« 日帰りヨーデルの森 前編 | トップページ | 隠岐・境港の旅①~隠岐へ »

2012年6月17日 (日)

日帰りヨーデルの森 後編

こんばんは。
昨日は雨が降り、とても蒸し暑かった福井。
今日も曇ってましたが、夕方には青空も広がってました。
幸いにして福井では雨もたいして降ることがなかったのですが、
大雨で被害が出ている地域もあるそうなのが気がかりです。


さてヨーデルの森への日帰り旅、後編です。(前編はこちら


いろいろと動物を見て回ってるとバードショーの時間に
なったので”アニマルステージ”にやってきました。
261700

いろんな鳥が実際に飛んでのショーです。
261701_2

261702

わざとだろって言いたくなるくらい、観客の頭の上ギリギリの
ところを飛んでいくんで、思わず首をすくめてしまいます。

2回ほど、撮った写真を確認するためにカメラを見ていたときに
頭上を鳥が通過していきまして、風がふっとあたる感じが急に
するんでかなり焦りますsweat01  それくらいにギリギリのところを
飛んで行くので、迫力もあります。


そして、鳥のショーって難しいのかちょいちょい失敗もあります。
このときも、投げ上げたルアーを鳥にキャッチさせるショーでは、
鷹だったか何かの鳥ではうまく空中でキャッチできずに落として
しまったり、はやぶさはあまりの速さにルアーをキャッチしたときに
ルアーを破壊してそのまま飛び去って行ったり…。
でも、そういうのがあるからこそ見ていて面白くもあり、
迫力もあります。

にしても、はやぶさってすごく速かったです。
何かがシャーって飛んで行ったってことしか
わからない状態でした。


アヒルさんが走ります。
261703_2

インコ
261704

前回来た時とほとんど内容は同じだったと思いますが、
何度見ても楽しめます。

そして、飛んでる鳥って写真に撮るのは難しいという
のも前回来た時と同じ…sweat02
動くものを撮る腕はまったく進歩してませんでしたwobbly



バードショーの後も園内をまわっていろんな動物と触れ合います。
261705

261706

261707

再びペンギンさんのとこへ。
今度はプールの中にはいってました。

陸上にいたときはほとんど動かなかったのに、
水の中では”水を得た魚”ならぬ、水を得たペンギンって
感じで元気に泳ぎ回ってました。
261708

261710

ペンギンたちが泳いでいるプールとの間には柵やガラスもないので、
すごく近くでペンギンたちを見ることができます。


この日は幼稚園か保育園かの遠足か何かでたくさんの
園児がきてまして、ペンギンのところにも集まってきました。

ペンギンもかわいいんですが、ちびっ子たちもなかなかかわいかったです。

そして下の写真の左上にも写っているように、そのちびっ子たち
の背丈でもペンギンを間近に見られます
261709

ちょっと手を伸ばせば触れることもできますが、
触るのはNGng


ちびっ子たちも、「”どうぶつにさわらないでね”って書いてあるよ」って
お互いに注意しあって、誰一人として触ろうとしている子はいないですhappy01



ずーっと見ていても飽きないんですけど、
そろそろお昼時ということで園内にある
レストランでロコモコをいただきました。
261711

食後にはソフトクリーム
261712

濃厚な味わいでめっちゃおいしいですgood



この頃になると青空がひろがってきました
261713

たくさんの動物たちと触れ合っていっぱい癒されましたhappy01

261714

以上、ヨーデルの森でした。

そして、帰りにちょっと寄り道して大飯原発の
PR館「エルパークおおい」に行ってきました。


130万キロワットクラスの原子炉が4基あって、
福島第一原発の1~4号機が廃炉となった今、
柏崎刈羽に次いで日本で2番目の規模となった大飯原発。
PR館も規模が大きかったです。
261715

昨日、大飯原発3,4号機の再稼働が発表されましたが、
ここを訪れた時はまだどうなるかわからなかった時期です。

そんな時期ってこともあってか、安全対策の説明に力を
入れられているようで、通常のビデオでの説明の後に、
案内の館員さんがスライドを使って安全対策の説明を
してくれました。

でも完璧に安心できるっていうことではなかったですね。

再稼働するということで、とにかく事故が起こらないことを
祈るのみです。

|

« 日帰りヨーデルの森 前編 | トップページ | 隠岐・境港の旅①~隠岐へ »

コメント

こんばんは (◎´∀`)ノ
このバードショーは興味が湧いてきます。
どんな動物も好きなのですが、自宅でも手軽に飼える小鳥、特にインコが好きです。
飼うことはできませんが、鷲や鷹、ハヤブサは実にカッコイイですよネ!
憧れの鳥です。
ハヤブサが猛スピードで獲物を捕らえる姿、生で見てみたいものです。
TVでは数回見たことがありますが、目の前で見たら迫力満点でしょうね。
まさに『電光石火の早業』でしょう!
Junjiroさんが2度も訪れるのが、分かる気がします。
大人も充分に楽しめそうですから (^_^)!

投稿: 慕辺未行 | 2012年6月17日 (日) 23時29分

慕辺未行さま
こんばんは。バードショーはとても楽しめます。ほんと頭のすぐ上を
飛んで行ったりしますので、迫力もあります。
インコを飼ったことはことはないですけど、かわいいですね。ただこの
バードショーのインコはコンゴウインコという種類でかなりでかいです。
ハヤブサはすごいスピードで、何が飛んで行ったかわからないって感じでした。
大人でも充分に楽しめるヨーデルの森、機会があればぜひいらして下さい。

投稿: Junjiro | 2012年6月18日 (月) 21時12分

動物とのふれあい、楽しいですよねえ。
神戸の野鳥園でも鳥たちと戯れることはできましたが、個人的にはやっぱペンギンちゃんかなあww
昼食のロコモコもGOO!ですが、食後のソフト♪堪りませんねえwww

大飯原発にもPR館はあるのですね。原発のあるところPR館あり。。。
と言うことは、それだけ安全に対してリスクを負っているということを
自ら示す皮肉な結果にもなり。。。
しかし、現状の日本がその原子力に頼っている、、、そして俺自身もその電力をありがたく
使っている。。。まさしく自己矛盾のなか毎日生活しているんだなあ。。。
難しい問題です。

投稿: 大樹 | 2012年6月18日 (月) 22時13分

鷹は鷹匠も昔からいて
人間が操作できるのですが
隼まであやつると驚きます。
一度見てみたいものですが、
普通の鳥でも撮るのに苦労
しますので、隼はとても
無理でしょうね。

各務原市の淡水魚館にいた
カピバラがここにも
いるのですね。

投稿: matsubara | 2012年6月19日 (火) 08時05分

大樹さま
ほんと動物とのふれあいって癒されるし、優しい気持ちになれるというか、
いいですよね。神戸花鳥園は友達が行ったことがあって、良かったと言ってたので、
いつか行ってみたいです。
ソフトは、今まで食べた中で上位に入るおいしさでしたよ。

原発問題は、ゆくゆくは脱原発を目指していくとしても、
目の前の電力ピーク時には原発に頼らざるをえないということで
難しい問題です。

投稿: Junjiro | 2012年6月19日 (火) 21時24分

matsubaraさま
隼、操れずにルアーを引きちぎって飛んで行ってしまいましたけどね…。
そのあとのショーの途中で、「ちゃんと捕まえられました」って言われて
ましたので、一安心と同時に笑いも誘ってくれました。
飛んでる鳥は写真に撮るのが難しいですね。
今回も飛んでる鳥はまともに撮れている写真はほとんどありませんでした。
写真を撮るのは諦めてショーをたのしんだほうが 良いなぁと思いました。
アクア・トトにもカピバラさんいましたね。人気者でした。

投稿: Junjiro | 2012年6月19日 (火) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/45691785

この記事へのトラックバック一覧です: 日帰りヨーデルの森 後編:

« 日帰りヨーデルの森 前編 | トップページ | 隠岐・境港の旅①~隠岐へ »