« 山陰へ行ってきました | トップページ | 山陰旅行② 出雲大社・大社駅跡 »

2013年5月 2日 (木)

山陰旅行① 人形峠・投入堂・三朝温泉

こんばんは。
明日からゴールデンウィーク後半という方も多いのではないでしょうか。


今日は八十八夜。宇治などのお茶どころではお茶摘みに
関連したイベントも行われたようですね。

関係あるかは別として、シャトレーゼで”しらたま抹茶(宇治抹茶仕立て)”を
いただきました。
350200


うまし~delicious


”夏も近づく八十八夜~♪”ってことで、しあさって5月5日は立夏。
暦の上ではもうすぐ夏です。そんな暦との比較だけではなく、
例年と比較してもなんだか寒くないですか?
昨日からクールビズをスタートしたところもあるって
ニュースでやってましたけど、なんだか寒そうに思ったのはオイラだけ?


と、それはさておき先週末に行った山陰旅行の旅日記を書いていきましょう。

出発は朝3時前。久しぶりの”早朝”か”深夜”のどっち?って時間帯の旅立ち。

月がきれいだなと思いましたが、すぐに雲に隠れてしまい…。
前日は激しい雷雨。この出発の時間帯も、まだ時々雷の光や音がしてました。
350201



敦賀まで北陸自動車道を利用して、敦賀からは国道を西進、小浜インターから
舞鶴若狭道を利用します。安くすむのと、渋滞の名所の中国道の宝塚付近を
回避できるので、西方面の旅のときはだいたいいつもこのルートです。

舞鶴若狭道の西紀SA
霧が出ています。
350202

新緑がきれいhappy01
350203


吉川JCTから中国道を西進。
ゴールデンウィーク初日ということもあってか、車も多めです。

社PAで休憩。
この頃には青空が広がっていました
350204


ちょっとケータイで調べてみると、やっぱり宝塚付近で西行きの渋滞が起きてますね。
東行きも名神、京滋バイパス両方で渋滞が起きてます。
350205



オイラは渋滞に巻き込まれることなくさらに西へ。
院庄インターで中国道を降りて北上。

途中、道の駅「奥津温泉」で休憩。
350206_2


つきたてのお餅を売っていたので、ついつい購入。
早朝出発なんでちょっとお腹もすいていたしねwink
350207

とってもおいしぃ~heart04
”1つだけ食べて、残りは3時のおやつに”って思って買ったんですが、
一気に3個とも食べてしまいましたhappy02


燕。何羽かが巣作りの最中でした。
350208



そして道の駅から少し進んで、最初の目的地「人形峠」に到着。
ここは日本で珍しいウラン鉱を採掘していた場所。
もともとここへ来るつもりはしてなかったんですけど、地図を眺めているときに
たまたま”人形峠”の文字が目に入ってきて、行くことに即決。

PR施設のアトムサイエンス館もあります。
350209


人形峠の紹介や、ウラン鉱から濃縮ウランを作る作業工程の紹介などがあります。
350210


そこそこ充実した施設ですけれど、場所が悪いのかあまりお客さんは
おらず、そのためか「調整中」の紙が貼られたモニターもいくつかあったりで、
ちょっとさみしかったですね。

さてアトムサイエンス館を出発。
人形峠ということで、文字通り「峠」にあって、アトムサイエンス館から先は
下り坂。そしてちょうどこの峠が岡山県と鳥取県の県境。

鳥取県に入って約40分で次なる目的地に到着。
350211

見上げる山の斜面に、見えますか???




350212


三徳山三佛寺の投入堂です。
ものすごい場所に建っていて、あまりにすごい場所ゆえに
法力で平地から投げ入れたという伝説が残っているとか。

ほんとに投げ入れたとしても、これまたこのような場所に
投げ入れるのもすごく難しそう…sweat02

近くまで登っていくこともできますが、時間もないし、そもそも
道中があまりに危険ゆえに2人以上じゃないと入山できないという
ことで、オイラは下から拝むだけ。ちなみにゴールデンウィークだからか
けっこうたくさんの人が来てました。

そうそう、ここも以前紹介した”ロケみつ”の西日本ブログ旅の
通過ポイントの1つです。


さあ、次の目的地は投入堂からすぐ近くの三朝温泉spa

やってきたのは日帰り温泉施設の「たまわりの湯」
350214

浴槽ひとつと洗い場だけというシンプルなつくりで、清潔感のある施設です。
ちなみに備え付けのシャンプーやボディーソープはありませんのでご注意を。

ここ三朝温泉は世界でも有数のラドンの含有量を誇る温泉で、
人形峠とともに行ってみたかった場所でもあります。

そこそこ熱めのお湯だったので、それほど長湯はできませんでしたけど、
お昼からのんびりとお湯に浸かって、早朝からのドライブの疲れた気分を
リフレッシュですnote

ちょっと放射線を浴びて、ホルミシス効果もばっちりということを期待しましょうhappy01


さぁ、次は出雲を目指します。

途中で見えた大山。
350215



(つづく)


その①~人形峠・投入堂・三朝温泉
その②~出雲大社・大社駅跡
その③~日御碕・稲佐の浜・玉作湯神社 (完)


|

« 山陰へ行ってきました | トップページ | 山陰旅行② 出雲大社・大社駅跡 »

コメント

こんばんは (◎´∀`)ノ
こちらも朝はちょっと冷んやりとしていました。明日の朝も7℃らしいです。
「草木も眠る丑三つ時」を過ぎてからの『未明』の出発ですね。
高速の渋滞を避けてのルート選択も、さすが!です。
アトムサイエンス館、ウラン鉱・・・、アトムにウラン・・・「手塚治虫先生~!」(笑)
投入堂、本当にすごいところにありますネェ (゚o゚)ナニッ?!
TV番組で見たことがあるのですが、本当にどのように造ったのでしょうね。
あの場所にお堂を建てるための資材を運び造ることが『修行』の一つだったのでしょうね。
だとしても何たる『荒行・苦行』だったのでしょう!

投稿: 慕辺未行 | 2013年5月 2日 (木) 23時54分

投げ入れ堂は国宝に指定されていますので
30年前から行きたい所でした。でもとても今は
無理のようで諦めました。かなり体力がいる
みたいで途中でダウンしそうだからです。
岩をよじ登らないと行けないとかで・・・

本当に冬に戻ったような八十八夜でしたね。
こちらも寒くて朝は暖房入れました。

一度聞こうと思っていたのですが、
朝三時出発の場合、徹夜されるのか、
それとも二時起床ですか。

投稿: matsubara | 2013年5月 3日 (金) 14時18分

こんばんは。
すごーい!本当夜中からの出発ですねえ。
それもちゃんと京阪神の渋滞を避けるべく良いコース選択されております!
俺のところからだとどうしても宝塚だけは避けきれない。。。(神戸側も大概ですし。。。)
三徳山三佛寺の投入堂、すごいところにありますね。
うーん、昔の人の建築技術には驚かされますね。

三朝温泉、いいですねえ。。。俺だったら夜中の疲れ出てそこで眠ってしまいそうです。

投稿: 大樹 | 2013年5月 6日 (月) 00時19分

慕辺未行さま
こんばんは。
この記事を書いた時は寒かったのに、今日はかなり暖かかったです。
でもまた明日は寒いそうで…。まったく体がついて行きません。
久しぶりの未明の出発。渋滞も避けられて快適なドライブでした。
ほんと、投入堂はすごいところにありますよね。
つくるのはもちろんのことですが、今でもそこへ行くことが
修行になっているようです。

投稿: Junjiro | 2013年5月 6日 (月) 21時22分

matsubaraさま
僕もできれば一度は投入堂を間近に見てみたいのですが、
なかなか体力的に厳しそうです。テレビ番組でやっているのを
見ましたが、ほんとよじ登るような場所もありました。

朝3時のような時間帯の出発のときでも一応は寝て、2時起きなどで
出発しています。2~3時間といった睡眠時間になりますけれど、
それでも徹夜とは随分と違いますね。

投稿: Junjiro | 2013年5月 6日 (月) 21時26分

大樹さま
このゴールデンウィークも宝塚付近ではかなりの渋滞が発生していました。
北陸からだと小浜経由のルートが選べますが、他の場所からだとどうしても
中国道や阪神高速のどちらかを通らないといけないですね。
投入堂、遠くからですけれど実際に見てみて、改めて「どうやって
つくったんだろう?」って不思議でした。
三朝温泉、睡眠不足でしたので、ちょっと眠くなりそうでしたsleepy

投稿: Junjiro | 2013年5月 6日 (月) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/51453554

この記事へのトラックバック一覧です: 山陰旅行① 人形峠・投入堂・三朝温泉:

« 山陰へ行ってきました | トップページ | 山陰旅行② 出雲大社・大社駅跡 »