« A380と宇治川 | トップページ | 北陸新幹線と山下清展 »

2012年8月17日 (金)

利尻・礼文の旅④~礼文→稚内→利尻

こんばんは。
再び暑さが戻ってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
オイラは今日からお仕事でした。
お盆休みでダラダラしてたので、ちょっとリハビリが必要そうですsweat02


さて、もう1ヶ月半も前になってしまった利尻・礼文の旅の
旅日記、続きを書いていくことにしましょう。

(前回の様子はこちら


礼文島のハイキングを楽しみ、バスで香深港へと戻ってきました。
281701

ここからフェリーで稚内へと戻ります。


フェリーが入港してきました。
281702_2


稚内から乗ったときはガラガラだったんですが、帰りは人がたくさんでした。
しかも行きの船の2等席は座席だったんですが、帰りの船はカーペット敷き。

空いているときはカーペット敷きでも、ゴロンと寝転がったりできて
快適なんですが、混んでいるときはなんとも居心地が悪いですね。


帰りに乗った船は礼文島を出港したあと利尻島を経由するので、
稚内まで直行便だと2時間程のところを2時間40分かけて航行します。



もうすぐ稚内。船上から見る夕陽がきれいです
281703



稚内到着
281704



今日は稚内で宿泊です。

ホテルに行く前に、日本最北端の駅である稚内駅を訪問。


他の方のブログを見て駅舎が建て替えられたということは
知っていましたが、駅舎がきれいになっているだけでなく、
駅前も雰囲気が全然違っていて、以前の面影もありません。
そもそも駅への入り口の方向も違っているし…。
281705



ちなみにこちらが以前の駅舎です(2006年7月撮影)
281730




駅の外には「日本最北端の線路」と書かれた碑と、
車止めがありました。
281706



そして、レールは稚内駅の構内の方向へと続き、
列車が発着しているホームの線路へと続いていくような
演出になっています。
281707_3



そして駅舎内に入ってガラス越しに見る改札内。
手前に「最北端の線路」の看板があります。
281708



以前は駅を抜けた先にこの看板が立ってました。(2006年7月撮影)
281731

って、よく見たら看板、以前のものとちょっと違うような…coldsweats02



駅前散策をしているうちに、辺りも暗くなってきたのでホテルに
行く前に晩御飯をいただくことにします。


駅近くのお店で海鮮丼いただきましたhappy01
281709




ホテルでニュースを見ていると、どうやらこの日の北海道はかなり暑かったようです。
281710



暑い中歩き回った疲れもあるし、翌朝も早いので23時に就寝sleepy


そして、いつものように旅の朝は早くて、4:45起床ですeye


そして5時半にホテルをチェックアウトして向かった先は稚内フェリーターミナル。

6時半発のフェリーで、今日は利尻島へと向かいますnote


朝早いにも関わらず、ターミナルは人でいっぱい。
利尻行きの10分前に礼文行きの船が出ますが、どちらも
混んでいました。


定刻通りに出港dash
利尻までは1時間半程。
この日も波が穏やかで、ほとんど揺れることなく快適な船旅でしたhappy01

空は少し霞んだ感じです。
281712




たぶんノシャップ岬あたり
281732



利尻島へだいぶん近づいてきて、利尻富士も見えてきました。
281714



利尻島が目の前
281715



そして利尻島鴛泊港に到着。
港にはたくさんの人がお出迎え…、ではなく船を待ってました。
281716


さて、旅の2日目。
この日は利尻島を巡ります。


(つづく)


利尻・礼文の旅
 その①~北海道へ
 その②~礼文/桃岩展望台
 その③~礼文散策
 その④~礼文→稚内→利尻
 その⑤~利尻島
 その⑥~利尻から帰路


|

« A380と宇治川 | トップページ | 北陸新幹線と山下清展 »

コメント

こんにちは。

フェリーでの移動でしたか。
カーペット席でもこんでいると
おっちゃんこしなきゃですし
そうなるとイスのほうがよいですね。

船に乗るのは酔いやすく苦手ですので
旅行でも極力利用しません…
宮島にいったときはやむを得ず我慢して乗りました。

『最北端の線路』って
かたちも似ているようですが
おっしゃるとおりフォントも異なるようですね☆

投稿: An | 2012年8月18日 (土) 07時45分

一旦稚内に戻り宿泊されたのですね。
私達は礼文から直接利尻へのコースでした。

それも空港から直接バスで稚内フェリー乗り場ですから
JR稚内駅を見ていません。
50年前とは全然違いますね。
しょぼい駅だったのに・・・
最北端の線路まで展示してあるとは・・・

昨年10月ですから観光客は少なくて
カーペットはガラガラで好きなところに
夫は寝そべっていました。
私は撮影班です。

投稿: matsubara | 2012年8月18日 (土) 08時26分

こんばんは。
一旦稚内に戻っての利尻島ですか。
いいなあ、今度行くときは俺もしっかり一島づつゆっくり巡りたいものです。

稚内駅そうですよねえ、俺も建て替え前と後であんなに違っているのか、と思うくらいの衝撃でした。
最北端の線路の写真の位置、みんな取るアングル不思議と一緒ですねww俺もまったく同じアングルで撮ってましたww

投稿: 大樹 | 2012年8月19日 (日) 01時22分

Anさま
はい、今回はフェリーを利用させてもらいました。
空いてると良いんですけど、混んでる時はやっぱり座席の方がいいなと思いました。
僕も乗り物酔いしやすい方で心配していたのですが、今回の旅行では波も穏やかで、
まったく船酔いすることなく快適な船旅でした。
最北端の線路、現地では”ちゃんと残ってる”って思ってたんですが、
過去の写真を見るとなんか違う気が…。って感じでした。

投稿: Junjiro | 2012年8月19日 (日) 19時47分

matsubaraさま
礼文から乗った船は利尻経由でしたので、一旦稚内へ戻る必要もなかったんですが、
稚内空港到着から礼文行きの船までの時間的余裕がなく、もし乗り遅れると
礼文からの帰りは稚内へ直行する船になってしまう危険性があったので、
稚内のホテルを予約してましたので、稚内まで一旦戻りました。
50年前の稚内駅、どんなだったんでしょうね。
今より鉄道利用客も多くて賑わってそうなイメージがあるのですが、
実際にはそうでもなかったのでしょうか。
ガラガラだとカーペットの方がゴロンと横になれていいですね。

投稿: Junjiro | 2012年8月19日 (日) 19時53分

大樹さま
利尻で泊まって、の方が効率的だったのですけれど、初めの稚内→礼文の船が
どれに乗れるかがはっきりしていなかったことで、復路の船も利尻を経由するものに
乗れるかわからず、どちらでも大丈夫なように稚内泊で計画しました。
大樹さんのブログで新しい稚内駅を知っていたのですが、実際に見てみると、
前の駅を知っているだけにその変りように驚きました。
たしかに最北端の駅の写真に限らず観光地とかの写真ってみんな同じアングルに
なってることって良くありますね。写したいものや背景を考えて撮るアングルを
決めると同じような写真になってしまうのかもしれませんね。

投稿: Junjiro | 2012年8月19日 (日) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/46726741

この記事へのトラックバック一覧です: 利尻・礼文の旅④~礼文→稚内→利尻:

« A380と宇治川 | トップページ | 北陸新幹線と山下清展 »