« コスモス in 万博公園 | トップページ | 西へ東への旅 その② »

2011年10月15日 (土)

映画「ツレがうつになりまして。」を見てきました

こんばんは。
今日の福井は雨が降ったりやんだりって感じでしたsprinkle

さてさて、タイトルの通りなんですけど、
「ツレがうつになりまして。」の映画を見てきました。

1x1501

.

主人公のハルさん(宮﨑あおいさん)の夫、ツレ(堺 雅人さん)が
うつ病になり、それを克服していこうとする物語。

「うつ病」という重い話でありながらも、気持ちが沈んでいくような
感じではなく、ハルさんが描く絵や言動なんかに心が温かく
なるような感じです。

もちろんこれはあくまでも映画として描かれているものですし、
実際のうつ病って、本人も家族ももっとつらくてしんどいもの
なんだと思います。
でも、いろいろと感じるものや考えさせられるものがあり、
見てよかったといえる映画でした。


幸いにしてオイラはそういう状況にはなっていませんが、
誰でもいつなるかわからないわけですし、
オイラの知っている人の中にも、うつ病になった人が
何人かいて、2人が自ら命を絶たれてしまいました。

ですので、決して他人事ではなくものすごく身近な話です。




と、こうして書いていると気持ちが重くなってしまいますね…。


あっ、そういやこの前見に行った「神様のカルテ」での
宮﨑あおいさんの役もハルさんでしたね。

|

« コスモス in 万博公園 | トップページ | 西へ東への旅 その② »

コメント

もうずいぶん前に、私が鬱っぽいなぁと思った時に原作を読みました。
この映画はちょっと明るい感じがするので、観てみたいなと思います。

投稿: Lisa | 2011年10月16日 (日) 00時01分

”うつ”・・・、誰にでも起こりうる病ですね。
私もホント、あまりに急速に進んだ母のボケに、日々イライラしストレスになりそう(なっているかも?)です。
我が家の現実を同僚にこぼしたとき、「”うつ”にならないよう、気をつけろよ」と言われたばかりです。

投稿: 慕辺未行 | 2011年10月16日 (日) 00時08分

Lisaさま
原作を読んでないので、映画と原作とでどれくらい違うのかが
わからないですけど、たしかにこの映画は少し明るく、心が
暖かくなるような感じがします。ぜひ観てみて下さい。

投稿: Junjiro | 2011年10月16日 (日) 19時12分

慕辺未行さま
ほんとうに誰でもなる可能性のある病気ですし、
何がきっかけでなるかもわからないので、
気をつけないと…。

投稿: Junjiro | 2011年10月16日 (日) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/42529244

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ツレがうつになりまして。」を見てきました:

« コスモス in 万博公園 | トップページ | 西へ東への旅 その② »