« 南西諸島の空港訪問旅2018冬~その① | トップページ | 南西諸島の空港訪問旅2018冬~その③ »

2020年5月 6日 (水)

南西諸島の空港訪問旅2018冬~その②

こんばんは

異例の大型連休も最終日ですね。
ニュースでもやっていましたが、例年でしたらUターンで
空港も駅も高速道路も大混雑なのが、今年はどこも閑散。
東京駅の映像が流れていてもほとんど人がいない。

これだけ人が動かないと経済も回らないですね。
もともとは今日までだった緊急事態宣言が今月末まで
延長されましたが、なんとしてもこの1ヶ月で緊急事態を
終わらせる。今月末と言わず前倒しで終結させるように
しないといけないですし、そのためにも自分が感染しない
よう、他人に感染させないように外出を控えて手洗いや
手の消毒を徹底します。

さて外出自粛の連休は読書をしようと連休前にネットで購入
していた本がこちら
205902

ノンフィクションなのかフィクションなのかわからないのですが、
アルジェリアのオラン市という実在する街でペストが流行し、
確実に効果のある薬もなく、封鎖された街の中で次々に市民が感染、
死亡。その状況の中での人々の様子を描いた作品で、まさに今の
新型コロナによってもたらされている状況に似ていて、70年ほど
前の作品ですがすごく現実味を感じる内容です。
連休中に読もうと思っていましたが、まだ読み切れていないので、
どのような結末になるのか、早く読み進めようと思います。


さて、本題の南西諸島空港訪問の旅、前回は関空から那覇に入り、
北大東空港まで行ったところでしたね。
(前回の旅日記はこちら

北大東島には定刻よりも20分ほど早く着いたのでちょっと時間的
余裕があり、展望デッキに上がります。

駐機場には先ほど乗ってきた&これから乗る琉球エアコミューターの
機体がいて、その先、滑走路の向こうには海と空が広がります
205011

海とは反対、島の方の風景
205012

高い山や建物がないのでとても見晴らしがいいですね。


この開放的な雰囲気の中にもっといたいですが、
飛行機の出発も近くなってきたので空港ビルの
中に戻って、次の飛行機に乗る準備をします。

カードの読み取り機がトラブって、搭乗口がちょっと
混乱気味になっていましたが、大きな問題はなく
先ほどと同じ琉球エアコミューターのDHC8-Q400CC(JA83RC)に再び乗りこみます。
205013

飛行機だけではなく客室乗務員も同じ人で、乗客も先ほど那覇から
乗ってきた人が何人もいらっしゃいます。
オイラのように空港巡りをしている人が多い・・・、というわけではなく、
1つの飛行機が那覇→北大東→南大東→那覇のようにぐるっと回るという
ルートで航空ダイヤが組まれているため、南大東島へ行こうとすると那覇
直接ではなく北大東経由で行く必要があるためです。

さてそんな感じで同じ乗客も何人か乗せて15:23にブロックアウト、
15:31にR/W03から離陸

機内での案内放送によると、飛行時間は離陸後7分!
北大東空港と南大東空港は距離にして12kmほどしか離れて
いないということで飛行時間がものすごく短い!

これでもこの日は北向きR/W03からの離陸なので、
北に向かって離陸後、旋回して南大東島へ向かい、
南大東空港の南側まで回り込んで、再び旋回して
南大東空へ北向きR/W02へ着陸というルートだったので、
飛行時間は長い方だったんじゃないかなと。
北大東空港と南大東空港の滑走路はほぼ直線状に位置していて、
向きもほぼ平行なので、もし南風なら、北大東空港を南向きに
離陸、そのまま南向きに飛行して南大東空港に着陸となるので、
飛行時間はさらに短くなるだろうなあ。

機窓を見ながらそんなことを思います
205014

と、まもなく南大東空港に着陸
駐機場から空港ビルまで歩いていきます。
205015


南大東空港
205017

54番目として南大東空港を訪問できました。


空港の前の風景
205016
205018

北大東空港と同じように青い空が広がっています。


さて、南大東島も長居はできず、乗ってきた飛行機で、今度は那覇へ戻ります。
205019

定刻よりも早く出発。
1時間弱のフライトで16:58に那覇空港のR/W36に着陸


コインロッカーから荷物を取りだしてゆいレールで市内へ移動します。
予約していたホテルにチェックインして荷物を置いて晩御飯に出かけます。

オリオンビールで乾杯🎵
205020


南西諸島空港訪問の旅、1日目終了です。

(つづく)

南西諸島の空港訪問旅2018年冬
その①その②その③その④ / その⑤

|

« 南西諸島の空港訪問旅2018冬~その① | トップページ | 南西諸島の空港訪問旅2018冬~その③ »

コメント

北大東島に南大東島、、、
ここもまた孤島の最たる場所の一つなので、一生のうちに行けるかなあ。。。
両方の島を堪能できなくてもどちらかだけでも行ってみたいです。

投稿: 大樹 | 2020年5月 6日 (水) 22時57分

大樹さん
飛行機で行けるとはいえ最たる孤島といった感じで、
この空港利用チャレンジをしていなければ行く機会が
なかったのではないかなと思っています。
空港以外にどこにも行けませんでしたので、ぜひ
大樹さんに行っていただいてブログで疑似観光を
してみたいなと期待しています(笑)

投稿: Junjiro | 2020年5月 7日 (木) 22時46分

カミュの異邦人は高校の時読みましたが、ペストは
まだです。この時期皆さん読まれているようですね。

大東空港だけでとんぼ返りは勿体ないですが
いつものパターンですね。
とてつもない大きな洞窟があるようですね。
こんな機会でもないと調べないのでネットで
見て見ました。
私も疑似観光しました。

投稿: matsubara | 2020年5月 8日 (金) 10時17分

matsubaraさん
そのようで、かなり売れているようですね。
この本もでしたが、同じように感染症を題材にした
小説をいくつか見ると、どれもお取り寄せになっていました。

おっしゃる通りでもったいないですがいつものパターンです。
とてつもない大きな洞窟ですか。ぜひ行ってみたいですが、
行ける機会があるかどうか。

投稿: Junjiro | 2020年5月 8日 (金) 21時01分

こんばんは。ちょっwww
せっかくの大東島なのに飛行機乗っただけでほぼ終了とは…何かもったいない。
私は大東島は未踏ですが、行く時には
那覇→(大東海運 南大東経由北大東行)→北大東(6時間滞在)
北大東→(大東海運)→南大東(宿泊して翌日昼まで滞在)
南大東→(RAC 北大東経由)→那覇
で、フェリーのクレーン下車、飛行機の最短区間体験の欲張りコースをやりたいです。
しかし、まとまった休みと、フェリー、飛行機の時間が全て合わないといけないし、フェリーは運休しやすいから運の要素も強いという

投稿: KANCHAN | 2020年5月12日 (火) 03時21分

KANCHANさん
こんばんは。
おっしゃる通りでもったいなかったと今になると思うのですが、
この当時は一つでも多くの空港を利用することだけを目的に
旅行していたので、こんな旅になってしまいました。
フェリーと飛行機での欲張り旅行、タイミングなど難しそうですが、
島訪問を満喫できる旅行でとても充実した旅になりそうですね。

投稿: Junjiro | 2020年5月12日 (火) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南西諸島の空港訪問旅2018冬~その① | トップページ | 南西諸島の空港訪問旅2018冬~その③ »