« 西へ東への旅 その② | トップページ | お久しぶりな投稿 »

2011年10月19日 (水)

西へ東への旅 その③

こんばんは。
週の半ば、いかがお過ごしでしょうか。

さて、西へ東への旅の続き(前回の記事)です。


と、その前に、先ほどまでNHKの「歴史秘話ヒストリア」という
番組で、金子みすゞさんが取り上げられていました。

だいぶん前に「金子みすゞ展」の記事でも書いたように、
この人の詩、少し違った視点から物事を見られていて、
読んでみると、いろんなことに気づかされ、ハッとしたり
衝撃を受けるようなこともあります。



さて、本題に戻って、旅日記の続きです。

後楽園観光を終えて、再び岡山駅に戻ってきて、
次に乗ったのが快速「マリンライナー」高松行き。
1x1901_2

岡山の次は四国へと向かいます。


マリンライナーの先頭車は2階建てで2階席がグリーン車。
今回はちょいと奮発してグリーン車に乗ってみました。
1x1902_2

1x1903_2


旅日記の最初にも書きましたが、今回の旅は18きっぷを
利用しての旅。でも指定席のグリーン車には18きっぷは
使えません。ということでグリーン券だけでなく乗車券も
別途購入が必要。よく考えれば、相生から岡山までは
新幹線、岡山からはグリーン車指定席で、18きっぷは
使えず。結局は福井から相生駅までしか18きっぷを
使ってないですね


この先頭車、2階建て車両といっても、端の部分は2階建てではなく、
いわば平屋になっています。

で、オイラが乗ったのは、その平屋部分にあたる
運転席の後ろの席、前方を眺められる特等席note
1x1904_2
瀬戸大橋を渡っているところ。
こうやって見ると、かなり反ってますね。



もちろん横の眺めも素晴らしく、瀬戸内の
島々を眺められます。
1x1905_4

ちなみに瀬戸大橋の鉄道部分、橋の東側に在来線、
西側に新幹線のそれぞれ複線、合わせて4本の線路を
敷設できる構造になっているそうです。
(橋の西側から新幹線上り、新幹線下り、在来線上り、在来線下りの4本)


といっても四国へ新幹線へ行くのはいつになるか分からなく、
今は中央寄りの2線(新幹線下り、在来線上り)の場所に、
在来線の2本の線路が通されています。


橋を渡って、四国上陸です。
1x1906
ちょうどここのあたりで在来線の線路が
本来あるべきところである西側に寄っていきます。
(今乗っている在来線の下り列車は、本来は
写真の左手前側に空いているスペースを走って
いるはず)


と、まぁこんな感じで”未成線”好きなオイラです。
こんな風に、将来のために密かに用意されている
構造や設備って、なんか興味ひかれません???

「ぜ~んぜん」って声が返ってきそうですが、
なにはともあれ、しばらく走ると高松駅が見えてきました。
1x1907



岡山から1時間弱で高松到着です。
1x1908


ちなみに、運転席すぐ後ろの席は、パノラマ席だったかなんだったか
名前は忘れましたが、料金は2階建部にある普通のグリーン席と
変わらないんですが、特別な名前がついていました。

ですので、きっぷを買う時に「グリーン車の一番前の席」って言うと、
きっぷ売り場の担当者によっては2階建て部の一番前の席が
発券されることがあるそうです。


こんな席に当たったら、前面眺望どころか、目の前は壁!
ってことで乗られる方はちょっと気をつけて下さいね。



話は戻って、高松駅に到着。
お昼時はとっくに過ぎて、むしろおやつの時間って感じですが、
まずは高松駅の構内にある名物のおうどん屋さんへ行きます。
やっぱ香川に来たらうどんですよね~smile
1x1909


いただいたのは肉うどん。
すごくおいしかったです。
1x1910


お腹も満たして、駅の外へ。
高松駅の駅舎
1x1911


駅は海のすぐそば。
ちょっと歩いて海沿いまで出てきました。

1x1912

1x1913

しばらくこうやって海を眺めてましたけど、
ほんと海って、見ていて飽きないですね。

(続きます)

|

« 西へ東への旅 その② | トップページ | お久しぶりな投稿 »

コメント

わーすごい、グリーン車は乗ったことないです。

讃岐うどんは腰があって本当に美味しいですね。
車で橋を渡りましたのでこの列車には乗ったことが
ありません。
橋が出来た当初に渡りましたのですごい渋滞で
高松に着いたのは真夜中になってしまいました。
その後父は亡くなりましたので無理でも連れて行って
あげてよかったです。

投稿: matsubara | 2011年10月20日 (木) 22時00分

matsubaraさま
奮発してグリーン車乗ってきましたhappy01
グリーン料金は岡山から高松まで950円。今回は割引きっぷ購入で
もう少し安く乗ってきました。
やっぱり讃岐うどんはおしかったです。
僕も開通してそれほど経っていない頃に親に連れられて
車で瀬戸大橋を渡りましたが、その時も渋滞していました。

投稿: Junjiro | 2011年10月20日 (木) 23時20分

快速列車でグリーン車があるのですね。
その昔、東京~大垣間の夜行の普通列車(今は何か愛称がついているようですが)にもグリーン車があって、それには乗ったことがあります。グリーン車に乗った記憶は、それぐらいです (^_^;;!
瀬戸大橋、列車から見ると、このようになっているのですね。なかなか見ることができない光景、拝見できありがとうございます。
高校の修学旅行で高松を訪れているのですが、その時に連絡船の中で”讃岐うどん”を食べている写真があるのを覚えています。この”連絡船うどん”も、その頃からの味なのかもしれませんネ。
何だかずいぶん若いころの思い出が甦って来ました(笑)!

投稿: 慕辺未行 | 2011年10月21日 (金) 23時26分

慕辺未行さま
関東では結構一般的に走っている快速のグリーン車ですけど、
他の地域では珍しいですね。
東京から大垣の快速、今は「ムーンライトながら」という愛称が
ついている快速列車のことだと思います。18きっぷの時期はかなり
混雑するようです。
電車からの瀬戸大橋の眺め、上に道路があって、上方は少し圧迫感
がありますが、下の方の海はよく見えて言いながめです。
高松駅構内にある”連絡船うどん”は、たしか連絡船の船内にあった
うどんを再現しようとしたと聞いたような…。

投稿: Junjiro | 2011年10月22日 (土) 00時16分

瀬戸大橋線乗ったことありますが、普通車しか乗ったことないですww
グリーン車は東京に住んでいた頃、東京~大船間でまれに乗ったことありますが、ちょっとブルジョア気分ですよね♪
高松のうどん、食べたい♪最近香川に行っていないので、うどん食べたくなったら丸亀製麺で我慢していますww

投稿: 大樹 | 2011年10月23日 (日) 02時52分

大樹さま
瀬戸大橋線のグリーン車は今回はじめて乗りました。
単にゆったりと乗れると言うだけでなく、前方展望を
眺められるので、一度乗ってみたいと思っていました。
関東のグリーン車もたまに乗りますけど、やっぱり
ちょっとした優越感も感じられますよね。

丸亀製麺、うちの近所にもあってよく行きます。

投稿: Junjiro | 2011年10月23日 (日) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/42595735

この記事へのトラックバック一覧です: 西へ東への旅 その③:

« 西へ東への旅 その② | トップページ | お久しぶりな投稿 »