« 山形+αの旅 2018冬~その② | トップページ | 山形+αの旅 2018冬~その④ »

2020年6月 6日 (土)

山形+αの旅 2018冬~その③

こんにちは
気が付けば6月になっていました。
というか、すでに6月に入って1週間過ぎてしまっています。

旅行にも行かないと土日はいつも同じような過ごし方になって、
変化のない1週間を繰り返すことになって、なんだか1週間が
今までよりもさらに早く感じるようになってます。

さてさて2018年に行った山形旅行の旅日記を続けましょう。
前回は山居倉庫を観光。(前回の旅日記はこちら
今回の旅で唯一の観光の山居倉庫の観光を終えて向かうは酒田駅。

山居倉庫から酒田駅までは2km強。歩いても30分ほどです。
てくてくと歩いて酒田駅に到着
205122
205121

ここからは鉄道で移動します。

が、ここでまたもや強風の影響を受けることになります。

強風の影響で羽越線の下り列車に遅れがでていて、これから乗る予定の
酒田で折り返しの14:30発上り列車も遅れています。

結局30分ほど遅れて15:04に酒田駅を発車。

車両はキハ47気動車
車内は乗客がパラパラといる程度。
205172

国鉄時代からの昔の列車って旅行気分を味わうことができて好きです。
もちろん旅行でたまに乗る列車だからであって、普段から乗る
車両は最新型の方が好きですけどね。
当然、この辺りに住んでおられる方にとってはこの車両が普段から乗る
列車なわけなんで、”昔の列車っていいなあ”というのは旅人の勝手な
発言です・・・。


酒田駅を出るころから雪が降り始めてきました。
駅へと歩いているときに降らなくてよかったと、運の良さに感謝です。

砂越駅。この辺りでは吹雪いていました。
205173


酒田駅から20分弱で余目駅に到着
205123


余目駅で羽越線から陸羽西線へ乗り換え
オイラの乗った羽越線の上り列車は遅れがあったけど、
次の上り列車は定刻通りに余目駅に到着。

この列車からも陸羽西線へ乗り換えるお客さんがいます。

陸羽西線の車両はキハ110系
205124

んー、やっぱりキハ47の方が旅気分が盛り上がるなあ…、
って、旅行者の気軽さでの発言ですね、すみません。


定刻に余目駅を出発して新庄を目指します。
相変わらず雪が降り続けていて、車窓景色は白一色
205125


高屋駅
積雪がすごいことになってます。
205126


陸羽西線は「奥の細道最上川ライン」の愛称がつけられていて、
列車は最上川に沿って走ります。
205127

この路線に乗るのは2度目で、1度目は真夏だったので車窓風景も
まったく違ったのですが、夏も冬も車窓の素晴らしい路線です。

そしてこの辺りは積雪のおおさでニュースにも名前が登場する
肘折温泉にも近いんですね。そりゃ雪も多いですね。


古口駅では行き違い列車の遅れで10分ほど停車。
その影響もあって終点の新庄には10分遅れで到着。
205128


新庄駅はここまで乗ってきた陸羽西線と陸羽東線、
奥羽本線の青森側と山形新幹線としても運用されている
奥羽本線の福島側が同じ平面上のホームに発着する構造。
山形新幹線のE3系も停車していました。
205129

新庄駅
205130


旅の1日目はここ新庄まで。
新庄市内のホテルに泊まります。

天気予報の翌日の予想気温
新庄は最低がマイナス6℃で最高が1℃・・・。寒いですね。
205131


(つづく)

山形+αの旅 2018冬
その①その②その③その④ / その⑤

|

« 山形+αの旅 2018冬~その② | トップページ | 山形+αの旅 2018冬~その④ »

コメント

こんばんは。
今回は飛行機だけでなく列車に観光と旅モードなんですね♪
列車の旅いいですよねと言いつつ最近全くと言っていい程列車に乗る機会がないので、あまり鉄分のない自分も乗りたいモードになってしまいます。
肘折温泉、日本有数の豪雪地帯ですものね。冬の肘折温泉にも行ってみたいけど、寒さに負けそうですw

投稿: 大樹 | 2020年6月 8日 (月) 00時47分

山形新幹線が懐かしいです。
でも旅は冬ではなかったことからあまり
山形の実感はありませんでした。

今日ブログにおしんのことを少し書きましたが
おしんでは山形の冬景色の印象が強いです。
昭和の終わり頃放映され、昨年の再放送も
全部視聴しました。ま、ヒマですから。
この記事でおしんを思い出しました。
幼いころ、酒田で奉公をしていたのです。

投稿: matsubara | 2020年6月 8日 (月) 09時45分

大樹さん
こんばんは。
はい、今回は観光もしてみました。というより、本来旅行はこういうもの
なのだと思うのですが、ついつい乗り物に乗るだけの旅行になることもよく
あるので、観光をする方が珍しいくらいになってしまっています。
久しく電車に乗っていなくて、この旅日記を書きながら、また普通に旅行を
したいなと思っているところです。

投稿: Junjiro | 2020年6月15日 (月) 21時59分

matsubaraさん
夏の山形もいいですが、冬の山形もなかなかいいものです。
「おしん」は再放送を少ししか見たことがありませんが、
たしかに冬景色のイメージがありますね。
そして酒田というとおしんを思い浮かべてしまいます。

投稿: Junjiro | 2020年6月15日 (月) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山形+αの旅 2018冬~その② | トップページ | 山形+αの旅 2018冬~その④ »