« 日帰りヨーデルの森 後編 | トップページ | 隠岐・境港の旅②~国賀海岸 »

2012年6月20日 (水)

隠岐・境港の旅①~隠岐へ

こんばんは。
昨日から今朝にかけて、台風が大荒れでしたが被害ありませんでしたか?
一難去ってまた一難って感じで、台風5号が日本めがけて向かってきてますね。

6月ってこんなに台風くるもんでしたっけ?


さてさてそれはさておき、先月行った旅の旅日記をスタートしましょう。
しかし、最近旅ネタばかりですね。

今回の行き先は隠岐と境港。
まずは車で境港へ行って、そこからは船で隠岐へと渡ります。

ということでまずは車で出発。

その出発時刻は午前0時半。
ブログに書いてる旅でも真夜中の出発は何度か紹介してますが、
回を追うごとに時刻が早くなってきているような。
今回の起床は日付が変わる前でしたからねsweat02

近くのマクドで腹ごしらえをして出発car


西方面へ行く時のいつものルートですが、
敦賀インターで北陸自動車道をおりて、国道27号を西進。
小浜インターから舞鶴若狭道にのって、中国道へと進みます。


加西サービスエリア
夜が明け始めてきました。
262001



さらに中国道を進み、落合ジャンクションから米子道へ。


大山パーキングエリア
262002



米子道の終点の米子まで行って、そこからは一般道で境港へ。
福井から6時間ほどかけて境港へ到着。

気持ちいいくらいに青空が広がってます。
262003



境港は、ゲゲゲの鬼太郎の作者の水木しげるさんの出身地ということで
鬼太郎での町おこしで有名ですね。


街灯は目玉のおやじ
262004

道に沿ってゲゲゲの鬼太郎に登場するキャラクターの像があります。

ぬらりひょん
262005

いろいろと見て歩きたいけど、こちらは明日にお預け。
今日は隠岐へと向かいます。

この時間のフェリーは境港からは出ておらず、
島根半島の反対側の七類港へとバスで移動です。
262006



橋で海を渡っていきます。
境港は鳥取県で、橋を渡った先の島根半島は島根県です。
262007



15分ほどで七類港に到着。
262008

チケットを買ってしばらく待ってから乗船開始。
利用客は結構多いです。



出港dash
262009

七類港から、途中で知夫里島の来居港に寄って、
目指す西ノ島の別府港へは約2時間半。


フェリーの中は椅子ではなくカーペット敷きの場所なんで
横になって休むことができます。有料(30円)ですが毛布も借りられます。



この日は波もとても穏やかで、揺れもほとんどありません。
以前隠岐へ行った友人からは、”下手すると酔うよ”って
言われてたんですが、幸いにしてこの日はその心配はなさそうですshine

”酔うよ”って言われたのはあながち嘘でもないようで、
トイレには吐くため専用の便器のようなものまでありました。
こんなの、今まで阪急梅田駅でしか見たことないです。



デッキで外の空気を吸うこともできます。
「本州のみなさん、さよなら~paper
262010

空と海の青がとてもきれいですshine
262011

262012

船内に戻って、朝が早かったんで横になって休みますsleepy


しばらく休んだ後、船内の売店で買ったお弁当をいただきます。
262013

目指す別府港には12時過ぎに着いて、そのあとすぐに移動の
予定なのでちょっと早めのお昼ごはんです。

この日は気温もちょうどよく、外で風に吹かれながら
食べるご飯はおいしいですねnote


そんな感じで、フェリーの約2時間半をのんびり過ごして
隠岐諸島の一つ、西ノ島の別府港に到着です。
262014

(つづく)

|

« 日帰りヨーデルの森 後編 | トップページ | 隠岐・境港の旅②~国賀海岸 »

コメント

こんばんは (◎´∀`)ノ
>最近旅ネタばかりですね。
って・・・、Junjiroさんのブログタイトルどおりじゃありませんか (^_^)!

w(^o^)w また離島ですかぁ (゚o゚)ナニッ!
山陰は若いころ何度かドライブしたことはありましたが、島へは渡ったことがないです。
境港も行ったことがないナァ!とにかく今は『ゲゲゲの鬼太郎』だらけだそうですね。
フェリーの中、もちろん座席もあるのでしょ?
でもやはり、カーペット敷きのスペースのほうが、横になれるので楽ですよね。
かつてよく利用した青函連絡船では、いつもカーペット敷きのところで、ザックを枕に寝ていたり、仲間がいるときは皆でゲームで遊んだりしていました。
隠岐の島、どんな島なのか続きを楽しみにしています。

投稿: 慕辺未行 | 2012年6月20日 (水) 23時13分

↑本当にタイトルに沿って行動されています。
偶然東京のブログ友が今隠岐の島と対馬を旅行中です。
境港には35年くらい前に行きましたので
まだみずきしげるさん関係のモニュメントは
なかったです。
何にもなかったという印象です。
大山への通り道で寄っただけでした。

投稿: matsubara | 2012年6月21日 (木) 08時37分

慕辺未行さま
そうですね、「旅時々…」ですからね。
僕も離島へは行くことがなかったので、昨年の対馬を皮切りに
いくつか離島を巡ってます。
翌日に境港を少し歩いてみましたが、ゲゲゲの鬼太郎だらけでしたよ。
その様子はまた後ほどということで。
フェリー、座席はあったかなぁ。見た限りでは外のデッキや食堂以外には
なかったような…。でもやっぱり横になる方が楽ですね。

投稿: Junjiro | 2012年6月21日 (木) 22時37分

matsubaraさま
はい、旅ばっかりですcoldsweats01
隠岐の島と対馬とは、かなり離れた島を一度に巡られる旅ですね。

でも、今旅行中だと天候はあまり良くなさそう。
でも僕も昨年、対馬に行った時はすごい強風の中の旅行でしたので
あまり他人のことは言えませんね。

境港はゲゲゲの鬼太郎一色って感じで、町をあげての取り組み
のようで盛り上がってました。

投稿: Junjiro | 2012年6月21日 (木) 22時45分

今度は隠岐!ですかあ!!俺も去年行きたいなあ、と思って企画まではしたんですが、
時間と予算の兼ね合いwwであきらめた経緯がwww
今年はどうでしょうかwww
ギリギリで休みが確定したら俺も行きたいなあw

投稿: 大樹 | 2012年6月24日 (日) 00時47分

大樹さま
やはり大樹さんの旅の行き先リストに入っていたんですね。
お先に行ってきました(笑)
いつものように土日の弾丸ツアーでしたけど、隠岐に境港にと
結構楽しむことができましたよ。
チャンスがあればぜひどうぞ。

投稿: Junjiro | 2012年6月24日 (日) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/45718198

この記事へのトラックバック一覧です: 隠岐・境港の旅①~隠岐へ:

« 日帰りヨーデルの森 後編 | トップページ | 隠岐・境港の旅②~国賀海岸 »