« 京都で花見 | トップページ | 九頭竜ダムと大野城 »

2013年4月13日 (土)

映画「舟を編む」を見てきました

こんばんは。
今日の福井は久しぶりに青空が広がって気持ちのいい日でしたsun
341301



そんな中、今日公開の映画「舟を編む」を見てきました。
341302


.

笑える場面もあり、感動する場面もありで、良かったです。
辞書を作っていく中で、そこに携わる人たちが、いろいろと
変わっていく様子とかも良かったですね。

それにしても、紙の辞書って久しく使ってないですね。

オイラが持っているのは随分古い電子辞書ですけれど、
たぶん紙の辞書より調べるのは早いし、なによりコンパクト
なのが良いですね。国語辞典に英和辞典、和英辞典だけでも
紙の辞書なら、毎日かばんに入れて会社に持って行って
なんてできないですもんね。


でも今回、この映画を見ると、高校、そして大学の途中までは
紙の辞書を使っていたのが懐かしくて、なんか紙の辞書も
いいなって思ってきました。

まぁ、興味のある方は是非映画館へ見に行ってみて下さい。


そうそう、この映画に出演している宮﨑あおいさん、
ちょっと前からサントリー「伊右衛門 贅沢冷茶」のCMに出演されていますね。

先日買ってきて、飲んでみました。
341303

これ、おいしいですねhappy01
また買ってこよっと。


宮﨑あおいさんの緑茶のCMといえば、10年以上も
前になりますけれど、同じくサントリーの「緑水」が
印象的でした。宮﨑あおいさんという女優を知ったのも
あのCMでした。

CMの雰囲気がとても良くて、そこに登場する場所に実際に
訪れたりなんかもしました。

そのときの写真を見たら、わざわざ緑水の缶を持って
ロケ地を訪れていたようですcoldsweats01
341304

341305

なんだか映画の話から大きく逸れてしまいましたねsweat02

ちなみに今日は天気が良かったんで、映画を見たあとは
九頭竜ダムへ行ってきました。その時の様子はまた後ほど。

|

« 京都で花見 | トップページ | 九頭竜ダムと大野城 »

コメント

こんばんは (◎´∀`)ノ
Junjiroさん、旅だけでなく映画もかなりお好きなようですね。
この映画、失礼ながらタイトルそのものさえ初めて聞きました (^_^;;アセッ!
辞書・・・、確かに最近は国語辞典や漢和辞典、英和辞典を引くことはほとんどなく、
もしその必要があったとしても、PCや携帯で済みますからね。
でも私の部屋のテーブルには、ドイツ語の辞書が置いてあります。
これはドイツの友人夫婦とのメールのやり取りに必要不可欠なのです。
ネットでも翻訳サイトがありますが、変なふうに翻訳されたりするので、あまり信用できず、
たとえ正しくなくてもドイツ語辞書を引きながら自分の知識のうちでドイツ語メールしたり、解読したりしています。

投稿: 慕辺未行 | 2013年4月13日 (土) 23時39分

慕辺未行さま
そうですね、映画、なかでも邦画が好きで時々見に行っては、
こちらで紹介させていただいています。
PCや携帯で、確かにそうですよね。電子辞書ですらあまり
必要ないかもしれませんね。
ドイツ語の辞書、大学の時には持ってましたが、今はどこへ
行ったやらsweat02

投稿: Junjiro | 2013年4月14日 (日) 22時04分

こんばんは。ずいぶんサボってしまいましたcoldsweats01
紙の辞書、、、日本語辞典はテンとご無沙汰ですが、英和、和英辞書は未だに現役ですww
コンパクトなやつなんですけどね。。。
あと、以外に六法全書、いや正確には福祉六法系は使うこともあるかなあ。。。
これでも一応?法学部卒なのでww(何故保育士になったかは謎ww)判例とかまんざら嫌いじゃないんですよねえww

投稿: 大樹 | 2013年4月15日 (月) 21時45分

大樹さま
こんばんは。
コンパクトなタイプの英和と和英辞書、僕もよくお世話になりました。
でもやっぱり用例とかが少ないんですよね。
六法全書、手に取ったことがないのですけれど、確かにあれも辞書のような
厚さとかがありますね。紙の質も同じような感じなんでしょうか。

法学部を卒業されたんですね。たしかに”なぜ保育士”って感じもしますね。

投稿: Junjiro | 2013年4月17日 (水) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/51215145

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「舟を編む」を見てきました:

« 京都で花見 | トップページ | 九頭竜ダムと大野城 »