« 最南端への旅⑦~最終回・帰路 | トップページ | 花粉、黄砂? »

2013年3月 3日 (日)

北海道…のはずが福井でお水送り

こんにちは。

今日は3月3日、桃の節句ですね。
下の写真は昨日行った福井県高浜町の”エルらんど”にあった雛飾りです。
330301


と言うことで、昨日は福井県の南西部へと行ってきました。

本来ならこの土日は北海道へ行ってるはずだったんですけどねぇdown

実はこの土日には北海道へ行く計画を立ててたんですけど、大荒れの天気で断念。
北海道旅行の目的は”流氷!”

土曜日に小松空港から新千歳乗り継ぎで女満別へ行き、
砕氷船で流氷クルーズ。網走で泊まって翌、日曜日は
釧網線の流氷ノロッコ号に乗って、女満別空港から
新千歳乗り継ぎで小松空港へ帰ってくるというスケジュール。
流氷に関しては過去3回挑戦するも、未だに見ることができずなんです。

1回目2006年は流氷なし。
2回目2007年も流氷なし。しかも強風で船も出ず。
3回目2010年も流氷なし。

そして4回目のチャレンジとなる今回、流氷はあるようなんですけど、天候が大荒れtyphoon

荷造りも終えて、準備万端だったのに、金曜の夕方にANAから
「Junjiro様ご搭乗予定の3/2ANA4789小松(09:00)-千歳(10:35)は、欠航することに
なりました」ってメールが…mailto

「えぇっ!?」と思いつつも、天気予報で土日の北海道は猛吹雪って言われていて、
旅行に行くか迷っていたので、これは”行くな”って意味だろうと受け取り、
北海道行きは断念bearing

土曜の朝になって、新千歳→女満別の便も欠航になったとのメールも受信。

実は小松→新千歳が欠航になった時点では、中部空港から新千歳へ行こうか
とも思ってたんですけど、やめといて良かったです。

それにしても便利になりましたね。
メールがなければ小松空港まで行って初めて欠航を知るって
ことになるところでした。

ということで4回目の流氷チャレンジは北海道へ行くことすらできずで終了
330302



さて、こうして予定がすっぽりと空いてしまったわけで、
家でじっとしてるのもなぁと思い、この日に福井の小浜で行われる
「お水送り」を見に行くことにしました。

北海道旅行の航空券やホテルやらの払戻しやキャンセルの
手続きを終え、昼過ぎに出発。

途中、北陸自動車道杉津PA。
330303

福井も荒れた天気。雪雲が広がってる、というより雪が降ってます。


敦賀ICで降りて小浜へ向けて国道27号を西進。

メインイベントは夜なんで、少し時間があったので
高浜町にある「エルらんど」へ行ってみました。
330304

高浜原発のPR館でもあるんですけど、熱帯の植物や動物を
見ることができる”トロピカルワンダー”って部分がメインですね。

建物の裏手、入江の向かいの半島にはたくさんの高圧線
330305
ちなみにこれは高浜原発ではなく、大飯原発からの高圧線です。


入江にもかかわらず海面は結構波立ってます。
330306


というのもものすごい強風が吹いてまして、風に押されて
じっと立ってることができない状態。身の危険を感じて
さっさと建物に避難しました。


さて、そろそろ主目的の場所へ向かいます。
の前にちょっと未練がましく携帯電話で調べてみると、
網走の砕氷船も欠航になってました。
330307


ということでようやくやってきたのは小浜市の「神宮寺」。
前置き部分が長くなりましたが、ここからが今回の旅のメインです。
330308


かがり火が焚かれてました。
330309


ただ、ここでも強風が吹いていて、火の粉が草むらや木々の方へ飛んで行ってます。
330310


たいまつを購入すれば松明行列にも参加できます。
330311
オイラはそこまでいるつもりをしていなかったので購入はパスします。

お堂
330312


しばらくすると辺りも暗くなってきました。
330313

人々がお堂の中へと入っていきます。
330314


しばらくは読経が行われます。その間にどんどん辺りは闇に包まれていきます。
330315

330316


と、急に雪というかアラレのようなものが降りだして、強風にのって
猛烈な勢いでぶつかってきます。
330317


そんな中、お堂の中では行事が進んでいきます。
330318

330319


炎か煙かに感知器が反応してでしょうけど、火災警報のベルが鳴る中、
少しの間、炎を行ったり来たります。
330320

330321

330322


まだまだ続いて、この後には松明行列もあるのですけれど、
オイラはここで撤収しました。

この「お水送り」、10日間かけて奈良の東大寺に届くそうで、
その時に行われるのが東大寺二月堂の「お水取り」だということだそうです。

ニュースなんかではよく”春の訪れを告げる”なんていう言葉とともに
紹介されるお水取り。いよいよ春も間近ですね。


あっ、そうそう、今朝調べてみると今日乗る予定だった
釧網線の「流氷ノロッコ号」も運休になってました。
330323


無理して網走に行っていても何もできなかったですね。

|

« 最南端への旅⑦~最終回・帰路 | トップページ | 花粉、黄砂? »

コメント

こんばんは (◎´∀`)ノ
今日の朝刊を見て、Junjiroさんが「行かなくてかえって良かった」と思いました。
もちろん「行かなくて」ではなく「行けなくて・・・」なのでしょうが・・・。
8人もの方がこの暴風雪で命を落とされ、今さらながら”雪”が時として『白い悪魔』になることを思い出しました。

で、ブログ記事へと戻ります。
最初のひな人形。立派ですネェ (゚o゚)オォーッ!
実は最近ちょっと関心あるのですが、お内裏様とお雛様の位置、こちらは一般的に見る位置ですが、
たとえば Junjiroさんの地元・京都は逆だそうですね。
どの地域が境目なのかナァ?と、知りたくなってきました。

それにしても本当に便利な時代になりましたネェ!
フライト情報や現地の運行状況も、メールで送られてきたり、確認できるとは (゚m゚*)?!
アナログ世代の私は、もうついていけません (>_<)!

で、仕方なく(?)福井県南西部をドライブ。
いやいや、とても素晴らしい旅ですヨォ!
奈良・東大寺の『お水取り』は有名ですが、こちらは初めて知りました。
思わず「ヘーッ!」って声が出ました。
なるほど、これでまた一つ私の『雑学』が増えました。

投稿: 慕辺未行 | 2013年3月 5日 (火) 00時18分

貴重な写真を拝見出来て嬉しいです。
お水取りの神事か福井でスタートすることは
40年前から存じていたのですが、こんな
大がかりとは知らなかったです。
だって新聞にはほんの少し載るだけ
ですから。

流氷は早い連絡で取りやめられて
よかったですね。

投稿: matsubara | 2013年3月 5日 (火) 08時48分

慕辺未行さま
そうなんですよ、気象情報などで”猛吹雪になる”とは言ってましたが、
あそこまでひどい状態は考えていませんでした。家まで数百mという地点で
なくなられている人もいたようで、本州にいる者には想像できない気候の
場所なんだと再認識させられました。

雛飾りの位置、確かに左右の並びが地域によって違うと言う話は聞いたことがあります。
ただわが家では雛飾りをしていなかったので、どちらかはわからないです…。

奈良のお水取りは有名ですけど、こちらのお水送りはあまり知られていませんよね。
僕も昨年初めて知った次第ですsweat01
ただ昨年ニュースで知った時にはすでに「おこなわれました」という過去形でして、
見に行くことができず、今年初めて見ることができました。

投稿: Junjiro | 2013年3月 5日 (火) 20時59分

matsubaraさま
お水取りに比べて、こちらのお水送りはあまり有名ではないように思います
けれど、しっかりと大がかりな神事でした。
僕が見たのはほんの一部でしたけれど、他にも色々な神事が行われていたようです。

航空機の欠航は早い段階で知ることができて良かったです。
週末の別の過ごし方のプランを立てられましたし、空港まで無駄足を運ぶ
こともなかったので。ほんと、便利になったなと思います。

投稿: Junjiro | 2013年3月 5日 (火) 21時06分

こんばんは。
お水送りと言う神事があるとは。。。それがまさかのお水取りに繋がるなんて全く知りませんでした。
本当北国は暴風雪で大変でしたね。
お亡くなりになった方もおられ、心が痛みます。。。
そしておいらは逆に南国で同じく暴風で海に沈んでましたwww

投稿: 大樹 | 2013年3月 7日 (木) 23時09分

こんにちは。

鉄道も昨年、立ち往生が続出したこともあり
運休が決まるのが早くなって
しかもその本数も多くなりました。

安全を考えてのことと思いますが
雪に強いはずの鉄道も参ってしまうのですから
今年の雪の多さは異常です。

また流氷が観れる日を楽しみに(^^)

投稿: An | 2013年3月 9日 (土) 15時26分

大樹さま
「お水送り」。僕も福井へ来るまでは、というより福井に来てからも昨年まで
知りませんでした。北海道へは行けませんでしたけど、お水送りを見ることができて、
これはこれで良かったかなと。
北海道の暴風雪。本州にいる者には想像もできないような強烈なものだったんでしょう。
この週末も荒れるようなことを言ってましたので、何事もないことを祈ります。

”南国で海に沈んでいた”って、何があったんですか!?

投稿: Junjiro | 2013年3月 9日 (土) 17時56分

Anさま
こんにちは。北海道は大荒れでしたけど、Anさんの周りは無事でしたか?
そうなんですよね、鉄道もよく運休するようになった気がします。
でも途中で立ち往生したり、ましてや事故になってもらっては困るんで、
安全のためには仕方ないですね。
ただ、旅行計画を立てるときに、飛行機が飛ばなくなったら鉄道を使って
っていうことを考えてるんですけど、鉄道も当てにできなくなってしまいますね。

流氷はまた来シーズン以降にお預けかなぁ…。

投稿: Junjiro | 2013年3月 9日 (土) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/49815088

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道…のはずが福井でお水送り:

« 最南端への旅⑦~最終回・帰路 | トップページ | 花粉、黄砂? »