« 映画「翔んで埼玉」を観てきました | トップページ

2019年3月13日 (水)

夕張の旅 2019冬 ~その①

3月に入って暖かくなってきたんで、いよいよ春だな~なんて思っていたら
昨日から今日は冬に逆戻りしたように寒い1日。
あられやみぞれも降り、雷も鳴っています。

そうそう簡単に春にはならないようですね。

さてさて、2018年最初に行った北海道旅行の旅日記(→こちら)を書き終えたので、
次は2018年2つ目の旅行の旅日記を、となるところなんでしょうけど、敢えて
一番最近に行った、これまた北海道旅行の旅日記を書くことにしましょう

なので、タイトルの”2019冬”というのは”2018”の間違いではありませんよ。


タイトルにあるように夕張に行ってきまして、このタイミングで夕張へ行ったのは
もちろん今月末で廃止となるJR北海道の夕張支線に乗車するためなわけです。

2018年に行った旅日記を順に書いてからだと、この夕張の旅の旅日記を書けるのは
いつになるかわからないし、まあタイムリーな旅先だし、こちらを先に書いておこうかなと。


というわけで、旅のスタートは小松空港。
まずは羽田空港へと向かいます。

利用したのはJAL182便
使用機材はボーイング737-800 (登録番号はJA309J)
1930201

7:20に搭乗が開始されて7:35にドアクローズ。
なぜかこの後しばらくじーっとしたまま。
なんのアナウンスもなかったので理由はわかりませんが、
そうしているうちに7:45発のANA752便の方が先に動き出して
R/W24 から羽田へ向けて離陸していきます。

そして7:48にようやくプッシュバック。
先に離陸したANA機とは逆向けの R/W06 から8時に離陸。

左旋回で海上へ出たところで雲の中へ。
さらに旋回しながら上昇して雲の上へ出てから少し大きく揺れた後は
あまり揺れもなく名古屋や浜松上空を通過していきます。
ただ機窓は雲ばかり。
1930202



眼下には今年初めての旅で訪れた静岡空港が見えます。

1930203



かろうじてうっすらと姿を見せた富士山も見ることができました


そうして50分のフライトタイムで羽田空港の R/W 34L にちょっと衝撃を伴って着陸。
出発が遅れたので到着も遅れましたが、乗り継ぎに影響するほどでもなく、
しかも次に乗る飛行機の搭乗口が、小松から到着した隣の搭乗口だったので、
遠くまで歩いていく必要もなし。
これで遠く離れた搭乗口だったら大変でした。

羽田空港でJAL509便の札幌・新千歳空港行きに乗り継ぎます。
1930204


使用機材はボーイング777-200 (登録番号はJA8985)
1930205


小松からの便とは違って、こちらの便では外国人もたくさんおられます。
やっぱり北海道は人気の観光地なんでしょうね。

先ほどの小松からの便は満席でしたが、この札幌行きも見た感じは満席です。


9:33にブロックアウト、9:47に R/W 34R から離陸

機窓には東京の街並みとスカイツリーも見えます。
1930206


眼下はほぼずっと雲に覆われています
1930207


機長からのアナウンスによると新千歳空港周辺の天候は
小雪で気温はマイナス1℃。

やっぱり寒いですね。


少し雲が途切れたところに湖が見えます。
1930208

おそらく十和田湖ですね。
雲と見分けがつきにくいですけど、写真中央付近が十和田プリンスホテルの
辺りじゃないでしょうか。

羽田を離陸してから1時間10分ほどのフライトで新千歳空港の R/W01R に着陸
スポイラーとフラップ全開
1930209


ほとんど揺れのない快適なフライトでした。


ほぼ1年ぶりの北海道。
2019年も北海道に来ることができました

ちょうどお昼時でしたので、空港で食べて行こうと思って、搭乗カウンターなどの
ある2階に上がってくると、空港の手荷物を預ける場所やチェックインカウンターは大混雑。
どうやら修学旅行の学校がいくつか同じ時間帯に出発するようで、
それが重なったことで混雑しているようです。

翌日はここから飛行機に乗るので、時間に余裕をもって来ておいた方が良さそうだなあ、
なんてことを考えながらも、それはさておきお昼ごはん


何を食べようかとターミナルビル内を歩いていると、
きくよ食堂さんを発見
1930210


きくよ食堂さんは函館の朝市で何度か食べたことがあったので、
懐かしいなあという思いもあって、こちらで昼食をいただきました。

元祖函館 巴丼をいただきました
1930211

やっぱり北海道は食べ物がおいしいですねぇ


海の幸を堪能した後は甘いものも欲しくなって、
これまた何度か食べている雪印パーラーさんの
空港ソフトクリームをいただきました
1930212



空港に着くなり北海道の食を堪能。
ではそろそろ目的地の夕張へと向かいましょう。

(つづく)

|

« 映画「翔んで埼玉」を観てきました | トップページ

コメント

こんばんは、今度は夕張ですか。そうでしたね、夕張線廃止なんですねえ。何度か夕張に入っていますが、あのかわいらしい駅舎ともお別れなんですね。ちょっと寂しい感じもします。
新千歳空港の探検、俺も行く度色々ウロチョロするんですけど飽きない工夫が一杯されていて楽しいですよね。
雪印パーラーのソフト、寒くてもこれは絶対食べたくなってしまいますね♪

投稿: 大樹 | 2019年3月16日 (土) 19時43分

ローカル線乗りつぶしから飛行場の
全搭乗とはすごい目標ですね。

いつか叶えてください。

函館の海鮮どんぶりが懐かしいです。
ホタテに、ウニに、イクラが満載
ですから、そこしか味わえませんね。

投稿: matsubara | 2019年3月17日 (日) 09時28分

こんばんは。
先週は能登鉄道穴水に牡蠣を食べに行って、氷見線、城端線、富山地鉄、高山本線と乗車してクタクタでコメントを書くのが遅れました。

先日のブログの2018年1月の旅行記では夕張支線を断念されてましたが、廃止前にリベンジを果たされて何よりです。
私は廃止前の乗車としては昨年三江線最終日に行きましたが、夕張支線もかなりの人だったのでしょうか?

投稿: KANCHAN | 2019年3月19日 (火) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕張の旅 2019冬 ~その①:

« 映画「翔んで埼玉」を観てきました | トップページ