですね。

投稿: 慕辺未行 | 2011年9月 3日 (土) 23時47分

慕辺未行さま
きたぐにに日本海、どちらも廃止の噂が絶えませんが、
今のところ現役で走っていますよ。
どちらも昔ながらの寝台で、今の時代には懐かしさ
すら感じるようなものですが、時期によっては
かなり乗車率も高いようです。
「はくたか」は上野まで走っていたんですか。知りませんでした。
今は越後湯沢駅で上越新幹線にバトンタッチするものの、
昔と同じ北陸と関東を結ぶ役割を果たしていますね。

投稿: Junjiro | 2011年9月 4日 (日) 00時56分

午前一時半に帰宅し、翌朝は弾丸ツアーに出発とは、すごいです。
若さですね。
新潟まで列車で行ったのは、20年前で、あとは車です。
列車も見たことがないデザインのものが走っていますね。

直江兼続の遺跡を訪ねての旅もバスでしたので
駅の表示も見ていません。
列車の表示も撮ると記念になりますね。

親不知は、列車もバスも地名通りの原始林のような所を通過しますね。

投稿: matsubara | 2011年9月 4日 (日) 09時43分

おはようございます。
皆さんオ社る様に本当にタフですねえ(o^-^o)
飲み会の後、そのまま早朝の列車で旅立つなんて。。。
俺なら二日酔いで次の日はグロッキーですww

北陸の列車はあまりご縁が無く、2度ほど福井~金沢の普通と京福鉄道?だったかな、東尋坊まで出ているやつしか乗ったことが無いんです。
北陸を一路東北へ。。。旅情あふれる風景を眺めながら旅をするなんて羨ましいですね。快速は辛かったことと思いますが(^^ゞ
特急の車両は窓が開かないから冷房効かないとなると確かに地獄ですね。

投稿: 大樹 | 2011年9月 4日 (日) 11時22分

matsubaraさま
さすがに深夜帰宅の早朝出発はちょっとしんどかったですけど、
行ってよかったと思いましたよ。
駅に着いてからの移動を考えると車やバスの方が便利な
ことも多いですね。でも列車でののんびり旅もいいですよ。

最近はちょくちょくと列車の行き先表示も撮ってます。

親不知付近は海と山の間のわずかな隙間を鉄道や国道、
高速道路がトンネルや橋を駆使して通り抜けていて
その構造物も見ごたえがあります。

投稿: Junjiro | 2011年9月 4日 (日) 17時16分

大樹さま
まあ、自分で運転するのではなくただ列車に乗っている
だけですから、多少疲れていても大丈夫でしたよ。
のんびり景色を見ながら、眠くなったら寝てても
目的地へとたどり着けるのが鉄道旅のいいところです。
日本海沿いを走る区間は景色がよく、旅情あふれる
景色を眺められます。快速列車内はちょっとつらかったですけれどsweat02

投稿: Junjiro | 2011年9月 4日 (日) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/41489340

この記事へのトラックバック一覧です: 竿灯・24時間旅 その①:

« ぎょうざ倶楽部スタンプカード | トップページ | 映画「神様のカルテ」を見てきました »