« 須磨海浜水族園に行ってきました | トップページ | 北海道旅行・2016年夏 その②~函館 »

2016年10月 8日 (土)

北海道旅行・2016年夏 その①~JR全線乗りつぶし達成

こんにちは。

気が付くと前回の更新から1ヶ月以上が経ってしまってまして・・・、お久しぶりです。
あやうくこのまま、また数ヶ月更新が停滞してしまうところでした。

前回に続いて小説の話になりますが、最近「駅物語」という本を読みました。
新人駅員さんの話ですが、前回の記事で紹介した「水族館ガール」の
飼育員同様に、ちょっと外からはわからない仕事の内容だったり職場の
ことが書かれていて、興味がわきました。実際にこのようなお仕事に
就かれている人からすると、”こういうのあるある”となるのか、
”実際はこんなんじゃない”となるのかはわかりませんけれどね。

あとは、どちらも新人だったり、新しい職場にやってきた主人公が奮闘していく
姿もいいですね。実際にはそんなにうまくいく訳ないと思ってしまう部分もありますが、
成長していったり成功していくのを読むのは楽しくていいです。ま、オイラは単純です
からすぐに感動してしまうんですけどね。

6x0801

さて、タイトルにあるように、この夏に行った北海道旅行の旅日記を書き始めましょう。

タイトルにもあるようにこの旅で、JR全線乗りつぶしを達成しました!
といっても、この春に開通した北海道新幹線の新青森~新函館北斗を乗りつぶした
というだけですけれどね。

で、過去のJR全線乗りつぶしのときと同じように、せっかく乗りつぶし達成の旅なら、
現地へは鉄道で行こう、ってことで、今回は飛行機ではなく鉄道で北海道入りします。

まずは京都から東海道新幹線で東京を目指します。
車内販売で朝のコーヒーcafe
6x0802


東北新幹線や北陸新幹線は乗ってましたが、東海道新幹線は久しぶりで、
いつの間にか東海道新幹線の車内販売でもICOCAをはじめとしたICカードで
支払えるようになっていたんですね。
今回の旅ではICOCAやiDなどでの支払いが多くて、ほんと現金、特に小銭を
使う機会が減ってるなぁと実感しました。


米原あたりから曇りだし、富士川を渡るところでも富士山は見えず
6x0803


富士山は見えませんでしたが、久しぶりの
東海道新幹線の車窓を眺めているうちに
東京駅に到着。ここで乗り換えです。

発車案内の電光掲示板に「新函館北斗」の文字が見えますね。
ほんとに北海道までつながっているんだというのを実感できます。
6x0804


さっそくホームに上がってしばらく待っていると、これから乗る列車が入ってきました。
6x0805

6x0807

6x0806

充当されていたのはJR東日本のE5系U5編成。
せっかくならJR北海道のH5系に乗りたかったんですけどねぇ。

「新函館北斗」
北海道まで新幹線で行けるんだなぁ、と実感。

6x0808



さて、せっかくのJR全線乗りつぶし達成の記念の旅。
大奮発してグランクラスに乗ることにしちゃいました~。
6x0809

6x0810


昨年、北陸新幹線の長野-金沢間を乗って、JR全線乗りつぶし達成を
した旅の時もグランクラスに乗ってしまいましたが、やっぱこの雰囲気、いいですね。


定刻の10時20分に東京駅を出発。北海道を目指します。

流れゆく景色を、ゆったりした快適な座席に座って眺めながら、
まずはリンゴワインをいただきます。
6x0811

グランクラスでは、アルコールを含めた数種類の飲み物が無料でいただけます。
ま、無料といっても、それらの費用はグランクラスのきっぷ代として払っているだけ
なんでしょうけれどね。

11時半過ぎにお昼ごはん。軽食も無料です。
6x0813

お品書き
6x0814

食後のコーヒー
6x0815


車内でくつろいでいる間にも、列車は盛岡、八戸と停車しながら北を目指します。

そして、新青森駅に到着
6x0817

ここで東北新幹線から北海道新幹線にバトンタッチ。
いよいよ未乗車区間の乗りつぶしが始まります。

津軽半島を北上
新青森駅でJR北海道の乗務員に交代。
なんだか放送の雰囲気も変わりました。

外は曇っています。
6x0818


本州と北海道を結ぶ青函トンネルは複線トンネルで、
新幹線と在来線が線路を共有するので、トンネルの両側で
新幹線と在来線が合流・分岐します。
ということで、在来線の線路が近づいてきました。
6x0819
(手前が北海道新幹線の上り線、奥が在来線の上り線)

そして合流
6x0820


この合流地点、昨年訪れたこの場所(←クリック)です。


新幹線(標準軌)と在来線(狭軌)は2本のレールの間の幅が違うので、
ここから先はレールが3本になります。
6x0821


本州最後の駅、奥津軽今別駅に到着
6x0822

ここはJR北海道の駅。
さすがJR北海道、新幹線の駅でも在来線の駅と同じように
柱に付けられている駅名標の下にはちゃんとサッポロの宣伝
が付いていました。



函館側のホームの端
6x0823

6x0824

昨年、ここに立って新幹線の線路やホームの写真を
撮っていた(クリック)のが懐かしいです。
まったく面影はなくなっていましたけれどね。


さて、奥津軽今別駅を出て、いよいよ次に停車するのは北海道です。

青函トンネルには13:50頃に入るという車内放送もあり、
いよいよ北海道が近づいてきた感じがします。

在来線と合流してから青函トンネルまでにはいくつかトンネルを
通過するんですけど、そのいくつ目かのトンネルで、”ずいぶん
長いトンネルだなぁ”って思って時計を見ると13:55sign03

いつの間にか青函トンネルに入ってた…

って、ことでなんか感動がないままに青函トンネルに入ってしまって、
津軽海峡の海底を北上。

龍飛定点と思われる場所を通過
6x0825


青函トンネルを抜け、北海道上陸。

木古内駅の手前で在来線が分岐していきます。
ここも昨年訪れましたね。(クリック
6x0826
(手前が新幹線の上り、奥が在来線の上り)


北海道新幹線開通前の特急スーパー白鳥時代は、
青函トンネルとその前後の区間は新幹線規格の複線で整備されていたんで
すごく快適に高速で走るのに、この木古内から先は対向列車との交換待ちなどで
函館までとても時間がかかっていましたが、新幹線はわずか15分足らずで終点の
新函館北斗駅に到着します。

ということで、新函館北斗駅到着。と同時に、JR全線乗りつぶしを達成です!
6x0828

6x0827



まだ手付かずのように見えますが、北海道新幹線はこの先、札幌まで延びる予定です。
6x0829


団体客がいて、ちょっと混み合うホームを通り、改札を通って
ちょっと駅の外に出てみます。
てか、ホーム狭すぎ!
階段の横の部分とかなんかは、向かいから人が来たら待っていないと
いけないくらいの狭さ…。


新函館北斗駅
6x0830


てか、寒い!
この旅行は7月に行ったのに、駅前にあった
電光掲示では気温が16℃とか表示されてるし。

ま、とりあえずここにいても仕方ないので、在来線で函館駅に向かいます。



(つづく)

|

« 須磨海浜水族園に行ってきました | トップページ | 北海道旅行・2016年夏 その②~函館 »

コメント

全線乗りつぶしおめでとうございます。
凄いです。鉄ちゃんここに極まれり
ということですね。

昨年夏、渡道したとき、新幹線の話題で
もちきりでした。どうやら私たちは話
だけで実現できないと思います。

9月末台湾新幹線には、乗ってきましたが・・・

投稿: matsubara | 2016年10月16日 (日) 12時09分

こんばんは。グランクラスに乗っての北海道入りですか!!!
すごい大枚はたかないと乗れないやつではないですかあ!!!
俺みたいなプロレタリアートには全くご縁がない乗り物!!!
一生に一度でいいからグランクラスで贅沢をしてみたい!!!

投稿: 大樹 | 2016年11月 4日 (金) 23時09分

matsubaraさま
ありがとうございます!
なんとかJR全線乗りつぶしのタイトルを奪還しました。
matsubaraさんもぜひ北海道新幹線の乗車を実現してください。
僕は、台湾新幹線の乗車を実現しないと、ですね(笑)

投稿: Junjiro | 2016年11月20日 (日) 17時28分

大樹さま
はい、JR全線乗りつぶし達成なんで大枚はたきました!!
こちらもグランクラスなんて一生に一度って感じで、乗りつぶし達成の記念に乗車しました。
やはりグランクラスは快適で、4時間超の乗車時間でしたけどまだ乗っていたいと思いました。

投稿: Junjiro | 2016年11月20日 (日) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1305310/67853697

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道旅行・2016年夏 その①~JR全線乗りつぶし達成:

« 須磨海浜水族園に行ってきました | トップページ | 北海道旅行・2016年夏 その②~函館 »