« 映画ついでに | トップページ | 会津・伊豆の旅~その⑥/最終回 »

2012年3月20日 (火)

日帰り京都観光

春分の日、いかがお過ごしでしょうか。
”暑さ寒さも彼岸まで”なんて言われるんで、ようやく暖かくなりそうですね。

今日の午前中は青空が広がって、日なたにいるとポカポカsun
「春だ!」ってことでタイヤを冬用から交換しました。

でも昼からは雲が広がってきましたcloud
そして明日の天気予報を見ると、なんかsnow←こんなマークが出てましたdown

えっと、snow←これってなんのマークでしたっけ???
と、ちょっと現実逃避してますsweat02

さて、実は昨日お休みをいただきまして日帰りで京都観光してきました。
昨日休んで4連休なんですが、日帰りです。
いつも土日で強行軍な旅をするのに、4連休とかなっても2泊とか3泊の
旅行にいったりすることはほとんどないですねぇ。

では、昨日の観光の様子をご紹介します。

今回は電車を利用して京都へ移動。
しかも特急は利用せず、鈍行で向かいます。

18きっぷの時期だからか平日だからか、普段の土日より
少し多い乗客とともに福井から3時間半ほどかけて京都駅へ。

滋賀県の北部では雨が降ってましたけど、京都は晴れてました。

まずは京都駅で近鉄に乗り換えて竹田駅へ。
そこから市バスに乗って、1つ目の行き先、「城南宮」にやってきました。
232001



ここはこの時期、梅で有名で、ちょうど満開といった感じでした。
232002

232003



たくさんの梅が満開に咲いていて、壮観って感じですし、
お庭の中は梅の香りがただよっていて鼻でも楽しめます。
232004

232005

232006



苔~heart04
文字通り、モスグリーンですね。
232007



梅だけでなく、椿もたくさん咲いていました。
ちなみに開催されていたのが「しだれ梅と椿まつり」って名前です。
232008



城南宮で梅を堪能した後、今度は”京都らくなんエクスプレス”という
バスに乗って京都駅へ戻ります。

そして京都駅から歩いて向かったのが2つめの行き先、「京都水族館」です。
先週、3月14日にオープンしたての新しい名所です。
232009


上の写真にも写っていますが、平日だというのにたくさんの人がいました。
長蛇の列の最後尾には「待ち時間90分」の立て札がcoldsweats02

そんな列を横目に、オイラはそのまま入口へnote
実は京都駅からここへ来る途中に、ローソンに寄って
チケットを買ってたんですよね。
少し遠回りだったんですけどローソンで買ってきたのは
"入場料が100円安くなるから"ってことだったんですけど、
列に並ばずに入れたのは思わぬ副産物でしたhappy01


中も混雑はしてましたけど、それなりにゆっくりと見て回れました。
232011

232012

232013

232016



ペンギンさんはカメラが珍しいのか、カメラを向けると
めっちゃ見てきました。
232014



ガン見されてますeye
232015



人が多かったので、イルカパフォーマンスは見ずに出てきました。

出てくるとさらに入場待ちの時間が長くなって、150分待ちになってましたcoldsweats02
232010

ローソンでの前売り券、100円安くなくても、むしろ高くても買う価値ありですね。


水族館の近くの七条大宮のバス停から市バスに乗って四条大宮へ。

お昼の時間帯になったんで、ちょっと観光は置いておいて餃子の王将へ行きました。
232018

この四条大宮の王将、一番最初の「餃子の王将」のお店です。
上の写真にも「1号店」って書いてありますし。
・・・って、いつから”1号店”ってなったんだ?
たしか”四条大宮店”だったと思うんですけど。

久々に来た四条大宮の王将、たぶんリニューアルしてから
初めてじゃないかなぁ。活気があってよかったです。


さて、腹ごしらえもできたので、四条大宮から市バスに乗って
四条通を東へ、四条高倉で下車します。
距離はわずかですけど市バスを使っているのは、この日は
市バスの1日乗車券を使ってたからです。
232017

均一区間内が1日乗り降り自由で500円。
普通に乗ると1回220円なんで、3回乗ると元が取れます。

この日はこの後も、普段なら歩くような距離もちょいっと
市バスを利用してました。お得に移動時間を短縮できて、
市内を効率的にまわることができますhappy01


四条高倉でバスを降りてやってきたのは大丸。
3つめの行き先として、6階にある大丸ミュージアムで、
この日まで開催されていた「宮沢賢治・詩と絵の宇宙」を見てきました。
232019

一時期、宮沢賢治さんの作品を集中的に読んでいた
ことがあります。悲しい終わり方をする作品もあって、
印象に残るものが多いです。


その後は、大丸内にある風月堂さんでスイーツを堪能delicious
232020



この後、寺町通りをぶらぶらしていくつか神社やお寺をまわった後、
鴨川を渡って祇園白川へ。

あと4週間ほどもすれば桜の季節になって大勢の人で賑わう
巽橋付近も人は閑散としてました。
232021



その後、ぶらぶら歩いてやってきたのは「デゴイチ」さん
時刻はまだ16時。ちょっと、というかかなり早めの晩御飯にしますrestaurant
232022

鉄道模型カフェ・バーです。
2階へあがって、エレベータの扉が開くと、
目の前にジオラマがでーんって横たわってます。

オイラ、鉄道すきではありますが、こういう所へ来るのは初めて。
目の前を模型の列車が走っているのを見ながら食べるのは
なんとも新鮮な感覚でした。
232023

232024



晩御飯も食べて最後の目的地、の前に少し時間があったので、
市バスに乗って平安神宮へ行ってきました。
232025


しばらく境内や辺りをぶらぶらと歩いた後、またまた
市バスで知恩院前まで戻ってきました。

18時前になってだいぶん暗くなってきました。
232026



そして最後の行き先は花灯路です。
知恩院の山門前でちょうど18時になり行燈に灯が入りました。
232027

232028



ここから南へと歩いていきます。
232029



円山公園の枝垂れ桜。当然まだ花は咲いていません。
232030



徐々にあたりも暗くなってきて、雰囲気が出てきます。
花灯路の会場は三条あたりから五条あたりまで
結構広いんですが、オイラはその真ん中あたりだけ
まわってきました。
232031

232032

232033

232034

232035


いつも花灯路の写真を撮って回ると寒くて仕方ないんですが、
この日はちょっと暖かめで、それほど苦にはならなかったです。

この後は、市バスで京都駅へ移動し、帰りは特急で福井へ帰ってきました。


日帰り観光でしたけど、一日中いろんなところを見て回って
充実した一日でした。花粉も大量にあびて大変でしたけどねcoldsweats01

|

« 映画ついでに | トップページ | 会津・伊豆の旅~その⑥/最終回 »

コメント

城南宮は、曲水の宴で有名ですね。
20年前歌の友人と桜のシーズンにでかけました。
梅の方が素晴らしいのですね。
円山公園と平安神宮の桜の方は、これは母と行きました。

水族館も出来ているのですね。
孫と動物園のペンギンを見ていたのですが
名古屋で・・・しかし、逃げられてしまい
こんな写真は撮れなかったです。

知恩院も昼しか知らないのでこんな
行燈は見ていません。花灯路も夜ですから
見られませんね。日帰りですからいつも。

餃子の王将は岐阜にもありますが、
京都が発祥とは知りませんでした。
宮沢賢治は、いつでもどこでも
人気がありますね。

多彩な写真を見せて頂きありがとう
ございます。

投稿: matsubara | 2012年3月21日 (水) 08時27分

matsubaraさま
城南宮に平安神宮、円山公園に知恩院と、ほとんどまわられたんですね。
水族館は先週オープンしたとこで、人がたくさんでした。
動物写真は思うように撮れないですよね。なかなか難しいです。
花灯路、今回は日帰りで行きましたので、ちょっと無理をすれば
行けなくはないと思いますが、やっぱり駆け足で見て回るって感じに
はなってしまいます。

投稿: Junjiro | 2012年3月21日 (水) 22時21分

こんばんは (◎´∀`)ノ
ご出身が京都のJunjiroさんが日帰りの京都旅行・・・、こういうのも「あり」ですね。
何しろ京都!見どころ豊富ですから!
城南宮のしだれ梅、まさにちょうど”満開”ですね。
今年は梅の開花がかなり遅れていて、桜との共演も期待できそうと思うのです。
京都水族館オープンのニュースは、こちらでも報道されていました。
また一つ、新たな名所の誕生ですね。
餃子の王将の1号店が京都なのは、ついこの間、ブログ仲間の方の記事で知ったばかりです。
さらに・・・、つい先ほど訪問した京都在住の方のブログ、そちらでも平安神宮や知恩院・・・、などが紹介されていました。
でも昼間と夕暮れ時、時間が違うせいか雰囲気も違うように感じます。
最近、鉄道ジオラマのお店、各地に少しずつ出来ているのかな?名古屋にも、このような喫茶店があると聞きました。
「どうしても・・・」というわけではありませんが、行けばかなり楽しめるお店でしょうね。

投稿: 慕辺未行 | 2012年3月21日 (水) 23時48分

さすがは京都を熟知されているjunjiroさん、城南宮と言う場所があること自体知りませんでした。
梅、今の時期本当見頃ですよねえ。俺も余裕があれば、どこか近場でも良いから見に行きたいものです。
京都水族館、早速行かれたんですね。ペンギンのガン見に萌え~ですww
花灯路の雰囲気、いいですね。京都の夜を味わうには是非花灯路は行ってこの目でみたいものです。
1日かけて、宮沢賢治に水族館に寺院巡り&食事の数々。かなりの充実した1日だったことと思います。

投稿: 大樹 | 2012年3月22日 (木) 00時27分

慕辺未行さま
せっかくだし実家にも帰ろうか迷ったんですが、そのまま福井へ帰ってきました。
梅と桜の共演。確かに梅は遅れているようですので、もしかすると実現するかも
しれませんね。
餃子の王将、京都発祥というのはあまり知られていないようですね。
僕の場合は親の実家が四条大宮の近くなので前から知っていましたが、
京都の人でも意外と知らない人も多いかもしれませんね。
鉄道ジオラマのあるお店、今回初めて行ってきたのですが、
なかなか楽しめましたよ。

投稿: Junjiro | 2012年3月22日 (木) 22時46分

大樹さま
城南宮は、場所も市内の南の方ですし、ちょっと不便な
場所ですので、あまり有名ではないかもしれませんね。
今年の梅は遅れ気味のようですので、今が見頃のようです。
大阪でしたら大阪城などが有名ですね。
京都水族館、せっかくですから行ってみようと思って
行ってきましたが、やはり人が多かったです。
今年の春の花灯路は終わってしまいましたが、機会があれば
ぜひ訪れてみて下さい。

投稿: Junjiro | 2012年3月22日 (木) 22時52分

早速、行かれたんですね、水族館!
ガン飛ばしてる、ペンギンさん、可愛いですね(笑)

宮沢賢治さん、お好きなんですね。
私は、「注文の多い料理店」と教科書にのってる「やまなし」ぐらいしか、
読んでませんが、
独特のオノマトペがいいですよね。

鉄道模型カフェ・バー、雑誌で見て気になってたんですよ。
私も、実家に帰った時、行ってみたいです。

投稿: みるみる | 2012年3月23日 (金) 01時28分

みるみるさま
さっそく京都水族館に行ってきましたよ。
平日ならすいているかなと思ってたんですけど、大混雑でした。
宮沢賢治さんの作品と、岩手のいくつかの場所を絡めたCMを見て、
宮沢賢治さんの作品に興味を持ったことがあって、いろんな
作品を読んだことがあります。
鉄道カフェ・バー、晩はバーになるので、どんな感じか
わかりませんが、夕方訪れた時はお客さんも少なくてゆっくりと
食べたり模型を見たりすることができましたよ。
機会があればぜひ訪れてみてくださいね。

投稿: Junjiro | 2012年3月24日 (土) 09時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/44566401

この記事へのトラックバック一覧です: 日帰り京都観光:

« 映画ついでに | トップページ | 会津・伊豆の旅~その⑥/最終回 »