« 会津・伊豆の旅~その② | トップページ | 会津・伊豆の旅~その④ »

2012年3月 5日 (月)

会津・伊豆の旅~その③

こんばんは。
今日は二十四節季の一つ、啓蟄ですね。
暦の上ではだんだんと春になってきてますね。

暦の上だけでなく、実際に少しずつ暖かくなってきているような
気もします。土から出てくる虫じゃないですけど、昨日はオイラも
久しぶりに自転車でお買い物に行きました。
ほんと久しぶりで、筋肉痛になっちゃいました…。
運動不足にも程がありますねsweat02


さてさて「会津・伊豆の旅」の続きです。
その①その②

会津若松城をあとにし、30分ほど歩いて西若松駅に到着
230501_2




ここから会津鉄道、野岩鉄道、東武鉄道を乗り継いで東京・浅草を目指します。
所要時間は約6時間…。遠いですねぇcoldsweats01

旅行の計画をたてる時、最初は会津若松から磐越西線で郡山まで
でて、新幹線で東京へというルートを考えてたんですけど、
せっかくなんで今まで乗ったことのないルートでと思って
このルートにしました。景色も良さそうですし、私鉄の乗りつぶしも
できますしね。


駅に着いて、程なくやってきた列車に乗って出発です。
雪の中を進んでいきます。
230502




途中駅の芦ノ牧温泉駅。
ベンチにはこの駅の名物駅長、ネコ駅長の「バス」の写真がありました。
230503

残念ながらこのときは姿を見ることができませんでしたdown



だんだんと山あいに進んでいきます。
230504



湯野上温泉駅。立派なつららです。
230505



塔のへつり駅
230506




西若松駅から1時間ちょっと。会津田島駅に到着
230507




乗り換えに少し時間があったので駅前に出てみると
「SL展示場」の案内が
230508



で見に行ってみると・・・
230509

シートに覆われていました。残念wobbly

でも、雪の中に放置されているんじゃなく、こうして雪の季節には
シートをかぶせてもらって、きっと大切にされているんでしょうね。


会津田島駅を出てすぐに車窓に、元名鉄の車両が見えました。
230510

名古屋鉄道から移籍してきて、優等列車として活躍していたようですけど、
最近、運用から退いたようですね。


会津田島駅から約1時間。新藤原駅で乗り換えです。
230511



会津若松からずっと雪景色です。
新藤原駅ではしんしんと雪が降っていて、しかも夕暮れ時で薄暗くなり、
なんとなくさみしい気持ちになります。

そして新藤原からは乗り換えなしの3時間、浅草駅に到着。
深夜の福井出発の旅行だっただけに道中はかなり寝てましたsleepy


浅草に着いたのは19時半。辺りはもう真っ暗です。
230512

さすがに東京では雪ではなく雨になってました。
この日は、ここからさらに横浜まで移動してホテルで宿泊。

長~い一日が終了です。


(続く)

|

« 会津・伊豆の旅~その② | トップページ | 会津・伊豆の旅~その④ »

コメント

すごいですね。
一気に会津から横浜まで東武沿線一気に制覇ですね。
俺は途中の湯野上温泉から大内宿に行ってきました。
私鉄で一気に関東から南東北まで続いているというのは本当すごいですよね。
近鉄も大概すごいですが、さすがは東武シリーズww

投稿: 大樹 | 2012年3月 6日 (火) 21時55分

大樹さま
大内宿は何年か前に車で訪れました。とてもいい場所ですよね。
雪の大内宿もとても惹かれたのですが、時間の都合もあって行けませんでした。
私鉄で関東から南東北。やっぱりすごいと思いますよね。
私鉄で会津へと行けることを知ってから、ずっとこのルートを乗り通して
みたいと思ってました。

投稿: Junjiro | 2012年3月 6日 (火) 22時50分

こんばんは (^o^)/
まず初めに、いつも感心するのが二十四節季をよくご存知だナァ、ということです。
ホントいつもブログを拝見し、「今日は○○だったんだぁ」と気づかされます。
で、昨日は啓蟄だったのですね。でも今年は例年になく寒さ厳しく、虫たちも『春はまだ』と思っていることでしょう。
はてさて・・・(^_^;; 、旅の話ですね。
会津は訪れたことはないのですが、それぞれの地名は旅番組で見たことがあります。
『塔のへつり駅』も『会津田島駅』も記憶にあります。でも、ネコ駅長は・・・(・_・ハテ?
SL、雪深い土地柄だけに、大切に保存されているのですね。
雪ざらしでは錆びてきたり、雪が固まって凍結したら各部品へも影響大でしょうから!
私も同感です。
そして・・・、名鉄の『北アルプス号』の車両ですね。会津鉄道でも、役目を終えたのですね。今後の運命は・・・?

投稿: 慕辺未行 | 2012年3月 7日 (水) 00時02分

計画そのものがすごいですね。
こんなにあちこち回られて・・・
我々の三回分くらいです。

あの名鉄の車両はほとんど見たことが
ありません。本線には走っていなかったのかしら。

私鉄まで乗りつぶしとは・・・
大変そうですが面白そう・・・

東京の人の話に寄れば
東京の私鉄はつまらないけど
関西は変化に富んで面白いとか・・・

投稿: matsubara | 2012年3月 7日 (水) 07時57分

慕辺未行さま
以前は二十四節季も全然知らなかったのですけど、ブログを始めてから
話のネタとして気にするようになりました。会話で、とりあえずの話題として
天気のネタを話すのと似てるのかなと思います。でも、二十四節季とかを
気にするようになってから季節の移り変わりに気が向くようになりました。
さてさて旅の方は、一気に関東です。
塔のへつりは有名ですよね。数年前に会津を旅行した時は訪れました。
名鉄の「北アルプス」の車両、このあとどうなるんでしょうね。

投稿: Junjiro | 2012年3月 7日 (水) 20時58分

matsubaraさま
いつもながらめちゃくちゃな旅です。
そもそも「会津・伊豆の旅」ってタイトル、この地名の組み合わせが変ですしね。
私鉄乗りつぶし、機会があれば乗りつぶし率を伸ばそうとは思ってますが、
完乗は目指してないですよ。JRだけで十分です(汗)
関西の私鉄、面白いんでしょうかなぁ。普段から乗ってたから
そんなこと思ったことなかったんですけどねぇ。

投稿: Junjiro | 2012年3月 7日 (水) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/44382468

この記事へのトラックバック一覧です: 会津・伊豆の旅~その③:

« 会津・伊豆の旅~その② | トップページ | 会津・伊豆の旅~その④ »