« 会津・伊豆の旅~その① | トップページ | 会津・伊豆の旅~その③ »

2012年3月 4日 (日)

会津・伊豆の旅~その②

日曜の夕方。そろそろ気分が憂鬱になってくる頃、いかがお過ごしですか?

今日の昼、「マルちゃん 正麺」を食べました。
役所広司さんが出演されているCMで、”しばらく立ち去りがたい雰囲気です”って
のがちょいと気になりまして、食べてみることにnoodle
230400


食べて思ったのは、オイラ、このタイプの即席麺って、あまり食べたことがないんで、
他と比べておいしいのかどうかわからないsweat02

で、一人で食べてるんで、「おいしかったねぇ~」とか言う相手もいないしsweat02sweat02


ま、気が向いたら皆さんもお試しください。

さて、前回から始めた「会津・伊豆の旅」、第2回です。
前回

ラーメンを食べたあと、喜多方駅に戻ってきてしばらく待っていると
会津若松行きの列車がやってきまして、それに乗って約15分、
会津若松駅に到着です。
230315

駅前には大きな”あかべこ”がいました。
なんか愛嬌がある顔してますねhappy01
230316

さて、雪が降る中ですけど徒歩で出発


ここ会津若松は野口英世さんゆかり地です。
230317

230450

そして駅から15分程歩いてやってきたのは「会津壱番館」さん
230318

230319

この建物、野口英世さんの手の手術をした渡部鼎先生が
開業していた「会陽医院」という病院だったところだそうで、
今は喫茶店になってます。

さっそく中に入ってケーキのセットをいただきました
230320

この絵、かわいくていいですね
230321

この建物の2階は、野口英世さんが住み込みで勉強されていた
ところで、今は「英世青春館」となって資料などが展示されています。

ということで、ケーキのセットをいただいた後、2階も見せていただきました。
ちなみに入館料は100円です。

2階はこんな感じ
230322

「ここで野口英世が勉強したんだよ!」と、ドコモ東北のCM「娘の決意」篇で
宮﨑あおいさん演じる澤田菜穂子が言ってた机です。
230323

と言っても、そのCMってわからないですよね…。
気になる方はネットで調べてみて下さい。
たぶんどこかに動画があるんじゃないでしょうか。



青春館も見た後、次に向かったのは会津若松城。
15分ほど歩いて到着です。
230401

もともと白い部分の多いお城ですけど、この雪で石垣や屋根も
白くなって、全体が白くなってました。
さらには空も白っぽい雲に覆われているので、白黒写真のような
感じになってしまいますね。
230402_2

230403

230404

230405

会津若松は今回で3度目の訪問になって、先ほどの英世青春館は
3回とも訪れてたんですが、この城は今回が初めての訪問。

中にも入りたかったんですけど、列車の時刻もあって、外から
眺めるだけで城をあとにして、またまた歩いて西若松駅を目指します。

(続く)

|

« 会津・伊豆の旅~その① | トップページ | 会津・伊豆の旅~その③ »

コメント

こんばんは ヽ(´▽`)/
喜多方から会津若松ですね。
そうか、野口英世ゆかりの地でもあるのですね。これはちょっと”盲点”でした。
ブログ仲間で、ご実家が会津若松の方がいて、帰省されるたびに、会津を紹介して下さるのですが、
野口英世に関しては、聞いたことはありませんでした。
会津若松城って、鶴ヶ城のことですよね?どちらの名がふさわしいのでしょうね?
雪に覆われたお城もまた一段と美しいですね。

投稿: 慕辺未行 | 2012年3月 4日 (日) 23時31分

こんばんは。俺も数年前、新潟から喜多方、会津廻ってきました。その時は東山温泉に泊まりました♪
冬の東北、雪景色を見るのは良いんですが、寒さが苦手な俺はなかなか冬の東北、北海道に足が向きません。。。

投稿: 大樹 | 2012年3月 5日 (月) 01時58分

東京にいたときですから
ここは車で行きましたので、
駅周辺は知りません。
いろいろ野口英世に関係する
スポットがあるのですね。
英世の生家と会津若松城だけ
しか行けませんでした。
20年前でまだ喜多方ラーメンは
知らなかったのです。

昨日書き忘れましたが、
テンプレートは貴重な春の青森の
雪ですか。めったに見に行けませんね。

投稿: matsubara | 2012年3月 5日 (月) 13時21分

慕辺未行さま
会津若松と野口英世、地元ではあまり有名じゃないのでしょうか…、
とも思いましたけど、通りの名前になっていたりもしますので、
そんなことはないでしょうね。
お城の名前、現地でも案内などに両方の名前が書かれていて、
どちらが正式な呼び方なのかは分からないです。
「鶴ヶ城」という呼び名の方が有名な気もしますし、
「会津若松城」と言った方が、全国的にはどこのお城か
わかりやすいような気もしますし。
雪に覆われたお城、見学しに行くにはちょっと大変ですけど、
とてもきれいでしたよ。

投稿: Junjiro | 2012年3月 5日 (月) 22時48分

大樹さま
こんばんは。
大樹さんも同じようなコースで回られたのですね。
同じく寒さには弱いのですが、冬こそ寒いところを
訪れてみたいとも思うのですよね。なので冬の北海道も
なんどか訪れてます。やっぱ、ものすごく寒いですけどね…。

投稿: Junjiro | 2012年3月 5日 (月) 22時50分

matsubaraさま
福島というと京都や福井からは遠いのですけど、
東京からですと車で行こうという距離なんですね。
野口英世さんに関するスポット、探すともっといろいろ
あると思います。
テンプレートの写真、当時は京都に住んでいた僕にとっては
貴重な景色でしたけど、豪雪な年でしたので、地元の方々に
とってはうんざりだったと思います。今は僕も雪が多いと
うんざりですねcoldsweats01

投稿: Junjiro | 2012年3月 5日 (月) 22時56分

こんばんは(。・ω・)ノ

タイトルの列車、渋くていいですねぇ。

会津には、何度か行きましたが、
降りて散策は全くした事がなかったです。
いろんな観光スポットがあるんですね。

なかなか、いい雰囲気の喫茶店ですねぇ。
喜多方ラーメンも食べたことないので、
次はいろいろ散策してみたいです。

投稿: みるみる | 2012年3月 5日 (月) 23時11分

みるみるさま
こんばんはmoon3
津軽鉄道のストーブ列車、渋い外観でしょ。
外観だけでなく車内もいい感じの車両ですよ。

この次に会津に行かれる時には、ぜひ会津若松の散策や
喜多方ラーメンを楽しんでみて下さいね。

投稿: Junjiro | 2012年3月 6日 (火) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/44363204

この記事へのトラックバック一覧です: 会津・伊豆の旅~その②:

« 会津・伊豆の旅~その① | トップページ | 会津・伊豆の旅~その③ »