« JR全線乗車に向けた旅 その③~偕楽園 | トップページ | 北海道旅行・2016年夏 その①~JR全線乗りつぶし達成 »

2016年9月 4日 (日)

須磨海浜水族園に行ってきました

こんにちは。

気が付くと9月ですね。
9月というと台風の季節といったイメージがあったんですけど、
今年はすでに台風が日本列島を襲って、甚大な被害が出ていて
さらにこれから台風の季節かと思うと、気が重くなってしまいます。


さてさて、タイトルの通り神戸市立須磨海浜水族園に行ってきました。
といっても、行ったのは1ヶ月ほど前なんですけどね。

きっかけはNHKでやってたドラマ「水族館ガール」。
第1話を見て、面白そうと思いまして・・・。でもその後の回を見逃してしまって、
結局見たのは第1話と最後の2回、第6話と第7話だけなんですけどね。

なので実際にはテレビドラマではなく、その原作の小説の方が直接のきっかけです。
690401

相変わらずブログの更新が遅くて、いつの間にか須磨に行ってから
1ヶ月ほど過ぎてしまっていましたが、ドラマ「水族館ガール」も一昨日9月2日に
最終回だったので、忘れないうちに書いておこうとsweat01

で、なぜ京都水族館や越前松島水族館じゃなくて須磨海浜水族園なのかというと、
小説の中でラッコの話が出てくるんですが、そこの部分を読んでたときに、小さいときに
須磨水族園にラッコがやってきて、親に連れられて須磨海浜水族園にラッコを見に
行ったのを思い出したから、というものです。

阪急、山陽と乗り継いで月見山駅で下車
690402


ここから歩いていきます。
道中の歩道にはイルカなどの絵が描かれていました。
690403


駅から約10分で須磨海浜水族園に到着
690404

690405


さっそくチケットを買って入ります。

入ってすぐのところにアトラクションのスケジュールがあります。
690406_3

水族館ガールではイルカが主に描かれているので、イルカライブは見ておこうと
スケジュールを確認するとまだ時間があるので、先に館内を見ることにします。

ここ、須磨海浜水族園でもイルカ”ライブ”という呼び方が使われているんですね。
どう呼ぼうといいんですが、普通はイルカ”ショー”ということが多いと思うんですよね。
水族館ガールでも、”ショー”じゃなくて”ライブ”という呼び方に意味を込めていたので、
ちょっと反応してしまいました。


いつもなら魚たちの写真をいっぱい撮ってるところですけど、今回は水族館を
楽しもう思って来たので、敢えて写真はほとんど撮ってません。
690418


にしても、夏休みだからか子供が多いですね。
そして、叫ぶわ、走り回るわですごく賑やかsweat01


ラッコ館にもやってきました。
690407


冒頭にも書きましたが、小さい時にラッコを見に来たのが
この須磨海浜水族園でして、当時はすごく珍しかったからか見に来る人も
多くて、長い列に並んで見た記憶があります。


水槽の反対側はこのように段になっていて、その当時はとにかく
人が多いので、立ち止まることができず、ここを進みながら見たのを覚えています。
690408

今はお客さんも多くないのでゆっくりと見られます。
でも、往時の混雑が嘘のように今はあまり人がいないので、
ちょっと寂しさも感じました。
そして、小さいとき行った場所に大人になってから行ったらよくあることですが、
「こんなに小さかったかな?」って感じました。記憶の中では水槽も、この段の
部分ももっと大きかったんですけどね。

で、肝心のラッコです。
690409


とにかく動く動く、動き回るで、まともに写真を撮ることができませんでした。
水の上にぷかぷかと浮いているというイメージとは違いました。
そういうのも実際に水族館に来るから見ることができるんですよね。

しばらくラッコを見た後、イルカライブの会場へと向かう途中にアザラシを発見。
690410

動き回るラッコとは対照的にこちらはのんびりと浮いていました。
690411


そしていよいよイルカライブ。
お客さんもたくさん入っていました。
690412_2


ライブ中は写真を1枚もとらず、ライブを楽しみました。
ただ、男一人で見ているのはちょっと場違いな感じが…。


イルカライブの後、ペンギン館などを見て回り、
最後にイルカ焼を食べて須磨海浜水族園を後にしました。
690414

イルカ焼き
690415


オリンピックに関係したイベントとして、日本がメダルをとると、そのメダルの
色を持つ魚を追加していくということで、水槽が用意されていました。
ただ、行った時はまだオリンピック開幕前。ということで水槽の中に魚はいませんでした。
690416


なかなか面白い取り組みですね。

そして過去最多のメダルを獲得した今回のオリンピック。
予想以上のメダル獲得で、金メダル用に用意した
ゴールデンバタフライフィッシュが足りなくなって、足りない分は
水槽にシールを貼って対応したそうで、うれしい誤算だったようですね。


帰りにちょっと神戸に寄り道。
ただ、暑くてちょっと海を眺めただけで帰ってきました。
690419

690417_4



そうそう、小説の水族館ガールでは関西にある水族館として
「海遊ミュージアム」というのがでてきて、その名前から海遊館が
モデルになってるんだろうなと思ってました。実際にジンベエザメや
大水槽などは海遊館がモデルになってるようですが、もしかすると
この須磨海浜水族園もモデルになってるのかもしれないです。

既に書きましたけど、イルカライブという呼び方をしていますし、
(小説の中ではイルカライブという呼び方をしているのは、主人公が
働くアクアパークと海遊ミュージアムのみ)
明治までさかのぼる歴史や、運営団体などが小説の海遊ミュージアムに
合致するように思います。
それに海遊館ではイルカショーはやってませんしね。

だとすると、須磨海浜水族園を選んだのは大正解だったのかもしれませんね。
ま、そんな細かなことは置いておいて、これからはたまには水族館へ行きたいな
と思いますし、今までとは違った楽しみ方ができそうです。

 神戸市立須磨海浜水族園
  http://sumasui.jp/

 

|

« JR全線乗車に向けた旅 その③~偕楽園 | トップページ | 北海道旅行・2016年夏 その①~JR全線乗りつぶし達成 »

コメント

須磨海浜水族園へは30年前に行きました。
そのころ兵庫県に住んでいましたので・・・
目的は夫の会社が作った水槽の掃除ロボットを
見るためでした。今も活躍していることと
思います。招待券も頂いていました。
夫はそのころ三菱重工に勤務していまして、
ロボット研究室にいたのです。
正確には、自動化装置研究室ですが・・・

車で行きましたので最寄りの駅のことは
知りませんでした。
懐かしい水族館の紹介をありがとうございます。

投稿: matsubara | 2016年9月 7日 (水) 19時11分

matsubaraさん
ぼくの場合は30年前、とまではいきませんが25年以上前だったと思います。
水槽の掃除ロボット、今も活躍しているのでしたら、どんなものなのか見て見たかったです。
ちょっと調べてみると意外と駅から近かったので電車で行ってきました。
懐かしんでいただけたのですと嬉しいです。

投稿: Junjiro | 2016年9月 7日 (水) 23時22分

こんばんは。須磨浦は海の方しか行ったことがないので、この水族館はあいにくしりませんでした。
個人的にはこのまったりしたアザラシさんに萌え萌えモードです(笑)
>ゴールデンバタフライフィッシュが足りなくなって、足りない分は水槽にシールを貼って対応した。。。
これ、テレビでやってました。ここの水族館が企画していたんですね。21個でしたっけ。今回のオリンピック日本勢の活躍本当すごかったですね。

投稿: 大樹 | 2016年9月10日 (土) 23時08分

大樹さん
こんばんは。毎度ながら返事が遅くなり申し訳ありません。
親によると、僕も海の方へも行ったことはあるようなんですが、
まったく覚えていないんですよね。
アザラシさん、いいでしょ。あまり皆さんから注目はされていなかったんですけど、
なんとも癒されるしぐさでした。
オリンピックからもうすぐ2ヶ月が経つんですね。いよいよ東京に向けて進んでいくことになりますね。

投稿: Junjiro | 2016年10月 2日 (日) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/67336556

この記事へのトラックバック一覧です: 須磨海浜水族園に行ってきました:

« JR全線乗車に向けた旅 その③~偕楽園 | トップページ | 北海道旅行・2016年夏 その①~JR全線乗りつぶし達成 »