« 南西諸島の空港訪問旅2018冬~その④ | トップページ | 山形+αの旅 2018冬~その① »

2020年5月21日 (木)

南西諸島の空港訪問旅2018冬~その⑤

こんばんは。
今日はちょっとひんやりな一日でした。
気温の変動が激しいと体調を崩しがちになりますが、
熱なんか出てしまうと新型コロナに感染したのでは?と
なってしまうので、例年以上に体調管理に気を付けないと
いけないですね。

その新型コロナ、関西の京都、大阪、兵庫への緊急事態宣言が
解除されましたね。
”宣言解除=コロナの脅威が去った”というわけではなくて引き続き
感染対策は必要なのですが、解除されたということは状況はよくなって
きていると言うことはできると思うので、いい話ではあります。
ただ、北海道や海外でも起きている感染の第2波がくるといけないので、
徐々に元の生活に戻していくことになりますね。

さてさて南西諸島の空港訪問旅、前回は宮古空港から多良間空港へ
やってきたところまででした。
(前回の旅日記はこちら

205041

前回までで行くところまで行ったので、今回はただ帰るだけ。

多良間島に着いてから、再び宮古島へ戻る便の出発までは30分。
もちろん鉄道の出発時刻のようにその時刻に乗ればいいというのではなく
搭乗手続きや保安検査を済ませて飛行機に乗って、着席して、飛行機が
動き出すところまでで30分ということなので、ほとんど時間がありません。

なので空港の写真を撮るだけですぐに戻ります。

乗るのは、来た時と同じRACのDHC8-Q400CC
205042

10:43にR/W18から、右に海を見ながら離陸
205043


あまり高度を上げず、ずっと低い位置を飛行します。
205044 


離陸から10分ほどで来間大橋が見える場所まできました
205045


宮古島の有名観光スポットでもある与那覇前浜ビーチ
205047

海も砂浜もすごくきれい
こんなところでのんびり過ごす休日に憧れます。


10:56に宮古空港のR/W04に着陸。
なかなかのハードランディングでした。


関西空港行きの飛行機までは2時間弱あり、ちょうどお昼時だったので、
空港内で昼ご飯をいただきます。

豆腐チャンプルー
205048

豆腐が入ると、これまたおいしいですね。


さていよいよ沖縄ともお別れして帰ります。

ANA1750便関西行の使用機材はボーイング737-800 (JA66AN)で、
ほぼ満席。それほど大きな機体ではないですが宮古島は人気の観光地
なんだなあと思うと同時に、そんなところへ来て観光を一切せずに
帰る旅って・・・。

こんな旅も、半分はネタになるなと思いつつ、もう半分は島を
楽しみたかったという後悔。

そんなことを思いながら、ぼーっと外の景色を眺めます。
205049


安定した飛行で14:42に関西空港B滑走路に南側(R/W06L)から着陸。

沖縄にいたので忘れていましたが季節は冬。
関西空港の気温は5℃。寒い!
205050
205051


関空からは往路の逆で、はるかとサンダーバードを乗り継いで帰ります。
宮古島から関空までの飛行時間よりも時間がかかります(笑)
205052

 205053


タイトル通りの空港利用の旅。
観光要素はまったくなしで飛行機に乗って空港を訪れ、
また飛行機に乗っての旅。
写真も飛行機と空港と機窓風景と食べ物と電車だけですね(笑)

そんな旅でしたが「国内77空港利用チャレンジ」は
北大東空港、南大東空港、宮古空港、多良間空港の4空港を
利用して56空港まで進みました。

(完)


南西諸島の空港訪問旅2018年冬
その①その②その③その④ / その⑤

|

« 南西諸島の空港訪問旅2018冬~その④ | トップページ | 山形+αの旅 2018冬~その① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南西諸島の空港訪問旅2018冬~その④ | トップページ | 山形+αの旅 2018冬~その① »