« 佐渡旅行 ③~佐渡金山2 | トップページ | 佐渡旅行 ⑤~帰路(最終回) »

2012年6月 8日 (金)

佐渡旅行 ④~佐渡島

こんばんは。

今日は西日本の広い範囲で梅雨入りしたようですね。
北陸はまだのようですが、福井は雨が降ってますrain

そんな福井も今日は気温が上がって、福井市内は真夏日だったようです。


さてさて佐渡旅行は前回、佐渡金山の道遊の割戸や産業遺構的な
ものを見てきて、今回は次の目的地へと向かいます。
(前回: その③

といっても、次の目的地も佐渡金山関連の場所で、
坑道などのあった場所から西、海に近い場所にある
”北沢地区”へとやってきました。
260801

どんなふうにして金を作っていたのかわかりませんが、
前回訪れた場所が鉱石を掘り出す場所で、今回の場所は
それを精錬などの処理をする場所の跡ようで、建物や設備が
風雨のさらされてます。


鋳造工場の跡、だったかな…。
260802



50mシックナー跡
260803

と言われても、見た目じゃなんかよくわからないです。
シックナーと言われると、廃水処理で凝集沈殿で使う
円筒形のものをイメージしてしまうんですけど、そんなのとは
全然違う感じです。


敷地を2分するように流れている川に架かる橋。
この橋の上も歩いたんですけど、よ~く見ると、なんか歪んでない??
260804


そうそう、つくしがやけに多かったです。
260805

260806



巨大なシックナーとかも目をひきますが、
圧倒的な存在感があるのがこちらの浮遊選鉱場跡
260807

260808

260809



もう、朽ちるに任せているという感じで、かなり崩壊しています。
260810

260811

260812


オイラ、こういう廃墟に興味があると言うか惹かれるんですよね。
対馬へ行った時の砲台跡なんかもそうです。

でも、廃墟の写真集なんかも出てたりするくらいなんで、
同じような人もそこそこいるのかもしれませんね。



ちょっと移動して上から見える場所にきました。
260813

260814



奥に写っているのが、50mシックナー跡。
確かに上から見たらシックナーって感じですね。
260800

とにかくかなりの迫力。
そして、”兵どもが夢のあと”って言葉が自然と思い浮かびました。
260815



この後は両津港へ戻るんですが、往きと少しコースを変えて復路は
ちょっと海沿いを走ってみました。

青空が広がっていますhappy01
260816

260817


対馬の暴風、大島の雨&霧、福江島の吹雪、直島の暴風雨と、
”島”に行くと悪天候というジンクスがありましたけど、今回の
佐渡島では一日青空が広がっていて、ようやく呪縛から解かれました。


というか、天気のいい日を選んで旅行に出たと言った方が正しいかも。
今までは飛行機や鉄道を利用しての旅だったんで、ある程度前から
旅行する日が決まっていたので、天気が悪くても変えようがなかったん
ですけど、今回は新潟までマイカー移動だったんで、船とかの時刻とか
調べてスケジュールだけ決めておいて、旅の実行日は天気見て決定って
いうことができたんで、晴れていて当たり前なんですけどね。


佐渡といえばトキ。
ってことで「トキの森公園」という所にも寄ってきました。
260819

人が途切れた一瞬を狙って写真を撮りましたが、
大型観光バスもやってきたりで、たくさんの人で
賑わってました。

あっ、ちなみにオイラ、中には入りませんでしたcatface


そして両津港へ戻ってきました。
260820


余裕をもって戻ってきたので、船の出発まで1時間程あったので、
早朝出発の疲れもでて、待合室で爆睡してましたsleepy


そして、船の出発時刻。帰りもジェットフォイルです。
260821

約6時間の佐渡滞在。
ひたすら金山関係の場所を訪れていたって感じです。


もちろん船の中でも爆睡sleepysleepy


新潟港に戻ってきて、駅近くで晩御飯を食べてから、ホテルにチェックイン。
この日はとっとと寝て、1日目終了です。

(つづく)


|

« 佐渡旅行 ③~佐渡金山2 | トップページ | 佐渡旅行 ⑤~帰路(最終回) »

コメント

なぜ対馬や佐渡に行かれるか理由が
分かって来ました。古い遺跡が
お好きなのね。そういえば似た
ものが碓氷峠にもありましたね。

いろいろ趣味が違うと変わったものが
拝見出来ます。私なら朱鷺見たい
ですが・・・

投稿: matsubara | 2012年6月 9日 (土) 20時44分

こんな場所もあったんですね。
ここは僕は行かなかったんで、すごく新鮮な感じ♪
廃墟跡、、傍で見たら迫力ありそう!
シックナーって何?と思いましたが、文章からイメージは分かりました♪
トキの森公園、中入られなかったんですね。
トキもゲージに囲まれた状態だったので遠目でしか見れなかった記憶が。。。

投稿: 大樹 | 2012年6月 9日 (土) 23時21分

こんばんは (◎´∀`)ノ
佐渡金山へ行ったことがあるのは、先日のコメントに書きましたが、こちらは全く知りませんでした。
金山で掘った後、抽出・精錬する作業が必要ですから、このような施設があったのでしょうね。
廃墟といえば廃墟ですが、今はしかるべき管理者がいて、保存に尽力されているのでしょうか?
金山とともにこれも貴重な歴史遺産だと思います。
言われてみれば確かに、Junjiroさんの旅の目的地にこのような廃墟や廃線された線路や鉄橋・・・etc
多いですね。
『温故知新』という言葉があるように、そのような旅、とても素晴らしいと思います。
ブログを拝見する私にとっても、「ヘェーッ!」と知られざる世界を知ることが出来て、面白いです。

投稿: 慕辺未行 | 2012年6月 9日 (土) 23時33分

matsubaraさま
そうなんですよ、遺跡というか廃墟というか、そういったものが
好きなもので、そういうところへ行くことも時々あります。
対馬の時はたまたま見つけたのですが、今回の佐渡は、この
場所へ行きたいと思ったのが旅を計画したきっかけでした。
浮遊選鉱場跡などを見て満足してしまって、朱鷺はパスしてしまいました。

投稿: Junjiro | 2012年6月11日 (月) 21時08分

大樹さま
ここはあまり大きく紹介もされていないこともあってか、
観光客も少なかったです。大きさももちろんですけど、
その構造物が朽ちゆく様は、そばで見るとほんと迫力がありますよ。
トキの森、入口からもゲージに入っているトキが見えたので、
ゲージに囲まれたものしか見えないならお金払ってはいらなくても
いいかなぁと思ってパスしちゃいましたcoldsweats01

投稿: Junjiro | 2012年6月11日 (月) 21時14分

慕辺未行さま
このような設備があるのも、当たり前といえばそうなのですが、
観光案内にしても鉱山の方ばかりが紹介されてますので、あまり
知られていないのかもしれませんね。
ライトアップされることもあるのか、投光機のようなものが
備え付けられていますが、朽ちるに任せていると言った感じで、
鉄筋がむき出しになっていたり、壁が崩れ落ちていたりなど、
かなり崩壊が進んでいるという感じでした。
廃墟や廃線、そこから何かを学び取ろうと言うような崇高な
考えがあるわけではありませんが、どことなく惹かれるものが
あって、ときどき訪れてます。

投稿: Junjiro | 2012年6月11日 (月) 21時21分

いいですねぇ!!!
こういうの、私もめっちゃ惹かれます。

かなり壮大ですねぇ。
これは、テンションあがりそうです。
機関車に廃墟に、盛りだくさんですね。

投稿: みるみる | 2012年6月15日 (金) 23時59分

みるみるさま
ですよね。こういうのって惹かれますよね。
かなり巨大で迫力満点でした。
ここを目的に佐渡に来たといっても良いくらい
だったので大満足でした。

投稿: Junjiro | 2012年6月17日 (日) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/45582255

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡旅行 ④~佐渡島:

« 佐渡旅行 ③~佐渡金山2 | トップページ | 佐渡旅行 ⑤~帰路(最終回) »