« 10月ですね | トップページ | 特別展「巨椋池」 »

2011年10月 5日 (水)

西へ東への旅 その①

こんばんは。

朝晩は寒いくらいですね。
昨日の朝は吐く息が白くなってました。

そんな寒さとは関係ないですが、
というより矛盾するようですけど、
今日はハーゲンダッツの「チェリー」をいただきました。
1x0401


もちろんおいしかったんですけど、やっぱり変わり種より
フツーの味の方がオイラには合いそうです。


さてさて、久々に旅シリーズ。
もう1ヶ月半ほど前、夏真っ盛りの8月に
18きっぷの3回目と4回目を使った旅です。
「西へ東へ」というタイトルにしてみましたが、
いいタイトルが思いつかなかったんで、こんなんに
してみました。旅を進めていくと意味はわかると思います。

18きっぷ利用なんで普通列車を乗り継いで進みます。

米原駅で乗り換え。
営業キロで約200kmの姫路まで新快速で一気に移動。
1x0402



青空~sun
この週は雨の日が多くて、久しぶりにスカッと晴れてました。
1x0403

今見ると爽やかな青空って感じですけど、時は8月。
外は暑い・・・sweat02


姫路駅到着
1x0404_2

米原から乗ってきた新快速は新型車両の225系
このとき初めて乗りました。
前面は新しいデザインという感じですけど、側面なんかは
窓をよく見ないと、ぱっと見では223系と見間違いそうです。


さて、姫路駅で乗り換えて播州赤穂行きの
列車に乗って約20分、相生駅に到着
1x0405



播州赤穂行きは相生駅から赤穂線に入るので、
山陽線で岡山方面へ向かうには乗り換えです。

このとき乗った播州赤穂行きの列車は、相生駅で
この駅始発の三原駅行きと連絡してます。

ということで、たくさんの人が一斉に乗り換え。
18きっぷの時期に乗り換え駅でよく見られるように、
席取り合戦。みなさん乗換え列車にダッシュdash
1x0406

左が播州赤穂行き、右が岡山方面三原行き。
三原行きは末期色ですね。


と、のんきに乗り換え風景を眺めているオイラが乗ったのは…
1x0407

1x0408

500系こだま

相生から岡山まで新幹線利用。
18きっぷの旅でのいわゆる”ワープ”ですnote


この区間って前後の区間と比べて列車の本数も、
連結両数も極端に少なくなるんで、18きっぷの時期は
特に混んでることが多いんですよね。
1時間ほど立ったままってこともよくあるんです。

なので、新幹線で自由席なら特急料金が940円、
18きっぷは使えないんで乗車券が1,110円の
あわせて2,050円と、18きっぷ1回分の2,300円近い
お金が要るんですけど、新幹線を利用することも
よくあります。


ということで相生からわずか15分ほどで岡山駅に到着。
ここで下車します。
1x0409


(続く)

|

« 10月ですね | トップページ | 特別展「巨椋池」 »

コメント

18きっぷで岡山まで行かれましたか。お疲れ様です(途中の新幹線は気にしないww)
俺も数年前、18きっぷで同じく倉敷、尾道を日帰りで行ってきました。
行きは山陽線で、帰りは赤穂線で。。。お尻痛くなったのを覚えています。
さて、これからどこへ行かれるのか楽しみです。

投稿: 大樹 | 2011年10月 5日 (水) 23時11分

大樹さま
関西からだと倉敷や尾道は18きっぷでの
日帰り旅にはいい距離かもしれませんね。
京都に住んでいたときに、広島までお好み焼きを
食べに行ったことがあります。かなり強行軍な
スケジュールでしたけど、こんな旅こそが
18きっぷらしくていいかな、なんて思ってしまいます。
さてさてこの先はどこへ…、といってもしばらくは
ふつうの観光旅です。

投稿: Junjiro | 2011年10月 5日 (水) 23時29分

今日は一日雨で、昼間もやや肌寒く感じましたが、明日は秋晴れが戻ってきそうです。
はてさて・・・、”18切符”での旅ですね (^_^)!一度も使ったことがない私としては、とても楽しみなのですよネェ~!
まずは岡山までですね。
新型車両、何となく”悪人面”のような…(笑)!支線の赤穂線が新しい車両で、山陽本線を走る列車が旧型車両なのですね。
しかし、”18切符”を利用しながら、途中の一区間だけ新幹線でワープ (゚o゚)ホェーッ?!それも”あり”なのですね。

投稿: 慕辺未行 | 2011年10月 5日 (水) 23時39分

姫路も岡山も懐かしいです。
関西にいましたのでよく行きました。
これからどこへ?

末期色? ってどんな色?
どきっとしましたが真黄色のことですね。
このままがよいです。

投稿: matsubara | 2011年10月 6日 (木) 07時55分

慕辺未行さま
福井も今日は、少し雲が出ていたものの、太陽が顔を見せる天気でした。
なるほど、悪人面ですか。たしかに両目が吊りあがったきつい顔って風に
見えますね。
18きっぷの旅、あくまで鈍行にこだわっての移動というのもいいんですけど、
そうするとなかなか時間もかかりますし、うまく新幹線や特急を組み合わせて
旅程を組むことが多いです。

投稿: Junjiro | 2011年10月 6日 (木) 23時13分

matsubaraさま
関西からだと姫路は結構気軽に行ける距離という感じですし、
岡山も身近なイメージがありますよね。
変なタイトルをつけてしまったので、どこへ行くんだろうと
思われてしまったようですが、普通に観光してまわった旅です。
最後はちょっと普通じゃないかなとは思いますが…。

はい、末期色。
写真に写っている真黄色の車両のようにJR西日本が展開している
単色塗装の車両、味気ない見た目を揶揄するように、「末期色」
と呼ばれることがあるようです。

投稿: Junjiro | 2011年10月 6日 (木) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/42303257

この記事へのトラックバック一覧です: 西へ東への旅 その①:

« 10月ですね | トップページ | 特別展「巨椋池」 »