« 和歌山・鉄道旅 ~前編 | トップページ | ぶらり日帰り鈍行の旅 »

2012年3月30日 (金)

和歌山・鉄道旅 ~後編

こんばんは。
一気に暖かくなった福井は、晩になってから強風が吹いています。

 暖かい + 強風 = 花粉大量飛散…wobbly


今日、JR東日本から岩泉線の廃止が発表されてしまいました。
JR東日本の発表

もともと日本で最も利用客の少ない路線の一つでしたし、
いつ廃止されてもおかしくない状況でしたから仕方ないのかもしれませんが、
あの車両や車窓、岩泉駅の雰囲気など、好きだったんですけどねぇ…。



さてさて本題、和歌山旅行の続き、後編です。
前編はこちら

和歌山城観光を終え、バスで和歌山駅に戻ってきました。

そして、今度は和歌山電鉄に乗ります。
和歌山電鉄の乗り場への地下通路にはネコの足跡
233001



貴志駅への往路は「いちご電車」にあたりました。
233002

233003


車内もいちごづくし。
233004



和歌山駅から30分ほどで終点の貴志駅に到着です。
ここはネコ駅長の「たま」で有名な駅。
写真じゃわかりにくいかもしれませんが、駅舎自体がネコのデザインになってます。
233005
耳と目がありますねcat


そして主役の”たま駅長”・・・
は、お昼寝中でしたsleepy
233006
"SUPER STATION MASTER TAMA"って書かれてます。
今では他にもネコ駅長や動物の駅長がいますが、たまが一番
有名な駅長さんじゃないでしょうか。
っていうか、人間の駅長を含めても日本で一番有名な駅長さん
だと思います。まさに"スーパー駅長"ですね。


有名なんでテレビなんかでもよく登場してます。
ただ正直、テレビで見るとあんまりかわいいとは思ってなかったんですよね。
でも直接ご本人を見ると、めっちゃかわいいhappy02

一気にファンになってしまいましたnote

最近、駅長代理の「にたま」という部下ができたと
テレビでやってましたが、この日の勤務は「たま」でした。
といってもオイラは見ただけじゃわからなかったんで、
駅舎内にある「たまカフェ」の店員さんに聞きました。



駅舎の形を筆頭に、とにかくこの駅は「たま」一色って感じですcat
233007

233008

233009



そして復路の電車まで時間があるので、「たまカフェ」で休憩ですcatface
233010

233011



そのあと、ホームに出て待っていると帰りの電車がやってきました。
233012


復路は「たま電車」でした。
233013

233014


車内の照明もネコ型
233015



往路と同じく30分ほどかけて和歌山駅に戻ってきて、JRに乗り換えです。


ちょっと寄り道ってことで、日根野で乗り換えて関西空港に向かいます。
空港島へと向かう橋の上から。夕暮れ時の海がきれいです。
233016


関西空港到着
233017

233018


空港ビルのお店で晩御飯をいただき、再び日根野まで戻ります。

そして日根野からはこちら、2段目に案内の出ている「スーパーくろしお」に乗車です。
233019


列車名称が消滅する「オーシャンアロー」と「スーパーくろしお」に
乗ることも今回の旅の目的ですからね。


スーパーくろしおで新大阪へ、そして新大阪からは
サンダーバードで福井へ帰ってきました。


ちなみに関西空港でお土産にロイズのポップコーンチョコレートを
買ってきました。おいしかったですよ~。一気に食べちゃいました
233020


ってことで、和歌山への日帰り鉄道旅、終了です。

|

« 和歌山・鉄道旅 ~前編 | トップページ | ぶらり日帰り鈍行の旅 »

コメント

こんばんは (◎´∀`)ノ
そちら福井も冬から春へと季節は移ろいそうですね。
でも先ほど、天気予報を見たら・・・、明日は雨、そして雨が上がったら一気に冷え込む・・・そうで。
「また、冬かい(不愉快)?!」と思ったものです(笑)

たま駅長、有名ですよネェ!これぞ本当の『招き猫』ですネ!
そして”いちご電車”に”たま電車”、鉄道会社の『企業努力』に感心します。
しかしこの”たま駅長”がきっかけで、あちこちに動物の駅長さんが登場したのですよね。
それにしても「ここまでやるかぁ (゚o゚)?!」と思うほど、”たま駅長”一色ですね(笑)!

投稿: 慕辺未行 | 2012年3月31日 (土) 00時03分

慕辺未行さま
昨日の雨を境にまたまた寒くなりました。ほんと不愉快!ですね。

たま駅長は有名で人気者、ということがこの日行ったときに
駅にたくさんの人がいたことからもわかりました。
車で来ている人もいましたが、僕を含めて電車利用で来ている人が多く、
乗客増加に一役も二役も買っているといった感じです。
駅は「たま」一色なんですけど、しつこさというものはあまり感じず、
上手に「たま」を利用した販促をされているなぁと思いました。

投稿: Junjiro | 2012年4月 1日 (日) 21時23分

タマがいるだけの駅かと思っていたら
タマグッズがいろいろあって楽しめますね。
客寄せパンダではなくて、
客寄せタマですね。

中部国際空港も飛行機に乗らず
温泉などに来る人もあります。
関西空港も楽しめるのですね。

投稿: matsubara | 2012年4月 4日 (水) 11時04分

matsubaraさま
とにかく、たま一色の駅でした。
そのおかげで、僕がいていた間も常に駅に人が
たくさんいて、賑わっていました。

セントレアのように温泉はありませんが、
関空も楽しめますよ。
僕の場合、空港にいるというだけで
わくわくしてしまいます。

投稿: Junjiro | 2012年4月 4日 (水) 22時15分

私、岩泉線、乗ったことなくて、
乗りに行くの楽しみにしてたので、
とても悲しいです;

いちご電車とたま電車、乗ってきはったんですね!
いいなぁ。
駅舎も、耳ついてて、可愛いですね。
屋根の上に、駅名じゃなく、
「TAMA」て書いてあるのが、おもしろいです。

投稿: みるみる | 2012年4月 8日 (日) 00時47分

みるみるさま
廃線、いろんな事情があって仕方ないのかもしれませんが、
やっぱり寂しいものです。

いちご電車とたま電車、乗ってきましたよ~。
貴志駅はなにからなにまで、「たま」一色。
電車を待っている間も飽きないです。
みるみるさんもぜひ行ってみて下さいね。

駅舎の上の「TAMA」、コメント見て気付きました。
あんなにでかでかと書いてあるのに、現地では気付かなかった…。

投稿: Junjiro | 2012年4月 8日 (日) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/44693124

この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山・鉄道旅 ~後編:

« 和歌山・鉄道旅 ~前編 | トップページ | ぶらり日帰り鈍行の旅 »