« 東へ西への旅 ③~東京タワー | トップページ | きのこ派? たけのこ派? »

2012年5月10日 (木)

東へ西への旅 ④~787

こんばんは。
今日の福井ちょっと肌寒かったです。

なんか黄砂飛んでますかね…。目がかゆくてたまりません。
しかも車がやたらと汚れてます。1週間ほど前にきれいに洗ったとこなんですけどねdown

前にも書いたような気がしますが、車って外で使うものなんで基本的に
汚れてあたりまえって思ってるんですけど、黄砂の汚れだけは
なぜかものすごく不愉快なんですよ。

さて「東へ西への旅」の続きです。
前回は東京タワーを満喫して浜松町駅まで戻ってきたところでしたね。
(前回: その③

浜松町駅からは、今度はモノレールに乗車。
やってきたのは羽田空港
251001



これから乗るのはこちら
251002

ANA595便、松山行き。
いよいよ”東”から”西”へと移動です。


で、なんでわざわざ東京へ行ってから松山へ行くんや?
っていう意味不明な旅の行程なんですけど、オイラにとっては
意味があるんですよね。

その意味とは、今回搭乗するのがこちらの飛行機airplane
251003

機体にでかでかと書いてある”787”の文字。
飛行機に興味のない人にとっては「???」って感じだと
思いますが、こちらボーイングの最新鋭旅客機の787。

といっても昨年11月から国内線に就航しているんで、
今更ってところですけど、オイラは初めての搭乗です。

ちなみにボーディングブリッジではなくバス移動してタラップからの
搭乗でした。なので飛行機を間近に見ることができます。
タラップ使用の場合、ちょいちょいと機体の写真を撮っている人を
見かけますが、このときはたくさんの人が写真を撮ってました。
やっぱ787だからですかね。


で、機内に入ると通路の天井が虹色
(前方ドアが開いているときに撮影)
251004

定刻より少し遅れて16:36にプッシュバック、
16:51にD滑走路から離陸。


びっくりする程ってわけではありませんが、
従来の飛行機と比べて静かですね。
251005



飛行機には詳しくないんで、細かな仕様や従来機との違いとかは
よくわかりませんが、そんなオイラにもぱっと見でわかったのが
窓の日除け。
251006

今までのようなシェードがなくて、窓の下にあるボタン(上の写真の右下)を
ポチポチ押すと、窓が黒く曇っていきます。曇り具合も何段階か調整が可能。

あっ、そうそう、通路の天井のレインボーカラーの照明も今までの
飛行機との違いですね。


兵庫県辺りを飛行中
251008

でも眼下には雲が広がっていて地上の様子は見えません。
251007

そうこうしているうちに17:52に最終着陸態勢に入り
18:10に松山空港のランウェイ32に着陸。

外はだいぶん暗くなってます。
251009

松山空港からバスで松山駅へと移動
251010

駅近くのホテルにチェックイン。


今回の「東へ西への旅」、787に乗るのが目的で、
まずこの飛行機に乗ることを軸に、前後の旅の
行程を決めたわけでして、言ってみればこれで
旅の目的は果たしてしまったわけなんですが、
せっかくの旅行ですので、この後も観光をしてきました。

(つづく)

|

« 東へ西への旅 ③~東京タワー | トップページ | きのこ派? たけのこ派? »

コメント

飛行機の事は全く知らないので、
ボーイング787も「?」でしたが、
レインボーの照明は綺麗ですね!
今度、羽田に行ったら探してみますね。
私、モノレール、めっちゃ好きです。

私はいつも、単純な行程ばかりですが、
こういう、東へ西へな行程も、
楽しそうですねぇ。

投稿: みるみる | 2012年5月11日 (金) 00時17分

羽田からまさかの松山ですか。すごい行動力です!
787俺も一度は乗ってみたいですね。JAL派ですがJALも787飛ばしているので
そのうち大阪線にも就航すると思うのでその時のお楽しみかな。

投稿: 大樹 | 2012年5月11日 (金) 22時27分

こんばんは (◎´∀`)ノ
”鉄ちゃん”を卒業して30数年、飛行機のこととなるとなおさら「???」なのです (^_^;;
”ボーイング747”が通称”ジャンボ”と呼ばれていたことぐらいは知っていますが・・・(笑)
天井がこんな虹色で、ブラインドは今やスイッチ一つで調節可能なものだとは (゚o゚)スゲェ!
松山ですね、次回は?!楽しみにしています (^_^)!

投稿: 慕辺未行 | 2012年5月11日 (金) 23時54分

みるみるさま
こんな照明、素敵ですよね。
でも、空港で乗り降りするときだけこのような色になっていて、
その他は普通に白い色をしていました。

モノレール、僕も好きなんですよ。
なんか未来的な乗り物って感じがするし、だいたい乗る時は
大阪でも東京でも空港へ行くときで、これから旅に出るぞって
気持ちになってることが多いので、なんかワクワクします。

まぁ、こんな西へ東へと移動する旅って、かなり特殊ですけど
移動そのものを楽しむなら、こんなのもアリかなと思ってます。

投稿: Junjiro | 2012年5月12日 (土) 00時12分

大樹さま
得意の予想できない行程です。って、誰もこんな行程はアホらしくて
思いつかないですよね。
787、大阪線に就航した際にはぜひ乗ってみて下さいね。
なんだかいろいろと従来機とは違って面白いですよ。

投稿: Junjiro | 2012年5月12日 (土) 00時20分

慕辺未行さま
鉄道は比較的身近な存在ですけど、飛行機はそうじゃないですから、
なかなか分かりづらいかもしれないですね。
ジャンボは外見が他の飛行機と全然違うので、ぱっと見ただけでわかりますけど、
それ以外の飛行機って、なかなか区別がつかないですよね。
787、天井の照明も通常は白色なんですけど、乗り降りするときはこんな風に
虹色になってました。そしてブラインドが今までのように板を上下させるのではなく、
窓そのものが黒い曇りガラスのようになるのが、すごくハイテクって感じでした。

投稿: Junjiro | 2012年5月12日 (土) 00時25分

国外の飛行機より日本の方がハイテクで
楽しそうですね。何か国かの飛行機会社の
ものに乗りましたが、窓の明るさまで
調整できるものはなかったです。
それよりうっかりロシアや中国のものに
乗ると命が危ないです。

投稿: matsubara | 2012年5月12日 (土) 15時51分

matsubaraさま
この日除けのシステムを見た時は、"さすが最新鋭機、ハイテクだなぁ"と
思いましたが、機体や操縦システムも相当ハイテクなんだと思います。
ボーイングの次期中型機で、海外の航空会社も発注しているようですので、
そのうち海外のいろいろな航空会社でも787に乗れるようになると思いますよ。

そんなにハイテクでなくても、安心して乗れる飛行機であれば、
それだけで文句はないんですけどね。命が危ないっていう
飛行機は勘弁してほしいです…。

投稿: Junjiro | 2012年5月12日 (土) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/45212506

この記事へのトラックバック一覧です: 東へ西への旅 ④~787:

« 東へ西への旅 ③~東京タワー | トップページ | きのこ派? たけのこ派? »