« 西へ東への旅 その⑦~最終回 | トップページ | 京都で紅葉狩り①/京都御苑・南禅寺 »

2011年12月 6日 (火)

敦賀・美浜へのプチ旅

今日はかなり冷え込んでいる福井です。
週間予報には雪マークがちらほらと…snow

って、気がつけば12月!
しかも、もう1週間ほど経ってるしsweat01
といった感じで、ブログの更新もお久しぶりになっているJunjiroです、こんばんは。

今回は日帰りプチ旅。
先々週末に行った敦賀・美浜です。

この日はちょいと用事があったんですけど、早めに終わって、
とても天気が良かったんで、敦賀方面へお出かけしてきました。

まず行ったのは敦賀市内にある「西福寺」
1z0501_2

紅葉情報で知ったお寺で、ちょうど「見頃」ってことだったんで行ってきました。

ほんと、この日は青空が広がるいい天気でした。
1z0502

紅葉する木もそれほど多くなく、一面の紅葉というわけではありませんが、
色づいている木はちょうど見ごろでしたmaple
1z0503

1z0504

まだまだ夕方というわけではないのに影が長いです。
1z0505

一番見ごたえがあったのが、この銀杏。
1z0506

逆光で見ると、葉が輝いて見えますshine
1z0507


まだ時間もあったんで、敦賀半島を横切って美浜町の水晶浜へやってきました。
1z0508


青空が広がり、それほど風もなかったんで、
砂浜で波を見ているととても気持ちよく、
いつまで見ていても飽きません。

さーっと波が迫ってきます。
1z0509

クリーミーな感じ
1z0510

波打ち際で遊んでいる人たちが遠くに見えました。
1z0511

砂浜をお散歩
1z0522


これは北方向の写真。
きれいな砂浜が続きます。
1z0512

上の写真では岩の陰に隠れていますが、
この先には関西電力の美浜原子力発電所があります。
1z0513

1z0514

この砂浜から見るとかなり目立って見えますね。

かなり目立つものの今年の3月までは、この風景を見ても、
ただそこに原発があるだけってことで、それほど気にすることも
なかったと思いますね、少なくともオイラは。


でも、福島第一原発の事故、とりわけ水素爆発で原子炉建屋が
吹き飛ぶ映像をテレビで見せられていると、気にせずにみることが
できなくなってしまいます。



砂浜を堪能した後、美浜原発の近くにある
「美浜原子力センター」にやってきました。
1z0515_2

入ってすぐのところには、関西電力の3つの
原子力発電所(いずれも福井県)の運転状況が
表示されていました。
1z0516

関西電力の高浜、大飯、美浜あわせて11基の
原子炉のうち稼働しているのはわずか3基。
「定期検査中」の文字が目立ちます。


この日の未明に高浜原発2号機が定期検査で停止してしまい、
日本の原子炉の8割以上が停止という状況になってしまいました。

ここ美浜原発も2号機だけしか運転していませんが、
このままでは12月中に2号機も停止してしまいます。

関西電力管内ではこの冬に電力不足になる見込みで、
他の電力会社のエリアも含めて節電が必要になります。


さてさてこのPRセンター、いろいろと模型なんかもあって
わかりやすく展示されています。

美浜原発のなかで唯一運転中の2号機の実物大模型。
結構コンパクトなんですね。
1z0517

こういう施設って、
原子力発電所ってどんな仕組みなのかを知ったり、
どんな安全対策をしているのかとか、エネルギー事情を
知ったりするのに、ときどき来てみた方がいいなと思いました。

さて、せっかくここまで来たので、ついでに美浜原発から北へ
数キロのところにある敦賀市の白木という地区へ行ってきました。
敦賀半島の西側から行ける最も北の場所です。

そこからは高速増殖炉「もんじゅ」の姿が近くに見えます。
1z0518

1z0519_2

こちらもなかなか計画が進みませんね。


しばし海を眺めた後、帰ってきました。

紅葉狩りというより原発の話が主になった感じの今回の旅。
でも、途中にも書いたようにこういうところって、
たまには訪れた方がいいなと思います。

ということで、敦賀・美浜のプチ旅でした。

|

« 西へ東への旅 その⑦~最終回 | トップページ | 京都で紅葉狩り①/京都御苑・南禅寺 »

コメント

こんばんは (^o^)/
敦賀は名古屋から一番近い日本海の街です。しかしドライブするときは、ほとんど通過することが多く、街の中はあまり知らないのです。トンネル温泉とお魚センター(だったかな?)のようなところに立ち寄ったのは何となく覚えています。
冬の日本海は”荒れている”イメージですが、この日はまだ冬の前だったのでしょうね。とても穏やかで、小春日和の散歩が楽しめそうです。
福井には原発や”もんじゅ”があるのでしたね。以前なら何気に見ていただけかもしれませんが、今は決してそうではなくなりました。これだけあって稼働しているのが3機のみ。もったいないといえばもったいないし、「止めろ」という声も聞こえてきそうですし・・・。
じゃあ、我々の生活に欠かせない電気の供給は?と考えると、難しい問題です。

投稿: 慕辺未行 | 2011年12月 7日 (水) 23時50分

慕辺未行さま
言われてみれば敦賀が名古屋方面から一番近い日本海の街ですね。
近いと逆に通過だけになってしまうことが多くなるかもしれませんね。
この日の日本海は穏やかで、浜辺で海を見ていてもとても
気持ちがよかったです。
原発稼働はほんとうに難しい問題ですね。
ひとたび大事故を起こしてしまうと想像できない被害が出るし、
かといって深刻な電力不足に陥ってしまうと言うのも生活や
産業に影響が大きいですし…。

投稿: Junjiro | 2011年12月 8日 (木) 00時33分

冬の海は静かでいいですね。
逆光で太陽も入れての撮影で
うまくゆきましたね。
大抵失敗する私は避けているのですが・・・
海だけの時はよくても・・・

この美浜原発は夫も設計に関わっていましたので
何度も出張しました。
三菱重工が関電発注のものを請け負っていました。
大学赴任前は重工でした。

投稿: matsubara | 2011年12月 8日 (木) 08時22分

matsubaraさま
最近のカメラは性能がいいので、逆光でもきれいに撮れます。
と言いつつ、僕もよく失敗しますsweat02

美浜原発の設計に関わられていたのですね。
そのように建設に関わられていた設備が稼働できずにいるという
のは、やはり残念な気持ちなのでしょうか。

投稿: Junjiro | 2011年12月 8日 (木) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/43283834

この記事へのトラックバック一覧です: 敦賀・美浜へのプチ旅:

« 西へ東への旅 その⑦~最終回 | トップページ | 京都で紅葉狩り①/京都御苑・南禅寺 »