« 「鉄道員(ぽっぽや)」 | トップページ | 鹿児島離島の旅 2018春~その② »

2021年1月31日 (日)

鹿児島離島の旅 2018春~その①

今日で1月も終わり・・・。
年が明けたのがついこの前だったように感じるのですが、今年もすでに1ヶ月ですね。
1か月後には「もう2ヶ月が・・・」、2か月後には「もう4分の1が・・・」と言っているんでしょうね。

この週末もまた雪⛄⛄
事前の大雪予報にびくびくしていましたが、結果的にはそれほどの積雪にはなりませんでした。
昨年の秋頃に”この冬は雪が多くなる”なんて言われていましたが、ほんとその通りですね。
1月8日から10日ころにかけての大雪では北陸の高速道路でも大規模な立ち往生が発生して、
それを受けてだと思いますが、この週末は早い段階から予防的に通行止めが実施されていました。
大規模な立ち往生が起きると命にかかわってくることもあるので、安全を第一にしないといけないですし、
災害に対しては空振りになってもいいから予防的に措置を取るべきということはわかったうえで
なんですけど、今回の措置はちょっとやり過ぎな感じもするんですよね。
これだけ物流がトラック輸送に依存している状況ですし、「高速道路はなんとしても止めない」という
考えも必要じゃないのかなと。
災害が起きたときも高速道路はびっくりするくらい早く復旧するから、それだけ重要ってことですしね。

もちろん立ち往生や事故は防がないといけないので、立ち往生が起きたら情報がすぐに共有されて、それ
以上の車が流入しないようにするとか、チェーンを装着した車だけは走れるようにするとか、いろいろ
対策はしないといけないですけどね。

と、責任のない立場から好きなことを言ってみました。


さてさて、そんな雪の話とはがらっと変わって春の鹿児島の旅日記です。
行ったのは3年近く前、2018年の春です。

まずは小松空港から羽田へ
この旅で1つ目のフライトです。
2092101

利用したのはJAL192便の羽田行き。(使用機材はボーイング737-800。JA319J)
いつものように土日旅ですが、今回は金曜の夜のうちに東京入りしておきます。


京急に乗るつもりが、間違えてモノレールに乗ったためにホテルまでかなり
歩くことになりましたが、なんとか無事に到着し、23時半前に就寝です。

翌朝は5時に起床して6時前にホテルを出発。

8時ちょうど発の飛行機で鹿児島空港へ向かいます。
この旅で2つ目のフライトです。
2092102


使用機材はボーイング767-300(JA622J)
快晴で気持ちいいくらいに青空が広がっています。
2092103

見た感じでは満席の乗客を乗せて8:05にプッシュバックを開始してR/W16Rから離陸
2092104

ほどなく富士山が見えてきました。
2092105

羽田空港を離陸して1時間ちょっとで鹿児島までやってきました。
2092106

2092107


噴煙を上げているのは新燃岳でしょうか?
2092108

9:39に鹿児島空港に着陸、9:42にブロックイン。
2092109

次に乗る飛行機はお昼時のフライトなので、ちょっと、というか
かなり早いですが、空港ビル内にある大空食堂さんでお昼ご飯にします。
まあ、朝が早かったので単にお腹がすいていただけだったりも
しますが・・・。
2092110


時間帯としては昼食というよりブランチをいただいた後は、
次のフライトに向けて保安検査を済まして搭乗待合室へ。

鹿児島の離島方面へは保安検査場を通過して右の方の搭乗口から
出発しているようですが、その付近には島ごとのポスターが
貼られていて、南の島々へ誘われます。

種子島
2092112

屋久島
2092113

喜界島
2092115

徳之島
2092116

沖永良部島
2092117

与論島
2092118


鹿児島空港からの時間も書いてあって、種子島や屋久島なんかは35分なんて
書かれてあったら、ちょっと行ってみようかななんて気にさせられますね。


で、オイラが向かうのは一番遠い与論島
2092111

11:10発で12:30着予定。ポスター通り80分ですね。

(つづく →その②

|

« 「鉄道員(ぽっぽや)」 | トップページ | 鹿児島離島の旅 2018春~その② »

コメント

こんにちは。
鹿児島の離島巡り、良いですねえ。
自分は沖永良部島と与論島以外は行ったことがあるのですが、与論島は特に気になっていたところ…
一泊して与論島の沖縄に匹敵する白浜で身体を休めたいです。。。

投稿: 大樹 | 2021年2月 7日 (日) 11時20分

大樹さん
こんにちは
鹿児島の離島、ほんといい場所でした。
空港利用チャレンジで離島を巡ったのでゆっくりと観光もできませんでしたが、
空港利用チャレンジでもしていなければなかなか訪れなかっただろうと思うと、
少しだでけでもその魅力に触れることができてよかったです。
そして一泊してのんびりと浜辺で過ごす休日、やってみたいですね。

投稿: Junjiro | 2021年2月 7日 (日) 16時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「鉄道員(ぽっぽや)」 | トップページ | 鹿児島離島の旅 2018春~その② »