« 新幹線な旅 その①~函館へ | トップページ | 新幹線な旅 その③~津軽半島 »

2015年9月13日 (日)

新幹線な旅 その②~函館から青森へ

こんばんは。

なんと今回は2週連続の更新!
いったいいつ以来かなっていうくらい久しぶりです。
1週間のうちに3回とか4回更新していた時期もあったのが信じられないくらいです。

ということで、”新幹線な旅”の2回目です。(その①はこちら

前回はテツ分かなり濃~~い、というか特殊な内容でしたが、
今回もテツな内容になっていますので悪しからず(汗)

旅も2日目です。
ま、せっかく函館まで来たんですから、ちょっとテツを離れましょう。
ということでやってきたのは凾館の朝市
591301

呼びこまれるままに入ったお店で海鮮丼をいただきました。
591302

うに と いくら と 蟹の3色丼。 美味ですhappy02

せっかく北海道へ来たんですから食べ物を楽しまないともったいない
ですよね。ですし、函館朝市は4年半前に函館へ行ったときに食べ損ねて
いて、食べたいと思っていましたし。(そのときの様子はこちら


さて、贅沢な朝食をいただいた後は函館駅へと向かいます。

と、ちょうど「北斗星」が停車していました。
591304

これからしばらくして北斗星は廃止されてしまいましたが、
この日もホームなどでは写真を撮ってる人を見かけました。
北斗星には結局乗れずじまいでした…。


函館駅
591303



ここから特急スーパー白鳥で青函トンネルを通って青森へと向かいます。
徐々にテツ分が濃くなってきましたね

591305

591306


789系特急「スーパー白鳥」
591307

591308



北海道新幹線開業後は廃止の方針とのことで、
おそらくオイラにとってはこれが最後の乗車です。

ということで、今回は奮発してグリーン車利用♪
591309

591310


朝食の後ですし、車内販売で朝のコーヒーでも、と思ってたんですけど、
ふと嫌な予感がして駅員さんに聞いたら、車内販売はないとのこと…。


全国的な流れとして車内販売が廃止されたり、営業区間や
時間帯が縮小されたりしてるように思うんですが、
車内販売はあまり利用されないんでしょうかねぇ。

ということで、ホームで缶コーヒーを購入
591311


気を取り直して、せっかくのグリーン車の旅を楽しみましょう。

青森行きの場合、グリーン車は先頭になるので、前方の眺望を
楽しめる場所へも行きやすい~
って思ってたら・・・
591312

立入禁止になってるcoldsweats02


この789系だけではなく、JR北海道の特急車両は運転席の前方を
見られるようになってる車両が多かったんですけど、踏切事故が
多発した時期に、安全のためという理由でこの場所への立ち入りが
禁止になったというような話を聞いたことがあるようなないような。


↓この場所からの眺望を楽しめたんですけどねぇcrying
591313



なんてことをやってる間に列車は函館駅を出発し、青森へ向けて
函館湾をぐるりと回っていきます。

車窓には函館湾の向こうに函館山が見えます
591314


北海道側の最後の停車駅、木古内駅を出発していよいよ
青函トンネルへ向けて走っていきます。

木古内駅を出てすぐに、前日に訪れた新幹線と在来線の合流地点を通過します
591315

上の写真の直後に新幹線の線路へと合流していきます。


ここからは新幹線と在来線の共有区間。
レール幅の異なる新幹線と在来線の車両を走らせるために
レールが3本になっていますね
591316


いよいよ青函トンネル
591317


ま、トンネルに入ってしまえば、窓の外は闇だけなので、
景色を楽しむこともできませんね。
そんな車窓が少しだけ変化するのが吉岡定点と竜飛定点。

トンネル内でトラブルなどが起きたときの避難の拠点となるべく
設けられている場所で、以前は吉岡海底駅、竜飛海底駅として
列車が停車もしていたところです。
以前はホーム(?)に駅名標もありましたが、今はなくなっていました。


なんてことをしてるうちに、列車は青函トンネルを抜けて青森側に出てきました。

巨大な新幹線駅ができた津軽今別駅を通過し、しばらく行くと新幹線と
在来線の合流地点を通過します。

新幹線と在来線が線路を共有するのは青函トンネルとその前後区間ですので、
北海道側だけでなく、当然青森側にも新幹線と在来線の合流地点が存在する
わけです。
今回オイラは青函トンネル側から来たので、合流というより分岐といった方が
正しいかもしれないですね。

実は、北海道側よりも青森側の合流地点の方が見たかったんですよね。
というのも、在来線の高架の上を新幹線の高架が跨いで行く構造になっていて、
在来線の高架橋には立体交差のための構造が準備されていたんで、
どんな風になったのかなと思ってたんですよね。


って、あれ??
591318

なんか思っていたのと違う構造になってる気が…。
一瞬だけしか見えなかったけど、明らかに想像と違ったんですけど…。


「あれ?」っていう思いを乗せたまま列車は走り続けて、青森駅に到着しました。
591319



(つづく)

|

« 新幹線な旅 その①~函館へ | トップページ | 新幹線な旅 その③~津軽半島 »

コメント

函館の記事を待っていました。
朝市に行きましたので、どこあたりの
地点が少し分かります。
あの丼とても美味しかったですね。

6月に行った時、飛行機で函館に飛びましたので
まだ青函トンネルを通ったことがないのです。

50年前は青函連絡船でしたし・・・
羊締丸でした。テイの字が変換できず・・・
この字でなくて、足偏でした。

投稿: matsubara | 2015年9月17日 (木) 20時48分

matsubaraさま
こんばんは。
この写真でどのあたりかわかりましたか。さすが実際に行ったことがあるとわかるものですね。
丼はほんとおいしかったです。
青函トンネルはまだ通られたことがないということでしたら、来年の春以降に新幹線で通って
みるというのもいいかもしれないですね。
ブラタモリの場所にも訪れられたとのことでしたが、僕もブラタモリはいつも見ていて、時間があれば
凾館の回に紹介されていた場所も訪れたかったです。

投稿: Junjiro | 2015年9月18日 (金) 01時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/61595213

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線な旅 その②~函館から青森へ:

« 新幹線な旅 その①~函館へ | トップページ | 新幹線な旅 その③~津軽半島 »