« 西へ西への旅 その③ | トップページ | 迎春 »

2011年12月31日 (土)

巨椋池 / 大池神社

こんにちは。
大晦日、いかがお過ごしでしょうか。
今年もあと11時間ほどになりましたね。

オイラは大掃除を終え、昨日京都へ帰ってきました。


鏡餅も飾り付けて新年を迎える準備もばっちりですhappy01
1z3101_2


.

福井は雪景色。空もどんよりと曇ってますcloud
1z3102_2


北陸トンネルを抜け、さらに滋賀県へと進み、湖西線を南下して
行くにつれ雲も少なくなり、京都駅では青空が広がってました。
1z3103_2


そして昨日は久御山町にある大池神社に行ってきました。

以前、巨椋池の話を書いたときに、「祠かなにかがあるのでは?」との
コメントをいただき、調べてみると”大池神社”という神社があることが
わかり、今回の帰省のついでに訪れてみました。

巨椋池は京都の南部に存在した池で、池というより湖という方が
いいくらいの大きさでして、京都府下最大の湖沼だったのですが、
国営事業第1号として干拓され、今は広大な田んぼや畑、住宅街に
なっています。

かつては”大池”とも呼ばれていたそうで、
神社の名前も「大池神社」と言います。

1z3104_2

1z3105_2


記念碑もあります
1z3106_5


1z3107_2


神社の裏手にはちょっとした公園がありました。
1z3108

「東一口」がこの神社や公園のある地名ですけど、読めますか?
一文字目の東は東西の東で、普通に”ひがし”と読み、「西一口」もあります。

で、正解は「ひがしいもあらい」。


小学校の社会で習っていたので、もちろんオイラは読めますけど、
かなりの難読地名ですよね。


大池神社から3~400mで宇治川が流れているんで、
ちょっと寄ってきました。

宇治川の堤防の上からの巨椋池干拓田の眺め。
広大な土地が広がっていますね。
1z3109


宇治川の下流側の眺め
1z3110


写っているでかい建物は排水機場。

もともと池だった場所を埋め立てたのではなく干拓したということで、
周りよりも土地が低くなっています。
なので、干拓地内の川を単純に宇治川に接続するだけだとうまく
排水できませんし、雨が降って宇治川の水位が上昇したりなんか
すると干拓地に逆流してしまうので、干拓地の中の水を宇治川へ
ポンプで排水するための施設です。

干拓地内の水は、干拓事業で整備された川はここへ集約されて、
ここから宇治川へと排水されます。


宇治川対岸方面の風景。
写真の下側が宇治川ですけど川面は全く見えませんね。
1z3111


っていうか、空模様がめっちゃやばいcoldsweats02

急いで退避しましたけど、少し雨に降られてしまいました。




さてさて、今回で今年最後の更新。
今年一年、勝手気ままに書いてた内容にも関わらず、
読んで下さったみなさん、コメントをいただいた皆さん、
本当にありがとうございました。

今回の大池神社もそうですけど、いただいたコメントから
新たなことを知ったり、訪問したりということもできました。


来年も引き続き、よろしくお願いします。


では、よいお年をお迎えください。

|

« 西へ西への旅 その③ | トップページ | 迎春 »

コメント

東一口って
全く読めませんし、知りません。
ブログのおかげでこちらも多くを学ばせて
頂きました。
ありがとうございます。

良い年をお迎え下さい。
これからもどうぞよろしく。

投稿: matsubara | 2011年12月31日 (土) 20時00分

matsubaraさま
ふつう読めないですよね。それにどこなのかも知らないですよね。
地元ネタですみませんsweat01
1年、本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いしますsign01

投稿: Junjiro | 2011年12月31日 (土) 21時30分

こんばんは (^o^)/
あれで『いもあらい』ですか (゚o゚)ホエーッ?!とても読めないです。
誰でも知っている簡単な漢字なのに、この読み方はもうお手上げ!です。

今年も一年間お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。

投稿: 慕辺未行 | 2011年12月31日 (土) 23時39分

慕辺未行さま
お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
今年もよろしくお願いします!

”いもあらい”って、まず読めないですよね。
なんであの漢字であの読みになってしまったのか謎です…。

投稿: Junjiro | 2012年1月 4日 (水) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/43571557

この記事へのトラックバック一覧です: 巨椋池 / 大池神社:

« 西へ西への旅 その③ | トップページ | 迎春 »