« コーヒーでも | トップページ | JR全線乗車に向けた旅 その① »

2016年3月26日 (土)

北海道新幹線開業

北海道新幹線が新函館北斗駅まで開業しましたね。

ニュースなどを見てると地元はお祝いムードに沸いているようですね。
オイラも乗りに行きたいなと思いつつ、今のところ具体的な計画はない
状態です。

オイラにとって今回の北海道新幹線の開業は、単に新規区間の開業
というだけでなく、”青函トンネルに新幹線が通る”ということに対して
かなり興味を惹かれています。

もともとフル規格新幹線のスペックで作られて、いろいろと新幹線が
走るための準備もされていた青函トンネル。ようやくそれらの設備が
機能を発揮できるということにちょっと感動してしまったりしています。

そして、青函トンネルへの思い入れがあるからか、
最近こんな本を読みました↓
632601

この本を読むと、青函トンネルの工事がいかに困難だったか、
そしていかに偉大な事業だったのかがよくわかります。

従来の工法ではうまくいかず、新しい工法を導入したり、
この場所の特性に合わせて改良や工夫をしたり。
そうしながらいくつもの困難を乗り越えて貫通を果たした
ところに、ほんと感動しました。

そして本だけでは物足りず、
↓こんなものも買ってしまいました。
632602

やっぱり映像で見るといいですね。
本に出てきた人たちが語っているのもいいですね。
そして、久保純子アナウンサーが若いですね(笑)

でも、やっぱり短時間にまとめられているので、すごく
物足りない感じは否めないです。


なんだかこんな風に書いていると、早く乗りに行きたくなってきました・・・。


昨年夏に撮った奥津軽いまべつ駅横の新幹線の軌道。
632603

もうこんな写真は撮ることができませんね。


そして青函トンネルから出てくる特急「白鳥」
632604

こんな風景ももう見られないんですね。

|

« コーヒーでも | トップページ | JR全線乗車に向けた旅 その① »

コメント

こんばんは。
私も鉄道全線乗り潰し目指しているのでいずれは北海道新幹線も乗りに行くつもりです。
しかし、今回の開業で便利というよりか逆に不便になった気がします。
青森⇔函館の相互利用なんか、乗り換え2回強要される上に、以前と時間がほぼ変わらず(逆に遅くなったパターンもある)、料金が大幅値上げして非常に不便になりましたね。
札幌まで全通しないと値打ちがないのじゃないかなぁ~

投稿: KANCHAN | 2016年4月 1日 (金) 23時22分

北海道新幹線が開通したとき一番に
思い出したのは、あなたです。
徹夜で並んで切符を買われたのでは
ないのかと・・・

そうではなかったのですね。

後日乗られたら記事を書いて下さい。

投稿: matsubara | 2016年4月 2日 (土) 17時56分

こんばんは。北海道新幹線、話題にはなってますけど、関西からだとどうしてもあまりご縁がなさそう。。。
いつかはそれでも乗ってみたいものです。
自分もきっと乗るとしても青森から函館の間だけになりそうですけどww

投稿: 大樹 | 2016年4月 4日 (月) 00時01分

KANCHANさん
いつもながらお久ぶりになってしまい申し訳ありません。
全線乗りつぶしを目指すなら乗らないわけにいかないですね。
たしかに青森と函館の移動に関して言うと不便になってしまった部分もありますね。
おっしゃるように札幌まで開通しないと効果は発揮できないのかもしれないですね。

投稿: Junjiro | 2016年7月 2日 (土) 22時19分

matsubaraさん
いつも返信が遅く申し訳ありません。
一番に思い出していただいたということですごく光栄です。
さすがに徹夜で並んで、ということまではしませんでしたが、
”JR全線乗りつぶし”というのも返上した状態になっていますので、
少し落ち着いたら乗りに行こうと思っています。

投稿: Junjiro | 2016年7月 2日 (土) 22時22分

大樹さん
こんばんは。いつもいつも遅い返信で申し訳ありません。
そうですよね、やっぱり関西からだと北海道新幹線は遠いですね。
函館にしても札幌にしても、飛行機でひとっとびの方が早いですし。
でも、ぜひ大樹さんも乗りに行ってください。

投稿: Junjiro | 2016年7月 2日 (土) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/64661282

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道新幹線開業:

« コーヒーでも | トップページ | JR全線乗車に向けた旅 その① »