« 西へ西への旅 その⑥ | トップページ | 3週連続の旅 »

2012年1月26日 (木)

西へ西への旅 その⑦

こんばんは。
一昨日の記事で、”関東は雪で大変そう”なんて書いてましたが、
昨日、今日は福井が大変なことになってますcoldsweats02


昨日は日中、雪が降り続けて会社から帰りは、まずは車を出すのに
雪かき、道路は渋滞、帰ってきて車を止めるのに雪かき…。
疲れましたdespair


さてさて、「西へ西への旅」の続きです。

前回の記事


韓国展望所に行った後、次はどこへ行こうかと…。
対馬へ行って韓国展望所へ行こうと思ってやってきたので、
この次にどこへ行こうかなんてことは考えてなかったんですよねcoldsweats01

ということで、レンタカー屋さんでもらった観光案内を見ると、
韓国展望所の近くに「豊砲台跡」というところがあるということで
行ってみることにします。


ただ、この豊砲台跡、ナビに登録されていないようで
行き先の設定ができないんでちょっと迷いそうになりましたwobbly
先ほど行った韓国展望所もそうで、この後行った何箇所かの
場所もほとんど登録されてなかったので、地図や標識を
見ながらの移動になりました。


細い道を進んで行って、豊砲台跡に到着
212414



もともと対馬は軍事上の要衝にあるわけで、
昭和の初め頃にこのあたりの制海権を確実に
するために作られた砲台の跡だそうです。

さて中に入って行きましょうdash
212415

上の写真の左にチラッと写っている箱のところに
ボタンがあって、それを押すと中の照明が点灯します。



入口の壁にあった案内板。結構大規模な施設ですね。
212416



ちなみに中も外もオイラ以外誰もいません。
そして外はどんよりと曇っていて強風が吹き荒れている。
と、こんな状況で薄暗い地中へと進んで行くわけで、
正直、ちょっと怖かったですsad



途中にある部屋を見ながら進んでいき、最奥部にある砲台部分に到着


砲身などの部分はすでになく、砲台部分からは外の光が入ってきます。
212417

212418

212419


昭和20年10月にアメリカ軍によって解体されたということで、
それからの時間の流れを感じさせ、どこか神秘的な雰囲気も
漂ってきます。ただ、二度とこういうものがつくられるような
ことがないことを祈るばかりです。



豊砲台跡の訪問後、次に向かったのは「異国の見える丘展望台」


途中、あいかわらず強風が吹いていて、海も荒れていますtyphoon
212420



豊砲台跡から30分ほどで異国の見える丘展望台に到着
212421


こんな感じで海に突き出した展望台があります。
もちろんこんな天気なんで異国は見えません。
212422


ここも強風typhoon
212423



あまりの強風で海に突き出た部分へは怖くて行けなかったです。
というより、壁の陰からしばらく動くことができない状態。

展望台と駐車場の間を行き来する間、常に風上に注意してないと、
折れた枝とかが飛んできて直撃したらただじゃ済まないような
感じでした。実際道路には折れた枝が落ちてましたしsweat02

異国を見るどころか、身の危険を感じた展望台。
長居は無用ということで、次の場所へ移動します。


(つづく)

|

« 西へ西への旅 その⑥ | トップページ | 3週連続の旅 »

コメント

こんばんは (◎´∀`)ノ
全国ネットの天気予報で聞きました。そちら福井は40cmの積雪だとか・・・(゚o゚)スゲェ?!
車を出す時も停める時も雪かき、本当にお疲れ様です。
若いころ冬の北海道の馴染みの宿で、毎朝玄関前の雪かきの手伝いをしたことを思い出しました。

壱岐や対馬は昔から大陸からの攻撃があった場合(もちろん、日本から攻めていったこともあります)の最前線の基地だったでしょうから、このような施設があったのでしょうね。
砲台や砲身が無くなってしまったのは、その時の時代の都合もあったことで仕方がないことだったのでしょうが、
現代からすれば『歴史の証人』として残しておいて欲しかったと感じました。
”異国の見える丘展望台”...私はつい横浜の”港の見える丘公園”を連想しました (^_^;;
それにしても、荒れた天気でしたネェ!確かにこの場所では”身の危険”を感じそうです。

投稿: 慕辺未行 | 2012年1月28日 (土) 00時20分

旅行案内にも書いていない秘密の遺跡に行かれたのですね。
ここでしか見ることはできないものをありがとうございます。
米軍は占領していたので何でもしたのですね。
敗戦国だから文句言えませんね。
国内にはまだまだ秘境がありますね。

投稿: matsubara | 2012年1月28日 (土) 13時00分

突然のご連絡大変失礼いたします。
初めてご連絡させ頂きます、旅休ドットコムの谷川と申します。
この度、弊社では国内旅行情報サイト「旅休.com」を2月下旬にオープンさせていただくことになりました。
それに伴い、国内旅行に特化したブログポータルも開設いたしますので、
是非貴ブログを掲載して頂きたいと思い、ご連絡させて頂きました。
掲載もちろんは無料ですし、貴ブログのアクセスアップにもご協力させていただけることをお約束いたします。

☆ご掲載に関しましてご興味がおありの場合、下記よりご登録いただけますのでよろしくお願い致します。☆
↓↓↓
http://tabikyu.com/blog/form/index.php

(※掲載にあたっては「旅休.com」のトップURLをリンクしていただきます。)

その他ご不明点ご質問などございましたらお手数ですが
下記連絡先までお願い致します。

【運営会社】
デジタルゲートオンライン株式会社 
担当 谷川
メール:tanigawa@dgo-inc.com
電話:03-5777-0395 
WEB:http://tabikyu.com (2月下旬オープン予定)

投稿: 旅休.com | 2012年1月28日 (土) 18時06分

慕辺未行さま
こんにちは。
1週間前は雪もなかったのに、先週1週間でたくさん降って今も
とけずに残っていますsnow
豊砲台跡、完全に破壊されずに砲台の跡だけでも残っていたので
まだいい方かと思います。
戦争の歴史を知るための資料としてこれからも残しておいてほしいです。
異国の見える丘、この"○○の見える丘"って響きがいいですね。
だからこそ各地に似た名前の場所があるんじゃないでしょうか。

投稿: Junjiro | 2012年1月29日 (日) 14時14分

matsubaraさま
豊砲台跡は、僕が知らなかっただけなのかもしれないのですが、
実際に対馬に行ってなければ知ることができなかった場所でした。
そしてその場所に行ってみて、その迫力を感じることができて
よかったです。

投稿: Junjiro | 2012年1月29日 (日) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/43883345

この記事へのトラックバック一覧です: 西へ西への旅 その⑦:

« 西へ西への旅 その⑥ | トップページ | 3週連続の旅 »