« 山形+αの旅 2018冬~その① | トップページ | 山形+αの旅 2018冬~その③ »

2020年5月27日 (水)

山形+αの旅 2018冬~その②

今週は気温が高めの日が続きますね。
マスクをしていると暑いし、でも口や鼻の辺りは湿度が高くて
喉はあまり乾かないので意識的に水分補給をしないと熱中症に
なりそうです。

さてさて山形旅行の旅日記の続きです。(前回の旅日記はこちら

庄内空港からバスに乗って40分ほど、
「山居倉庫前」バス停で下車します。

空港周辺だけではなくこの辺りも強風が吹き荒れています。
立っていられないほどの強風というわけではないんですが、
風が強いという前提で歩かないと、ぼーっと歩くと風で
おっとっとって足を取られてしまうような風です。

バス停名でわかるように、やってきたのは山居倉庫。
酒田と言えばまずここが思い浮かぶというほど有名な場所ですね。
205110

風が強い以外は雪も降らず、1枚目の写真のように時々青空も広がり
とてもいい感じです。
いや、まあ実際は真冬でめっちゃ寒いんですけどね。
205111
205112

たくさんの倉庫の建物が連なる様は圧巻です。

そして倉庫とケヤキ並木の風情のある風景はあまりにも有名ですね。
205115
205118
205117

この風景を見たくて来たと言ってもいいくらいなんですが、
その期待に応えてくれる場所でした。

この倉庫群は米の取引所の倉庫として1893年に建てられた
もので、川に沿った立地で米の運搬に適したところに立地しています。
120年ほど経った今も現役の倉庫として使われています。
風情ある風景を醸し出しているケヤキ並木も、本来は防風や
倉庫への直射日光を遮ることを目的として植えられたそうで、
他にも倉庫内の環境を米の保管に適した状態に保つための
工夫がいろいろとされているそうです。


撮った写真の中にこんなものが・・・。
205113

旅行に行ったのがずいぶん前なので、なんでこんな写真撮って
きたんだろ?って疑問に思ったんですけど、たぶんこの水たまり
の水面の様子を撮りたかったものと推測
205114

相変わらず、水面がこんなになるくらいに風が強いです。

ケヤキ並木のところは建物に沿って風が吹き抜けるので、
さらに風が強く吹き付けます。


また来たいと思うくらいに良い場所でした。
次は気候の穏やかなときに来たいですけどね。


205171
205170 


この山居倉庫、一部の倉庫を使ってお土産コーナーやお食事処が
設けられています。

現在時刻は13時も過ぎてしまってお腹が空いているので
お食事処「芳香亭」でお昼をいただきました。
いただいたのはハンバーグ定食なんですが写真が残っていなくて、
よほどお腹が空いていたのか写真を撮る余裕もなく食べてしまった
のかも・・・。

食事の後はお土産コーナーで飲むヨーグルトを購入、即いただきました。
205119_20200527235301


さて、見て食べて飲んでと堪能したので、山居倉庫を後にして
JR酒田駅へ徒歩で向かいます。

鵜?
205120


ちなみに今回の山形旅での観光要素はこれで終了。
あとはいつものようにただ”移動”するだけです(笑)



(つづく)

山形+αの旅 2018冬
その①その②その③その④ / その⑤

|

« 山形+αの旅 2018冬~その① | トップページ | 山形+αの旅 2018冬~その③ »

コメント

山形の記事2編まとめて拝読しました。
この倉庫群に行かなかったのを悔やんでいます。

13年前に山寺、つまり立石寺に行きました。

9年前には斎藤茂吉記念館に行きました。
入口の紅花が懐かしいです。(県の花)

いずれも山形新幹線によるものでした。
新幹線と言いましてもローカルみたいで
すれ違う時は駅で下りが待機していました。
まさかの単線なのです。
かえって面白い体験でした。

鵜みたいですが、首が短いですね。
すぼめているのかも・・・

投稿: matsubara | 2020年5月31日 (日) 16時22分

matsubaraさん
山寺も斎藤茂吉記念館も山形県の内陸側ですので、
日本海側にある酒田を一緒に訪れるのは難しかったかも
しれないですね。
ぜひ次回は酒田に行かれて山居倉庫にも訪れてみて下さい。

山形新幹線は新幹線という名前ですが福島から先は在来線特急
ですので新幹線のイメージからはかなり違いがあって、たしかに
面白くて新鮮な体験になりますね。

投稿: Junjiro | 2020年5月31日 (日) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山形+αの旅 2018冬~その① | トップページ | 山形+αの旅 2018冬~その③ »