« 道南の旅2018冬 その②~奥尻へ | トップページ | 道南の旅2018冬 その④~新千歳へ »

2019年2月25日 (月)

道南の旅2018冬 その③~洞爺湖へ

今日はなんだかもう春がやってきたような感じで
穏やかに晴れた一日。明日も、今日よりは気温が
下がるものの平年よりは高いようです。

暖かいのいいですが、いよいよ目や鼻に異変が出てきました。
あ~、花粉の季節ですね

さてさて、道南の旅2018冬の旅日記、続きを進めましょう。

前回は函館から奥尻へ行き、奥尻空港利用を果たしてから
函館空港に戻ってきました。(前回の旅日記はこちら)


空港からバスに乗ってやって来たのは函館駅
1921024

ただいまの時刻は午後2時。
だいぶん遅くなりましたが、お昼ご飯にしましょう。

なんだか午後2時にもなってしまうとお昼ご飯という感じではありませんね。

奥尻の飛行機が30分ほど遅れたこともありますが、
定刻通り飛んでいれば午後1時半ころのはず。
1時半だとギリギリお昼ごはんって感じがしますが、
2時ではなんとなく気分的に大きな違いがあります。

そして気分だけではなく、お店もすでに閉まっているところも多く、
朝市の通りやどんぶり横丁など、開いているお店を探し回ることに・・・。

何軒か開いているお店を回り、函館に来たんだから海鮮ものを!
ということで海鮮もののお店に。

いただいたのは、いかソーメン
1921026


お店を探していたおかげでお昼ご飯にありつけたのは午後2時半。
もうお昼ご飯とは言えませんね

遅ーいお昼ご飯を食べ終えて、函館駅に戻ります。

さて、函館駅からは鉄道で移動です


が、
しかしどうやら列車が遅れているようです
1921028


これは函館駅に到着する列車の案内ですが、オイラがこれから
乗るのは一番上の「スーパー北斗10号」の折り返しで運転される
函館駅14:56発の「スーパー北斗15号」。

スーパー北斗10号が15:35に函館に着くので、スーパー北斗15号は
どんなに早くても15:40頃の発車になってしまいますね


さて、45分ほどの空き時間ができてしまったけど、どうしたもんかな。


”そういや函館駅前に国道5号線の道路元標があった”と思い出して、
起点好きとしては見に行っておかないとと思って行ってみると・・・


雪に覆われていました
1921027


雪を払いのける元気もなく、駅に戻って結局は土産物を見て
回ったりして過ごしました。


そして到着案内通り、15:35に札幌からのスーパー北斗10号が到着。
折り返しスーパー北斗15号札幌行きとなります
1921029

1921030



市街地を抜けると視界が開けます。

もうすぐ日没ですね
1921031



この特急スーパー北斗はうれしいことに車内販売があります


ということで、遅かった昼ご飯の食後のデザートということで
1921032


以前、新函館北斗駅から特急「北斗」に乗った時(→こちら)と同じですね


車内販売があることにうれしくなって、
さらに飲むヨーグルトもいただきました
1921033

今月、2019年2月末でJR北海道の車内販売も終了になってしまうようです。
ん~、列車旅の楽しみが一つ減ってしまいます…。


とにかくこんな風に車内で楽しんでいるうちに、函館駅から2時間弱で
洞爺駅に到着、下車します。

旅行の計画を立てるときには、苫小牧や千歳で宿泊して
2019年春に廃止されるJR北海道石勝線の夕張支線に
乗ろうと考えてました。
が、ものすごく朝早く起きないといけないのに夕張駅に着いたらすぐに
引き返すことになるだか、そもそも夕張駅まで行ったら帰りの飛行機に
間に合わなくなるだか、理由は忘れてしまいましたが、とにかく夕張駅に
行くことは断念していました。

でも、夕張駅へ行くことを前提に航空券を手配したので、帰りは
新千歳空港からの飛行機。
なので、函館で泊まるのではなく札幌方面へ向かわなければならず。
どうしようかなと考えた末に、温泉でゆっくりしたいなと思って洞爺湖へ
行くことにしました。

ということで洞爺駅からバスで洞爺湖温泉にあるホテルへ。

のはずが、列車が遅れたためバスに乗れず、次のバスまでは
かなり待ち時間があるということで、やむなくタクシーを利用。

思わぬ出費を強いられましたが、無事にホテルに到着して1日目終了です。


(つづく)

道南の旅 2018年冬
  その① / その② / その③ / その④ / その⑤

|

« 道南の旅2018冬 その②~奥尻へ | トップページ | 道南の旅2018冬 その④~新千歳へ »

コメント

もう5年くらい前のことですが
函館のイカそうめんがおいしかった
ことを思い出します。あれから
あれ以上のものをいただいたことが
ありません。

函館に道路起点があることも知らず
見なかったことが、とても残念です。
日本橋のスタート地点しか
知りません。

投稿: matsubara | 2019年2月27日 (水) 08時21分

matsubaraさん
matsubaraさんもおいしいイカそーめんを召し上がられたのですね。
函館は海鮮ものがおいしくて、朝市などは活気もあって好きな街です。
今は新千歳空港が北海道の玄関口になっていますけど、昔は函館が玄関口として
道路も函館を起点に延びていったのだろうなと思います。
日本橋の日本道路元標は一度見に行ったことがありまして、
懐かしいです。

投稿: Junjiro | 2019年2月27日 (水) 20時14分

こんばんは。
函館から一気に洞爺湖まで行かれたのですね。
冬の小幌の様子はどうだったのでしょうか?
石勝線の夕張支線は微妙に遠いですね。廃止まであと1ヵ月しかなくなりました。
来年は札沼線の非電化区間が廃止になります。新十津川→の日本一早い終電(「終汽」の方が適切か?)という名物もなくなってしまいますね。
同時に末端区間の廃止によって札沼線が全線電化になるとは皮肉な物です。可部線もそうでしたね。

投稿: KANCHAN | 2019年2月28日 (木) 21時06分

KANCHANさん
函館からは特急で一気に洞爺湖まで行きました。
小幌は一瞬だけホームが見えたような見えなかったような・・・。
既に記憶があいまいになってしまっています。
夕張支線に乗るには意外と時間が必要でした。夕張支線もあと1ヶ月になってしまいましたね。
札沼線の廃線は来年なんですね。チャンスがあれば乗りに行ってみたいですが、
時間があるかどうか…。

投稿: Junjiro | 2019年2月28日 (木) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道南の旅2018冬 その③~洞爺湖へ:

« 道南の旅2018冬 その②~奥尻へ | トップページ | 道南の旅2018冬 その④~新千歳へ »