« 「北斗星」の完全引退 | トップページ | 新幹線な旅 その②~函館から青森へ »

2015年9月 6日 (日)

新幹線な旅 その①~函館へ

いつものことながらお久しぶりです。

みなさん、お元気でしょうか?
オイラは、たまーに旅行に出かけたり、もっともっとたまーーーーにブログを
更新したりできるくらいには元気にしてます(笑)

そして今回は新しい旅日記を書こうと思います。
といことで、さっそく出発
590601


「新幹線な旅」なんて言いながら、出だしから新幹線のライバルともいえる
飛行機に乗って出発です。ま、時間があまりない時には旅は効率的に
いかないといけないですしね。

ということで、関西空港からANA1789便で函館へ向かいます。

定刻の15:30にプッシュバックを開始し、15:39に北向きにR/W 06Rから離陸。
左旋回でぐるりと回って北海道を目指します。

で、15:30という遅い時刻の出発なんですが、当初は伊丹空港11:40発のJAL2123便に
搭乗する予定だったんですけど、いろいろとわけがあり、急きょこの便に乗ることに
なりまして…。決して寝坊したとかそんなんじゃなくて、オイラにはどうしようもない
不可抗力によるものでして。

ま、とにかく搭乗したANA1789便、ボーイング737-800 (JA37AN)は
ほとんど揺れることもなく函館を目指します。
590602


順調に飛行して、17:00に函館空港のR/W 30に着陸。
こんな時刻に到着なので、ほとんどどこへも行くことができないんですけど、
こんな時刻になってでもわざわざ函館に来たので、とりあえずレンタカーを借りて、
木古内へと向かいます。

20時には車を返さないといけないので、寄り道もせずに目的地に向かいます。

そうしてやってきたのは、津軽海峡線の木古内駅から青森側に行ったところにある
新幹線と在来線の合流地点。

青函トンネルは新幹線と在来線が同じ線路を共有するのですが、
青函トンネル以外の場所では新幹線と在来線は別々の線路を走るので、
当然ながら青函トンネルの前後に、新幹線と在来線が合流する場所が
存在するわけでして、そこへとやってきました。

いや~、ここを見るために函館までやってくるなんてオイラも
テツですねぇ。そして今回の旅もかなりテツですねぇ(笑)

そして下の写真がその合流地点
590603


たぶん分岐器(ポイント)が雪の影響を受けないようにするためか、
屋根で覆われているのでわかりにくいですね。
それになんだかごちゃごちゃとしてるし(汗)

正直、この地に立って、合流地点が屋根に覆われているのを見て、
「うわぁdown」ってなりました・・・。


合流地点、わかりますか?
590604

590605

590606

写真手前が青函トンネル側で、新幹線と在来線が線路を共有してる区間。
そして写真の奥が木古内側で新幹線と在来線が別々の線路を走る区間です。

まっすぐ進んでいくのが新幹線で、両側に分岐していくのが在来線です。
直進する線路の方がレール間の幅が広いのがわかります?

真正面から
590607


はい、これで目的達成。
時間もないのでわずかの滞在時間の後、函館市内へと戻ります。

”このためにわざわざ函館に来たの?”って言われそうですけど、
「はい、その通りです!」

いや、もともとは他にも行こうと思っていたところはあったんですけど
夕方に着く飛行機に変更せざるをえなくなったので、ここだけしか
訪れることができなくなったんですよ。

ちなみにこの場所、10年ほど前にも来ていまして、
その時の写真が↓の通り。
590608

590609

5906092

すでに在来線は両側に広がるような線形になっていて、
上下線の間の草木が生い茂っているところに、今は新幹線の
線路がまっすぐに伸びています。

うまく表現できないんですけど、この場所のように、
将来の計画を見越した造りになっている場所とか
構造物というものに興味をひかれるんですよ。

そしてその計画が実行されるとなると、その状況を見に行きたくなるんですよ。

ただ、覆いができてしまって、Before-Afterの状況が比べにくいのが残念でした。


で、この後はほんと寄り道もせずに函館市内へと戻りました。


あっ、正確にいうと、寄り道というか、ちょっとだけ停車して写真を撮っていました。
590611

590612

590613

廃線となった江差線(木古内~江差)の線路跡。
廃線跡って、やっぱりさみしいですね。
レールなんかが残っていると、もうここを列車が走ることは
ないんだと思って、いっそうさみしさが増します。

しかもオイラにとっては、JR全線乗りつぶしを達成をしたのが江差駅。
なので思い入れのある路線だけになんとも言えない気持ちになります。

そして、廃線跡はあちこちにありますし、オイラも何か所か訪れたことが
ありますが、廃止前に乗ったことがある路線を廃線後に訪れたのは
初めてで、余計にさみしい気持ちになります。


ほんとは江差線の廃線跡も訪れようと思ってたんですが、
何度もいうように遅い時刻の飛行機に乗らざるをえないことに
なったおかげ(←しつこい)で、それもかないませんでした。


ということで、一日目が終了。


(つづく)

|

« 「北斗星」の完全引退 | トップページ | 新幹線な旅 その②~函館から青森へ »

コメント

お久しぶりにコメント頂き、復帰かと期待し
訪問しました。シンガポールの次はどこの国?
と思いましたが、やはり鉄ちゃんですね。

私たちも6月に飛行機で函館に行きましたが
平凡な観光で夜景とイカ刺しでした。

こんなポイントがあることすら知らなかったです。
さすが鉄ちゃん! 教わることが多いです。
マニア雑誌で調べられるのですか。

投稿: matsubara | 2015年9月 8日 (火) 08時38分

こんばんは。
鉄道路線、しかも思い入れのある路線が廃止になったというのは本当にさみしいことですね。
私が、一旦JRの乗りつぶしを完了したのは横須賀線で、廃止になることはなさそうですが、終端の久里浜駅は都会
の中の駅なので完乗の達成感は微妙でした。
私のJR乗り潰しは、今春の北陸新幹線開業部分と仙石線・石巻線の震災復興による線路付け替え部分、吾妻線線路
付け替え部分、仙石東北ラインが新たに増えたのでボチボチ乗りに行きます。
ところで、在来線・新幹線の接続部分の北海道側を訪問したということは、そのうち青森側の訪問もあるのでしょうか?

投稿: KANCHAN | 2015年9月 8日 (火) 23時34分

こんばんは。木古内、、
フフフ。。。
実は俺もwwww

でもこういった線路の形状を見てくることは全くしてませんでした。
今回は江差駅跡と木古内、函館北斗の駅舎の様子だけを拝んできた次第で。。。

投稿: 大樹 | 2015年9月 9日 (水) 22時03分

matsubaraさま
コメントいただきありがとうございます。
気まぐれで更新しているような状態ですが、できるだけ続けて更新できるようにしたいと思っています。
”これからは海外か”と思わせておいて、結局国内。しかも鉄分満載の内容になってしまいました…。
今回は普通じゃない、というよりもかなり特殊な内容の旅になってしまいました。
こんな旅をしてる人もいるんだ、と思って見ていただけたら嬉しいです。

投稿: Junjiro | 2015年9月10日 (木) 01時25分

KANCHANさま
コメントいただきありがとうございます。
ほんとさみしいものです。レールが残っていただけに列車が走っていたときの風景を
思い浮かべてしまいました。
青森側も合流地点付近を俯瞰できる場所があるようですけど、場所がわからず
訪れることができていないんですよ。

投稿: Junjiro | 2015年9月10日 (木) 01時30分

大樹さま
コメントいただきありがとうございます。
さっそくブログを拝見しました。
行くことができなかった江差駅跡も見ることができてよかったです。

さすがに僕みたいな変な旅をしてる人はいないでと思いますよ(笑)

投稿: Junjiro | 2015年9月10日 (木) 01時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/61493110

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線な旅 その①~函館へ:

« 「北斗星」の完全引退 | トップページ | 新幹線な旅 その②~函館から青森へ »